株式会社 進和
シンワ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社 進和

東証一部上場/名証一部上場/FA/航空宇宙/IoT/商社/メーカー
  • 株式公開
  • 正社員
業種
商社(総合)
商社(機械)/商社(金属)/機械/金属製品
本社
愛知、大阪
直近の説明会・面接

私たちはこんな事業をしています

国内外のモノづくりを支えてきた
東証・名証一部上場の「技術商社」兼「メーカー」です。

「技術商社」としてさまざまなメーカーが持つ技術や製品を、
あるいは「メーカー」として自社の技術を駆使しながら、
日本を代表する大手自動車メーカーなどのお客様が
直面する課題を解決してきました。

時代とともに事業を柔軟に発展、展開し
現在では9ヵ国に海外拠点を展開するなど
活躍の場は世界中へと広がっています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

【魅力1:安定】東証・名証一部上場/産業を支える技術パートナー

私たち進和は1951年の創業以来、日本を代表するメーカー約3000社のモノづくりを支えてきた「技術商社」兼「メーカー」。業界も自動車から航空宇宙、精密機器、半導体、電力・ガスまで幅広く、ロボットやFAシステムの販売、IoT化など最先端の技術を使って製造現場のお困りごとを解決してきました。これまでにトヨタ自動車から4度「技術開発賞」を受賞するなど、その技術力には定評があります。2005年には東証・名証一部に上場。国内は北海道から九州まで16拠点、海外は9カ国に12拠点を展開し、814名の社員とともにグローバル化する日本のモノづくりを支えています。安定性を持ちながら、常に進化を求める挑戦企業でもあります。

事業・商品の特徴

【魅力2:海外】活躍のフィールドは世界!

世界9カ国に拠点があり、お客様の海外戦略を支援することも増えていることから、職種を問わず社員が海外出張や出向する機会も年々増えています。出張先はアメリカ、アルゼンチン、英国、インド、インドネシア、タイ、チェコ、ドイツ、ブラジル、ベトナム、マレーシア、メキシコ、シンガポール、韓国、中国、南アフリカ、カナダ、フィリピン、ブラジル、ロシアなど約25カ国。年間200人以上の社員が海外での仕事を経験しています。お客様の海外進出は今後も加速することが予想されるため、私たちの出番もますます増えていくはずです。とはいえ、採用にあたって語学力は問いません。海外研修制度もあり、誰にでも海外で活躍するチャンスがあります。

待遇・制度

【魅力3:成長】早くから最先端の現場を経験。サポートも充実。

お客様は自動車や航空宇宙、半導体、素材など各業界のトップクラスのメーカーばかり。当然、現場で交わされる会話や求められることのレベルも高いため、そこに身を置くことで得られる経験や知識は、あなたを飛躍的に成長させてくれるはずです。若いうちから大きな仕事をまかせるのが進和の人材育成。なかには1年目から大手メーカーを担当したり、入社2週間で海外出張に同行する人もいます。社内の研修や実習、資格取得支援などの制度も充実。当社は年功序列ではなく実力主義の会社ですので、自ら学ぶ姿勢があれば年齢に関係なくどんどんキャリアアップすることができます。また福利厚生や休暇制度も充実しているため、メリハリを持って働けます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

自動車や航空宇宙、半導体、素材、インフラなど
各業界において日本を代表するメーカーの技術パートナーとして、
各職種それぞれの立場から製造現場のお困りごとに応えていってください。

【募集職種】
●営業職/国内法人営業(海外出張もあります)、海外営業
●技術職/設計開発、機械制御、生産技術、品質管理
※いずれも総合職(転勤あり)での採用となります。

会社データ

事業内容 コア技術である金属と金属を接合する「金属接合技術」を事業の中心に据えながら、技術商社兼メーカーとして、産業機械やFA(工場自動化)システムを販売しています。

●FAシステム機器(生産管理システム、制御端末、ロボット等)の設計、開発、販売
●産業機械の設計、開発、販売、カスタマイズ化および自動化
●航空機およびロケットの生産用治工具設計および開発
●各種接合材料(溶接、ろう付、ハンダ付)及び関連機械装置の製造、販売
●特殊肉盛溶接・溶射加工・ろう付・熱処理加工
●各種機械設備オーバーホール
●3次元X線CT内部計測装置による非破壊検査事業
●各種機械装置等の据付、調整、システム構築およびメンテナンス
●高性能半導体部品の超精密塗布装置販売事業

※その他、お客様のモノづくりを支える仕事はどんなことにもチャレンジしています。
※今後、時代やニーズの変化に柔軟に対応し、新規事業が生まれることも十分にあり得ます。
設立(創業) 1951年2月12日
資本金 9億5,100万円
従業員数 814名(当社および連結対象子会社含む)
売上高 624億円(2018年8月決算)
(過去10年間赤字決算なし)
代表者 代表取締役社長 根本 哲夫
事業所 ★国内16拠点

本       社/名古屋
支       店/東京、大阪、九州
営  業  所/北海道、仙台、大宮、静岡、浜松、広島
技術部門/航空宇宙機器課、計測技術課
工       場/メンテックセンター(名古屋、九州)
ジョイテックセンター(名古屋)
FAシステムセンター(名古屋)
メカトロシステムセンター(名古屋)
関係会社 ★海外9カ国12拠点

SHINWA U.S.A. Corp.(米国)
SHINWATEC Ltd.(英国)
SHINWA INTEC Co.,Ltd.(タイ)
那欧雅進和(上海)貿易有限公司(中国)
煙台進和接合技術有限公司(中国)
煙台三拓進和撹拌設備維修有限公司 (中国)
進和(天津)自動化控制設備有限公司 (中国)
SHINWA(INDIA)ENGINEERING & TRADING PRIVATE LIMITED(インド)
SHINWA REPRESENTATION COMERCIAL DO BRASIL LTDA. (ブラジル)
PT.SANTAKU SHINWA INDONESIA(インドネシア)
SHINWA INTEC Malaysia Snd.Bhd.(マレーシア)
SHINWA ENGINEERING S.A. de C.V.(メキシコ)
(株)進栄
(株)アイシン
(株)ダイシン
主要取引先 ★約3000社

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、マツダ、三菱電機、IHI、三菱重工業、ダイキン工業、パナソニック、ブリヂストン、横浜ゴム、王子製紙、LIXIL、日本碍子、クラレ、パロマなど
沿革 1907年 進和商会設立(中国大連) ※大連最大の鉄鋼機械商社(従業員数約4000人)
1945年 終戦により解体
1951年 大阪市にて鉄鋼商社として「(株)進和商会」再設立
1952年 名古屋市に本社を移転
1999年 名古屋証券取引所(名証)第二部に上場
2005年 東京証券取引所(東証)、名古屋証券取引所(名証) 第一部に上場
先輩インタビュー(1)営業職(国内) 【大学の教授が私の適性を見て勧めてくれました】

自分の強みは自分自身ではなかなかわからないもの。私もそうで、大学の教授に相談してみたところ「コミュニケーション力があるから、お客様と仕入れ先をつなぐ商社がいいんじゃないか」というアドバイスをもらったことが商社を志望したきっかけでした。そのなかで進和に決めたのは、規模が大きくて海外展開も積極的に行っていたから。説明会で話を聞いて惹きつけられるものがありました。

【日本を代表する大手自動車メーカーから頼られる仕事】

入社以来営業ひとすじで、大手自動車メーカー様はじめ大小あわせて10社ほどを担当しています。定期的にお客様のところを訪問し、お困りごとはないか、新しく動く案件はないかなどをヒアリング。「こんな設備はないか」「こんなメーカーを紹介してほしい」というご要望に、自社の製品や仕入れ先のなかからベストをご提案します。

はじめのうちは分からないことが多くて大変でしたが、技術職の先輩に聞いたり、ときには営業に同行してもらいながら勉強しました。

営業の価値は、お客様と仕入れ先の間に立って情報を収集したり、金額や納期を調整したりすること。例えば、自分が関わることで本体2ヶ月かかっていた納期が1ヶ月に短縮できることもあります。誰もが知る大手企業の担当の方から「おかげで順調だよ」と言っていただけるのはこの仕事の醍醐味です。こんな良好な関係を1社でも多くの企業と築いていきたいです。

★自慢したい制度や環境「一流に触れて、人として、プロとして成長できる環境」
大手自動車メーカーをはじめ、取引先企業は業界のトップランナーたち。会話のレベルが違うので、食らいついていくなかで自分の成長を感じます。せっかくやるなら上を目指したい、という人にはこの上ない環境だと思います。
先輩インタビュー(2)営業職(海外) 【中長期計画で海外事業に力を入れることを知り、入社を決めました】

前職ではオーストラリアで留学エージェントの仕事をしていました。大学在学時に1年留学し、卒業後にオーストラリアに戻って就職したんです。福祉系の大学だったので最初は福祉の仕事を海外でしようと思っていたのですが、資格取得のハードルが日本よりも高くてやむなく断念。ただ、英語をつかって人と繋がりたいと考え、前の会社に入社しました。ただ、日本で働いた経験が一度もなかったため、帰国。自分の強みを活かせる海外との繋がりのある企業を探していたところ、見つけたのが進和でした。中長期計画のなかで今後は海外に注力していく旨の説明を受け、入社を決めました。

【現在は東南アジアを担当。いつか世界中を飛び回る営業になりたい】

入社してからずっと海外営業をしています。担当エリアは、東南アジア。タイ、マレーシア、インドなどの国々でおよそ10社を2名で担当しています。現地法人から「こんなモノがほしい」という依頼を受け、国内外のメーカーに掛け合って見積を出したり、輸送管理をしたりするのが私の仕事です。

やりとりは、もちろん英語。ただお互い、英語は第二言語なので正確に意思疎通ができているかどうかは注意が必要です。例えば「〇〇はむずかしい」という表現。こちらとしては「NO」のつもりで言っていても、受け手は「むずかしいけどできるんだよね」と受け取ったりするんです。それでも東南アジアという大きな地域を担当できるのはありがたいですね。インドネシアに販売したものを、自分ならそのままタイへ販売することもできるのですから。いずれは世界中を飛び回る営業になりたいですね。

★自慢できる制度や環境「海外でも、まずは行ってこい、の文化がある」
進和には、とにかく現場を大切にする風土があります。それは海外営業部でも同じで、とにかく現地へ飛んで自分の肌で感じてこい、というのが配属されて最初の仕事でした。現地でお客様や工場をまわって機械を見て、困っていることを直接伺うなかで、仕事に必要な知識を身につけていきました。
先輩インタビュー(3)技術職 【正直に言うと、入社の決め手は「一部上場企業」でした】

大学では農学部で花の研究をしていました。就職先も当初は農業系で探していたのですが、ずっと技術系の仕事が気になっていて、思いきって方向転換をしました。

会社を探すなかで出逢ったのが進和。商社でありながらメーカーでもあり、営業と一体となってお客様と向き合っていく仕事がおもしろそうだなと思いました。でも、正直に話すと入社の決め手になったのは、やっぱり上場していて安定してそうだと思ったから。説明会や面接の雰囲気が良くて「ここならのびのび働けそう」と思ったこともひとつのポイントでした。

【1台1億円する最先端の測定器で、自動車部品の試作品の寸法・内部を測る】

私は計測技術科という部署に所属していて、ドイツのカールツァイス社という計測機器のメーカーとコラボレーションしながら、最先端装置そのものの販売からソフトウェアの販売、検査の代行を通じてお客様のモノづくりをサポートしています。

主な仕事は、お客様の開発段階の自動車部品の試作品を計測すること。最先端のX線CT計測器をつかって、試作品の寸法や内部を数ミクロンから数ミリの単位で計測しています。計測する際、部品を発泡スチロールを使って固定するのですが、部品の形状や大きさに合わせて加工が必要になるため、ときどき工作をしているように見えるかもしれません(笑)計測データのおかげで開発がうまくいったよ、という話を営業から聞いたり、リピートでお仕事をいただけたりすると嬉しくなりますね。

★自慢したい制度や環境「リフレッシュ休暇」
1週間まとめてお休みを取れる制度があるんです。ただ休めるだけじゃなくて手当まで支給されます。やっぱり上場企業に入ってよかったと思いました(笑)他にも、ジムや映画館、カラオケやファミリーレストランなどで使えるクーポンがもらえる制度もあります。
先輩インタビュー(4)技術職 【大手メーカーと密に仕事をしていて楽しそう、と思いました】

就職先を探すなかでいくつか候補があったのですが、進和に決めた理由になったのは一部上場企業であったことと、大手自動車関連企業と密に仕事をしていると知ったから。楽しそう、やりがいがありそうと思い、入社を決めました。もともと情報系の勉強をしていて生産技術にも興味があったんです。FA(工場自動化)分野での採用も魅力でした。

【3D-CADで工場をまるごとデータ化し稼働時をシミュレーション】

私が担当しているのは工場内にシステムを導入する仕事。3D-CADでスキャンした設備や工場をアニメーションとして動かすことで、従来なら実際に製造して据え付けてみないとわからなかったことが事前に把握できるため、大幅なコストダウンや生産性の向上に繋げることができます。動作確認をして、実際に納入したときは達成感がありますね。

先日はアメリカへ出張にも行かせてもらい、初めてのお客様の海外拠点にも納入しました。1週間の出張でしたが、実質稼動したのは2日であとは移動時間。ハードでしたが貴重な経験ができました。

現在はデータサイエンティスト講習に参加して資格取得を目指しているところ。ビッグデータをAI解析して故障の原因や製品の事前予測ができれば、進和としても新しい価値を提供できるようになります。

★自慢したい制度や環境「若くても実力に応じて早期の出世が可能」
若い人に大きな仕事をまかせる風土があるので、成果が出るのも早い。その分、若いうちに出世する人も多いですね。年齢や社歴に関わらず正当に評価される環境はいいと思います。
【新型コロナウイルス感染症への対応】 報道等にあるように、新型コロナウィルスの感染拡大が懸念されております。
説明会当日は、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、会場の入り口にアルコール消毒液を設置させていただきますので手指消毒の実施にご利用ください。
体調不良時における当日のキャンセルなどは
当日中でも構いませんのでお電話またはメールにてお知らせください。
よろしくお願いいたします。

連絡先

本社/〒463-0046 名古屋市守山区苗代2-9-3
TEL/ (052)796-2533
総務部人事課 林  稲葉
掲載開始:2020/03/01

株式会社 進和に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社 進和に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)