関東建設マネジメント株式会社カントウケンセツマネジメント
業種 建設コンサルタント
本社 埼玉

先輩社員にインタビュー

ダム管理支援業務
織田澤 敬太
【年収】非公開
これが私の仕事 管理所の仲間と力を合わせて、ダムと地域を守っています。
ダム管理支援は、施設全体を見回る巡視とダムの水を貯めたり出したりしながら水量を管理する仕事の2 つに大きくわかれます。一般的には水量管理の印象が強いかもしれませんが、仕事の多くは巡視です。ダムや貯水池、雨量観測所や水位観測所などを回って、施設の状態を確認し、必要なデータを集めたりします。

巡視でチェックするのは、たとえば漏水量。ダムは水をせき止めているイメージがあると思いますが、堤体はコンクリートですので、どうしても水が漏れてしまうんです。この漏水量はダムの耐久性に関連するため、毎日チェックしなければいけません。

あとは貯水池です。船に乗って、網場(あば)という流木などをせき止める河川構造物や、地滑りが起こりやすい場所などポイントを回り、河川の利用者の様子なども注意して見ていきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
地域の安全に直結する緊張感ある仕事。だからこそ感じるやりがい。
この仕事は地域の皆さんの安全に直結する仕事です。だからやはりプレッシャーはあります。

たとえば、大雨などでダムの限界水位を超える水が貯まりそうな場合、ダムがコントロール機能を失うことを避けるために、ダムへの流入量をそのまま下流に放流します。でもこの作業はダム下流への危険を伴うので、やらずにすむならそのほうがいいです。最近も他のダムで限界を超える緊急放流が原因で地域住民の方々に被害が出てしまったという悲しいニュースがテレビで流れていました。自分も2015 年の東日本豪雨で経験しましたが、すごく緊張して……。ただ、だからこそすごくやりがいある仕事だと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き まさになくてはならない仕事であり、縁の下の仕事でもあります。
めったにない仕事を経験できるのは魅力かなと感じますね。ダムのなかに入ったり、船に乗って貯水池を回ったり。からだを動かすのが好きな人、自然が好きな人には向いているのではないかなと思います。
 
これまでのキャリア 専門学校卒業後以降ずっとダム管理に携わっています。

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 社会的地位の高い人々と出会っていく仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

ダムについては情報がほとんど公開されていないので、どんな仕事なんだろうと不安に思う方もいるかもしれません。でも、知識は経験を積めば自然とついてくるので安心してください。むしろ大事なのはコミュニケーション能力。ダム管理支援業務はチームワークが大事な仕事ですから、これがないとスタート地点に立てません。

私も一から先輩方に教えて頂いたように、皆様にも丁寧に指導することを心がけさせていただきますので、安心してご応募ください。

関東建設マネジメント株式会社の先輩社員

一度に複数の現場と関わり、その喜びを施工業者の人よりもたくさん味わえる

工事監督支援
川鍋州衛

植物や野鳥も巡視対象。川で目についたすべてを調べる奥深い仕事。

河川巡視支援
野口 勉

”道なき道に道をつくる”という土木の仕事に惹かれて入社しました。

道路許認可
遠藤 麻美

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる