野村證券株式会社ノムラショウケン
業種 証券
本社 東京

先輩社員にインタビュー

営業部門
梶田 明宏
【年収】非公開
これが私の仕事 上場企業のオーナー経営者と向き合い、数百億円規模のビジネスを展開。
現在は都心の大規模支店で、営業次席として支店全体を率いています。メンバーをマネジメントしながら、私自身も最前線で上場企業のオーナー経営者をはじめとしたお客様へのコンサルティング営業を行っています。これまで経験してきた仕事以上に、お取引の金額や案件の規模が大きく、非常にダイナミックな舞台。まったく未知の世界を目の前にして、身が引き締まる想いです。しかし、これも会社が与えてくれた大きなチャンスだと捉え、今は無心になって新たな知識を吸収しています。M&Aにともなう数百億円の株式売却など、非常に高度な専門性を要する案件を、本社の投資銀行業務の人たちと連携しながら推進していく日々を送っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「一切は、完なり」。ある著名なお客様から、いただいた言葉。
最初に配属された支店で、ある著名な漫画家の先生のもとに3年間通い続けて、お客様になっていただいたことがあります。最初は丁重にお断りされたのですが、それでも諦めきれず、先生のご友人の方々を通じてアプローチを続けました。長期間のそうした努力が実り、先生から「この資産を君に預けるよ」と言っていただけた時は初めてお客様の前で泣きました。先生からいただいた言葉が、「一切は、完なり」。宇宙というものは完璧にできあがっており、何か理不尽なことが起きたとしてもそれは自分に原因があり、自分の責任であるということ。私たちの仕事は変動するマーケットを相手にしていますが、時として人知を超えた動きをします。そんな時もマーケットのせいにするのではなく、自分が負うべき責任だと捉えて最善を尽くすことをいつも心がけています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 異動のたびに必ず新たな学びがある。
異動するたびに新しいお客様や仲間と出会い、そこであらためて学び直し、自身を高めていくことができる。それが野村證券の最大の魅力です。私も現在の支店に異動した当初は、初めて経験することが多く、わからないことばかりでした。しかし、だからこそ、新入社員時代と同じぐらい成長している感覚があります。入社以来「チャレンジする姿勢」を培ってきたことで、困難を乗り越え、チャンスに変えていく力が身に付いたと思っています。上場企業の経営者と接する際も、自分を賢く装ったところで必ず見透かされてしまう。だから敢えて、わからないことは素直にお聞きして、誠実な姿勢で向き合うことからはじめます。人として信頼していただくことが、何よりも大切。一流の経営者の方々と今、信頼関係を構築できていることを誇りに思います。
 
これまでのキャリア 2003年入社。「実力主義」に惹かれて野村證券へ。最初の配属は関東近郊の支店。入社3年目にはインストラクターに任命され、その後、中国地方、中部地方の支店に異動。現在は都心の支店でマネジメントも兼務。

この仕事のポイント

職種系統 営業(個人向け・新規開拓中心)
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 社会的地位の高い人々と出会っていく仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は幸運にも、これまで安定的にトップクラスの成果を収めることができました。とはいえ、私は決して自分が特別な人間だとは思っていません。ただ、自分を育ててくれたインストラクターに、「成長した自分の姿を見てほしい」という一心で努力してきた。それに尽きると思います。また、周囲の方々が大きな期待を寄せてくれることがうれしくて、それに応え続けたいという気持ちが常に湧いてくる。そうした好循環が、私を成長させてくれたように思います。

野村證券株式会社の先輩社員

メンバー20人を率いる管理職として、支店運営に携わる

営業部門
五十嵐 彩

結婚を機に総合職B社員のまま異動。新天地でもリーダーを任される。

営業部門 ※取材当時
橋本 依理香

お客様と夢や目標を共有し、人生を共に歩んでいく仕事。

営業部門
三輪 翔

慣れ親しんだ地域の、活性化に貢献できる喜び。

営業部門 ※取材当時
佐東 莉佳

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる