中国電力株式会社・中国電力ネットワーク株式会社
チュウゴクデンリョク・チュウゴクデンリョクネットワーク
2021
  • 株式公開
  • グループ募集
業種
電力・電気
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

当社は、お客さまの生活や産業を支えるライフラインを担う電気事業者として、低廉で安定した電気をお届けし、地域の発展に貢献することを使命としています。電気事業は変革の時代を迎えていますが、お客さまに満足していただけるよう料金メニューやサービスの充実による競争力強化や、当社グループの強みを活かせる成長事業の育成、拡大を図り「地域で選ばれ、地域をこえて成長する企業グループ」を目指しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

Energia-あなたとともに、地球とともに-

キーコンセプトは「Energia-あなたとともに、地球とともに-」。Energiaの意味するところは「エネルギーがもたらす、あたらしく、あかるく、あたたかい活力のある社会」。エネルギーがもつ可能性、換言すれば、エネルギーの利用によってもたらされる新たな価値の創造を追求することにより、より豊かで希望と可能性に満ちた社会の実現に貢献することが中国電力の理念です。中国電力は、旺盛なチャレンジ精神をもち、柔軟な思考で未来を創造する、輝きあるヒューマングループを目指しています。

事業・商品の特徴

安定供給が変わらぬ使命

電気は貯蔵できないという特性があるため、消費される電気の量に合わせて発電所で電気を作り、送電線や配電線を通してお客さまへお届けしています。電気の流れを一貫して管理・運営することで適正な電圧や周波数を維持し、質の高い電気を安定的にお届けしています。 また、資源の乏しい日本では、特定のエネルギー源に過度に依存することなく多様化を図り、バランスよくエネルギーを確保していくことが必要です。当社では、安全確保(Safety)を大前提に、「供給安定性(Energy security)」「経済性(Economic growth)」「環境保全(Environmental conservation)」という3つのEの同時達成に向けた電源構成の構築に取り組んでいます。

魅力的な人材

人材育成の取り組み

変化の時代に求められる人材像の最も重要な点を「人材ビジョン」として掲げ、社員一人ひとりが自覚を持ってその実現をめざしています。変化の時代においてめざすべきは、幅広い視野を持ち自らを磨く努力を続けながら、“お客さま本位の視点に立って知恵を絞り、新しい価値を創造することに努め、同時に新たな課題に挑戦・行動する”ことであり、すなわち「自ら考え行動する」ことができる人材です。中国電力では、この「自ら考え行動する」ことができる人材をめざして自己研鑽に努める社員一人ひとりの成長を、職場におけるOJTや集合研修等のOff-JTにより、積極的に支援・育成していきます。

会社データ

事業内容 [各社共通] 電気事業,電気通信事業 ほか

設立 [中国電力]1951年5月1日
[中国電力ネットワーク]2019年4月1日
(継承予定日2020年4月1日)
資本金 [各社共通]1,855億2,762万円
従業員数 [各社共通]9,169名
代表者名 [中国電力]代表取締役社長執行役員 清水 希茂
[中国電力ネットワーク]代表取締役社長 松岡 秀夫
平均年齢 [各社共通]43,8歳
サービス区域 [各社共通]
中国地方5県および兵庫県・香川県・愛媛県の一部
事業所 [各社共通]
本 社=広島
セールスセンター=23箇所
営業所=30箇所
電力所=20箇所
発電所=10箇所
支 社=鳥取、島根、岡山、山口、東京
その他=工事機関、病院等
沿革 昭和26年 設立
昭和49年 島根原子力発電所1号機運転開始(国内初の国産原子力発電所)
昭和55年 下関発電所1号機脱硝装置設置(石炭火力では世界初)
昭和59年 水島発電所1・2号機電気式集じん装置移動電極採用(石炭火力では世界初)
平成3年   CI宣言、キーコンセプトを「エネルギア」に
平成4年  柳井発電所1号系列運転開始(LNGコンバインド発電方式)
平成5年  中国電力環境行動計画策定
平成10年 熱供給事業を開始、三隅発電所1号機運転開始(超々臨界圧発電方式)
平成12年 LNG供給事業を開始、大崎発電所1号機運転開始(加圧流動床複合発電方式)
平成13年 創立50周年、事業本部制を導入、蒸気供給事業を開始
平成14年 オンサイト熱電供給事業開始
平成17年 電力取引業務の開始、CSR実践行動計画策定
平成18年 ブランドスローガン「いいことプラス エネルギア」の策定
平成19年 コンプライアンス経営推進宣言を表明、
      木質バイオマス混焼発電の本格実施(新小野田発電所)
平成20年 グループ経営5ヵ年ビジョンの策定、
      酸素吹石炭ガス化技術に関する大型実証試験の実施
           (電源開発株式会社との共同実施)
平成21年 水島発電所1号機天然ガスコンバインドサイクル発電設備の営業運転を開始
      Jパワーと共同出資により「大崎クールジェン株式会社」を設立
平成23年 福山太陽光発電所営業運転開始
平成26年 オーストラリア ボガブライ石炭鉱山の一部権益を取得
平成27年 島根原子力発電所1号機の営業運転終了
      日本初のハイブリッド蓄電池システム実証事業を隠岐諸島で開始
平成28年 新「企業理念」と「中国電力グループ経営ビジョン」の策定   
      電力小売の全面自由化に伴う新たな料金メニュー・サービスを開始
      首都圏で電気の販売を開始
      当社初の社員常駐海外拠点「シンガポール駐在員事務所」の設置
平成29年 組織整備の実施(送配電カンパニー・セールスセンター・島根料金センター・
      水力センター等の設置)
販売電力量 [各社共通]
平成31年3月期 52,944百万kWh
売上高 [各社共通]
平成31年3月期 1兆2,805億円
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)