関東建設マネジメント株式会社カントウケンセツマネジメント
業種 建設コンサルタント
本社 埼玉

先輩社員にインタビュー

河川巡視支援
野口 勉(18歳)
【年収】非公開
これが私の仕事 植物や野鳥も巡視対象。川で目についたすべてを調べる奥深い仕事。
利根川の一部、移動距離も合わせると約76キロのエリアを車で走りながら、異常がないか日々チェックしています。クラック(地割れ)がないか、川の水位や堤防の状態はどうかなど、川沿いの風景を毎日写真のように頭に入れて、次の日にそれと比べながら異常を探していきます。

特に大雨や台風のときは、川と反対側の住宅地にも注意しなければいけません。雨が降ると、川があふれないか気にする方は多いと思いますが、実は川の水は堤防の下を流れて住宅地に届くこともあるんです。これは基盤漏水といって、見落とすと堤防が一気に決壊してしまうことも。だから、常に「絶対に見つける」という強い意識を持つようにしています。そうしないと、いざ目のまえに漏水の跡があっても発見できないものなのです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
日々新しい発見に出会えるのが最大の魅力。
創意工夫次第でいくらでも幅が広がる仕事ですので、やりがいはありますね。たとえば、堤防にクラックが入っていた場合、その写真を撮影します。でも、このやり方ひとつとってもいろいろ。真上から取るとただの線にしか見えないから危険性が伝わらない……段差の高さや開き具合がわかるようにするにはどんな角度から撮るのがいいのか……。そうやっていくらでも工夫できるので、向上心がある人にはぴったりだと思います。逆にいえば、ない人には少しきつい仕事かもしれません。

また巡視中はパトロールカーで走っているので、たまに一般の方から「防犯効果もあって助かっています」といったお声をいただくことも。河川とは直接関係ないことですけど、やっぱりうれしいですし、励みになります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 日本の四季を敏感に、そして機敏に感じて行動する
川沿いにどんな植物が生えているか、どんな野鳥がいるかなどもチェックします。実は大利根出張所の管轄エリアに生えている草だけでも、200種類以上。24年間、利根川を見続けてきましたけど、今でも新しく知ることがあります。

利根川は「気づいたら足下まで水が来ていた」というくらい、水位が一気に変わる川。だからこそ向上心と「自分がこの川の堤防を守るんだ」という気持ちを忘れないことが大切ですね。

日々、自然の些細にな変化に目を向け四季を感じながら仕事に取り組めるのはこの仕事の魅力でもあります。
 
これまでのキャリア 高校卒業後以降ずっと河川巡視に携わっています。

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

最初は覚えることが多くて、なかなか大変だと思います。たとえば、仕事で押さえておくべき地名などの地理情報がたくさんあるのですが、地元出身の自分でも覚えるのに苦労しました。また川は対岸に行ったり日が変わったりするだけで特徴が変わるので、今でも日々勉強です。
奥の深い仕事だから飽きのこない仕事でもあります。
共に日々勉強しながら、共に成長しましょう。

関東建設マネジメント株式会社の先輩社員

一度に複数の現場と関わり、その喜びを施工業者の人よりもたくさん味わえる

工事監督支援
川鍋州衛

管理所の仲間と力を合わせて、ダムと地域を守っています。

ダム管理支援業務
織田澤 敬太

”道なき道に道をつくる”という土木の仕事に惹かれて入社しました。

道路許認可
遠藤 麻美

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる