日本貨物鉄道株式会社ニッポンカモツテツドウ
業種 陸運(貨物)
鉄道/不動産
本社 東京

先輩社員にインタビュー

鉄道ロジスティクス本部 営業統括部 マーケティングセンター
島 広明(35歳)
【出身】法学部 第二類 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 国際物流分野を中心に、輸送サービスの検討・構築、関係各所との連携
市場調査、商品の企画・開発、運賃設定、販売促進及び顧客の情報管理等までを行い、“マーケティング戦略”の要として2015年に誕生したマーケティングセンターに所属。セールス部門と連携しながらお客様や社会のニーズを調査・分析し、新サービスの開発や既存サービスの改良の方向性を策定し、その実現に向け、社内各部署との協力体制構築や、自治体などとの交渉・調整も担当しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
入社6年目でシステムの更新プロジェクトのリーダーを任された。
入社6年目で鉄道貨物輸送を管理するシステムの保守運用を担当する部署に所属していた際、コンテナ位置管理システムの更新・開発プロジェクトに携わりました。企画からメーカーコンペ、社内の経営陣による承認を経て、チームを率いて開発・試験・導入に至る開発プロジェクトを統括するという貴重な経験を積むことが出来ました。現在、貨物駅構内で荷役作業に使用されている全てのフォークリフト・トップリフターに自分が手掛けたシステム機器が搭載されており、苦労しながらも新たな価値を生み出すことができたという喜びを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 全国の仲間で一つの輸送サービスを作り上げていく
高校を卒業するまで九州を出たことのなかった私は、関東の大学に入学後、サークル活動では規模の大きな管弦楽団に所属しました。管弦楽団の活動を通じて、大勢の人をマネジメントしていく楽しさを知る一方、全国ツアーで毎年様々な場所を訪れたことで、いろいろな土地での暮らしを味わってみたいという思いが募り、就職活動では全国展開を図る企業を探しました。全国に鉄道貨物輸送ネットワークを張り巡らせ、社内外の様々な人の力を合わせて一つの輸送サービスを作り上げていく当社に出合い、「マネジメント」「日本全国」という二つのポイントが決め手となりました。
 
これまでのキャリア 貨物駅(1年間)→支社貨物指令(1年間)→国土交通省国土交通政策研究所に出向(2年間)→コンテナ位置管理システムの保守・開発(3年間)→会長秘書(2年間)→営業統括部(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 商品企画・プランニング
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動をしている時ほど様々な企業の奥深くまで入り込んで沢山のことを学べる機会は、今後なかなか無いと思います。色々な業種や、同業種内でも複数企業の話を聞くことができる機会があれば、是非飛び込んで様々なものの見方や考え方に触れてみてください。

日本貨物鉄道株式会社の先輩社員

海外における、鉄道貨物輸送の事業化に向けた調査や技術支援業務

経営統括本部 海外事業室
森田 哲也
環境情報学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる