ヤマザキビスケット株式会社ヤマザキビスケット
業種 食品
その他製造
本社 東京

先輩社員にインタビュー

古河事業所 製造第7課
K.S(25歳)
【出身】日本大学  生物資源科学部 食品生命学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 チップスターの製造ラインにて生地の仕込み・成型を担当
入社してから看板商品であるチップスターの製造に携わっています。チップスターは原料であるポテトフレークと水を混ぜ合わせた生地をシート状にし、それを成型、フライングしていますが、そのうち生地の仕込みから成型までの工程を任されています。
製品にはサイズや重量、水分、原料の配合比など様々な基準が定められており、その基準を満たす製品の製造と機械のオペレーション、清掃作業が主な業務です。
原料であるポテトフレークは季節や気候によっても吸水性が変化し、製品の状態にも影響するので、仕込み担当者の生地管理が非常に重要になります。そのため責任も大きいですが、良い製品ができたときは達成感を感じます。近年、食品の安全衛生に関するニュースが多いですが、安全・安心でお客様に満足していただける製品づくりを心がけています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「買う側」から「つくる側」に変わったことを実感
学生の頃、小腹が空いたときやお酒のつまみとして買っていたチップスター。コンビニやスーパーに陳列されているチップスターを見ると、今では「自分が作ったのか」と不思議な気持ちになります。お店でお客様が製品を手に取った瞬間を見かけた時はとても嬉しくなります。また、友人が「Kが作った製品」と意識して購入し、それを報告してくれたりもするので、それもまた嬉しく感じます。生産量が特に多いチップスターの製造現場は交替制勤務となるため、体調管理をしっかり行わなくてはなりません。また、製造はルーチンワークも多く大変な時も多々ありますが、こうした友人や家族、お客様からの声が聞けたときはこの仕事にやりがいを感じ、自身のモチベーションに繋がります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 多くの人に愛される菓子のメーカーであり、そこで働く人が良い
私は食べることが好きで、大学では食品関係の勉強をしていた為、食品メーカー中心に就職活動をしていました。就職活動を始めた頃は大きい会社は受けようとは思っていませんでしたが、その考えが変わったのは学内の合同説明会でした。その説明会に来ていたヤマザキビスケットのブースで、採用担当者が「多くの人から愛されている製品を作っていること」、「お菓子で多くの人を笑顔にすること」をとても誇らしく話しているのを聞いて、「かっこいい、自分もその立場になりたい!」と思いました。また、その後の選考においても採用担当者がとても真摯に向き合ってくれ、選考途中に参加した工場見学での社員の対応などを見て人の良さも感じたため、「この会社に入りたい!」と思いました。
 
これまでのキャリア 2014年4月入社 チップスターの製造(現職)

この仕事のポイント

仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は一見、他の学生との競争のように思えますが、大切なのは自分自身を理解し、アピールすることだと思います。周りを意識しすぎず、自分らしく頑張ってください。また、自分の入りたい企業を受けるわけですから、企業や業界を十分に研究し、「どうしてもこの会社に入りたい!!」という熱意をしっかり伝えられたら良いと思います。

ヤマザキビスケット株式会社の先輩社員

菓子問屋、量販店・CVSへの営業販売を担当

本社 営業部広域店統括CVS・量販店担当
N.T
文教大学 文学部 中国語中国文学科

安全・安心で高品質な製品をお客様の手に届ける

大阪営業所
K.A
大阪学院大学 外国語学部 英語学科

食品工場におけるユーティリティー設備の保守、管理業務

工務第3課
N.K
東京電機大学 理工学部 数理学科

お菓子の品質管理 製品完成までのあらゆる工程で品質をチェック

古河事業所 食品安全衛生管理室
O. A
日本大学 生物資源科学部 食品生命学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる