株式会社テックテック

株式会社テック

電子部品加工・組立の受託生産/光学フィルム加工技術の開発
業種 半導体・電子部品・その他
ソフトウェア
本社 広島

先輩社員にインタビュー

技術開発部
槇場 達哉(23歳)
【出身】山陽小野田市立山口東京理科大学  電気工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 効率改善から新規案件まで
私のいる技術開発課は、どうやってお客様より依頼された製品を製造するかといったアイディアが必要となります。仕事の分野が多岐に渡るため、新しい仕事を行うたびに自分の経験値として確実に積みあがっていきます。規模が小さい会社なので自分に任される範囲が多いのも特徴で、自分で装置の発案から設計・設置まで行う事もあります。当然ながら想定していた通りに物事が運ばないことも多いですし、準備した装置では想定通りの作業が行えず、後付けで修正を加えて作業を行う事もあります。そういった苦い経験ですらも経験値として自分のステップアップとしていく事もやりがいですね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新規案件に関する作業の効率が大幅に改善!
技術開発課に正式配属となってから初の装置開発依頼として、新規製品の清掃効率を改善出来る装置の立ち上げを行いました。最初は上司の方々からのアドバイスもあり、順調に進めていたつもりだったのですが、いざ装置をテストしてみると作業者からの評判は良くありませんでした。その時作業者の方から、「作業者の立場で装置を触ってみたらわかるよ」というアドバイスを頂きました。私は最初、装置を触ってみて問題を感じませんでした。ただ作業者とは短時間ではなく、稼働時間中ずっとその装置と付き合うことになります。それを踏まえて実際に長時間、作った装置で作業をしてみると改善すべき点が理解できました。今では作業者も負担なく使えると評価してくださっており、肯定的な意見を聞くとやってよかったと達成感がありました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 訪問した際に感じた社内の雰囲気
就職活動をするうえでも特定の職種や分野に絞って行動したわけではなく、強いて言うならば地元である広島で仕事がしたいという事しか考えていませんでしたので、リクナビで検索する中、目についたのはテックでした。決め手となったのは会社を訪れた際の社内の空気でした。テックは大きな会社ではなく、だからこそ事務所や面接のときの空気が独特で私はそれが気にいって入社を決意しました。感覚的なもので決めたのは人によって評価が分かれるとは思いますが、私は今の会社に就職して正解だと思っています。上司の方々の面倒見もよく、今後役に立てるようにスキルアップをしたいと自主的に思える環境です。これからも期待に応えられるように頑張ろうという気分になるのはモチベーションを維持する上で大切だと個人的に思います。
 
これまでのキャリア 技術開発部(1年)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 自分の個性やセンスを活かしたい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動中には、思ったようにならず、不安や焦りが生まれてしまう事があるかもしれません。そういった時にこそ、恩師や家族に相談し、先駆者としての意見を口うるさいと思わず聞くことが大切だと思います。また、仕事として継続してやっていけると思えることも大切だと思います。皆さんも自分が働きたいと思える会社を探してみてください。

株式会社テックの先輩社員

これが私の仕事:業務の効率化の為の改善案から実現まで。

技術開発課
近藤 慎哉
近畿大学 工学部

これが私の仕事:多岐にわたる業務を任されることの楽しさ

技術開発課
佐々木 茂雄
徳島大学 電気電子工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる