伊藤鉄工株式会社
イトウテッコウ
2021
業種
金属製品
機械
本社
山形

私たちはこんな事業をしています

私たち伊藤鉄工は、平安末期の文治五年に創業した、800年以上の歴史を持つ会社です。山形県鶴岡市に本社を置き、庄内平野の美しい自然に囲まれた地で、毎日鉄を相手に仕事をしています。当社が取り扱うのは、バルブや熱交換器といった圧力容器や建設機械向けの部品など。材料切断・機械加工・溶接・組立などさまざまな加工にも対応しています。時代を超えて受け継がれる技術を生かし、お客様の期待に応えています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

創業800年の技術力を携え、時代の要請に応える事業を展開

当社の創業は、平安末期の文治5年。源頼朝が奥州藤原氏を滅ぼし、全国に武家政権を確立する時代の大きな転換点となった年でした。以来、鋳物師伊藤助右衞門として、人々の心のよりどころとなる梵鐘や仏像などを製造してきました。時は流れ、時代の変化に合わせて鋳物業を廃し、社会のインフラを支えるバルブ・ポンプや電磁流量計といった流体機械、クレーンなどの建設機械に使用される、金属製品の製造を行う加工メーカーとして今日に至っております。当社は大型の丸物製品に強みを持っていますが、それだけでなく加工困難な形状や精度で顧客のニーズに応えています。

仕事内容

社会を支える高い信頼性と技術力

今日の社会を支える水道・発電・高炉・高層ビルなどのインフラに私たちの製品が使われています。それだけに、何よりも製品の信頼性が求められているのです。高い信頼性を支えるのは、熟練の技術と品質を保証する検査体制です。当社の考える検査とは、単に寸法を測ることではありません。お客様の目となり手となって製品が間違いないかどうかを確かめることです。それだけに誰よりも深い知識と確かな技術が必要とされるのです。

会社データ

事業内容 自動調節弁の製作
電磁流量計管体の製作
建設機械部品の製作
各種圧力容器や熱交換器の製作
設立 創業     文治五年(西暦1189年)
有限会社設立 平成元年(西暦1989年)
株式会社改組 平成10年(西暦1998年)
資本金 1,000万円
従業員数 23名
売上高 2億7千万円(2018年度実績)
代表者 代表取締役会長  伊藤 助右衞門
代表取締役社長  伊藤 学
事業所 ■本社
〒997-0855
山形県鶴岡市矢馳字下矢馳44-1
沿革 1189年 創業
1905年 伊藤助右衞門から「伊藤鐵工場」となる
1942年 海軍監督工場となる
1946年 軍需工場が解散。個人経営の伊藤鉄工所となる。
1989年 伊藤鉄工有限会社と改組。鋳物業を廃止。
1998年 伊藤鉄工株式会社に組織変更。
     本社工場を現在地に新築移転する。
ホームページ https://www.itotekko.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)