株式会社青葉広告アオバコウコク
業種 広告
本社 東京

先輩社員にインタビュー

営業部
内野 綾(25歳)
【出身】大正大学  表現学部 表現文化学科英語表現コミュニケーションコース 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 クライアント様の求めているもの実現させる=挑戦と学びの毎日
毎日お客様より数多くのご依頼やご相談をいただきます。様々な業界のお客様を幅広く抱えているため、頂戴するご依頼やご相談は多岐に渡ります。わからないことや、取り扱ったことのない媒体・商材の場合は、先輩社員に相談したり、自ら調べたり、関連会社に問い合わせたりし、詳細を確認します。不明点や疑問点が解消できるまで念入りに調べ、自分自身きちんと理解するよう心がけています。このように、お客様のご要望になるべくお応えできるよう日々挑戦し、そしてその過程で多くを学んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
0から始まるものづくりはマラソンと同じ
基本的に制作案件は0からのスタートです。それはまるでお客様と一緒に走るマラソンのようなものです。
例えば冊子を例に挙げると、どんな用途で使用するのか、どのような人がターゲットなのか、レイアウトやデザインイメージはどのようなものか、どのくらいの情報量(ページ数)なのか、用紙の質感や厚み等はどのようなものがよいか、など完走するにあたって様々なことを確認し、お客様に決定していただかなければなりません。私たちはお客様がこのマラソンを完走できるよう一生懸命サポートし、一緒にゴールを目指します。その際にどこまで走ったか、ゴールの方向は間違っていないか、あとどのくらい走ればいいのか、確認することも大切です。そして、ゴールできた時(実際に冊子物が刷り上がった時)は、達成感と嬉しい気持ちでいっぱいになります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 存在するからこそ語りかけてくる紙媒体の魅力
「紙媒体にこだわる」という点に共感したのがきっかけです。
Web広告の勢いが加速していく中で、なぜ紙媒体にこだわったのか。それは単純に「自分が
作ったものを、現物として存在させたい。形として残したい。」このような想いがあったからです。また、存在するからこそ、色味や質感・加工など、様々な観点から見ることができ、そのもの自身語りかけてくるものも多いのではと思い、紙媒体の魅力や可能性に挑戦したいと思いました。
このような想いを実現できると思ったのが青葉広告であり、入社の決め手になりました。
 
これまでのキャリア 本店営業部 4年目
2018年4月より5年目

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・新規開拓中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「ぶれない軸」を決めることが大切だと思います。面接は企業によって内容が異なる上、何問も質問されるので、軸がぶれているとそれが回答に表れてしまいます。軸だけしっかり持っていればどんな質問が来ても落ち着いて答えることができますし、自信を持って答えることができると思います。そのような姿勢は相手にも伝わると思いますので、変に繕うのではなく、「ぶれない軸」をもって臨んだ方が、入社後のギャップもなく、自分に合った企業を選ぶことができると思います。

株式会社青葉広告の先輩社員

とことんチラシにこだわる。

営業部
青木 弘志
福岡大学 商学部 経営学科

営業の枠に収まらず、様々な業務に携われます。

営業部
古内 湧介
ESPミュージカルアカデミー ギタークラフト科 3年クラフトコース専攻

より良い広告のご提案

営業部
佐藤 州
宮城大学 事業構想部 デザイン情報学科

営業兼制作として

制作部 営業兼任
本名非公開
埼玉コンピューター&医療事務専門学校 デザイン科

複数の役割を臨機応変に。

制作部 営業兼任
渡邊 しおり
東京工芸大学 芸術学部 デザイン学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる