ヤマハ熊本プロダクツ株式会社
ヤマハクマモトプロダクツ
2021

ヤマハ熊本プロダクツ株式会社

ヤマハ発動機グループ/船外機
業種
輸送機器
機械/精密機器/金属製品/その他製造
本社
熊本

私たちはこんな事業をしています

【船外機のNo1ブランドを目指しています】
当社はヤマハ発動機グループの一員として、船外機を製造しています。
鋳造・加工・組立の全工程を行う一貫生産工場を持ち、高品質なものづくりを追求することで、
船外機のNo1ブランドを目指しています。
世界の人々の豊かなマリンライフに貢献し、お客様の信頼と共感を大切にした経営を行っています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

世界の人々のより豊かなマリンライフのために

当社は、ヤマハ発動機グループの一員として、船外機を製造しています。船外機は、船の後方に取付けるエンジンで、漁船、レジャーボート、タクシーボートなど様々なシーンで使用されています。ヤマハ船外機は、抜群の耐久性、優れた燃料経済性、高い防錆・防食効果など、すべての領域で高品質を追求し、No.1マリンブランドとしての確固たる地位を構築することを目指しています。世界中の人々に、より豊かなマリンライフをお届けするために、リーディングカンパニーとして、チャレンジを続けています。

仕事内容

全社員でものづくり

■技術系/製造技術、品質管理、開発などの分野で業務を行います。安定的な生産を行うためにはどうすべきか。製造ライン設計、材料素材検討、生産治工具開発、コスト検討、現場問題対応など、仕事の幅も広く多くのスキルが必要とされます。先輩社員とチームを組み、毎日成長を感じながら仕事をすることが出来ます。■事務系/人事、総務、経営管理、製造管理などの分野で業務を行います。福利厚生企画や人事制度企画。財務、資材調達、システム管理、経営企画などを行う経営管理。生産計画、物流管理を行う製造管理。どの分野も一人ひとりの責任や役割が大きい仕事ばかりです。■全社員で「ものづくり」に特化した体制を作っています。

会社データ

事業内容 船外機製造

ヤマハ船外機の中・小型モデルの生産
2ストローク:4~85馬力
4ストローク:8~40馬力
設立 1998年11月
資本金 4億9000万円
従業員数 528名(2018年12月末)
売上高 228億円(2018年1月~12月)
出資元 ヤマハ発動機株式会社 100%
代表者 代表取締役社長 松下 泰之
事業所 熊本県八代市新港町4丁目8番地
沿革 1998年 ヤマハ発動機(51%)ヤマハマリン(49%)出資で、
        ヤマハ熊本プロダクツ株式会社設立
1999年 船外機部品生産開始
2000年 船外機完成機生産開始
2001年 トップカウリング樹脂成型開始
2002年 プロペラ生産開始
2003年 ISO9001認証取得
     3気筒モデル組立開始
2004年 IO14001認証取得
2005年 4ストローク船外機生産開始
2006年 4ストローク新モデル「F20B」「F15C」生産開始
     発泡スチロールを使わない梱包仕様の開発で日本パッケージコンテスト入賞
2007年 船外機の梱包がWPO(世界包装機構)ワールドスター会長賞の銅賞を受賞
      (社)日本プラントメンテナンス協会(JIPM)より2007年度の「TPM優秀賞
     第1類」を受賞
2008年 船外機の累計生産台数100万台を達成
      LP鋳造機、T6熱処理炉を新設
2009年 4ストローク船外機「F25D」「FT25F」生産開始
2010年 組立クランクを生産開始
2011年 一体クランクの生産開始
2012年 船外機の累計生産台数150万台を達成
2015年 船外機の累計生産台数200万台を達成
2019年 船外機の累計生産台数250万台を達成
ホームページ http://www.y-k-p.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)