日本貨物鉄道株式会社
ニッポンカモツテツドウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
陸運(貨物)
鉄道/不動産
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

(1)貨物鉄道事業(貨物列車の運行をコアとした物流サービスの提供)
(2)関連事業(倉庫業、不動産賃貸業、駐車場業、広告業、損害保険代理業、その他新規事業分野の開拓など)

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

全国ネットワークを生かし、豊かな社会の実現に貢献する

1987年、日本で唯一、全国ネットワークを持つ貨物鉄道会社として誕生しました。暮らしや産業に欠かせない石油や紙、食料品、農産品、電子部品など、ありとあらゆるものを、安全に・正確に・大量に・クリーンに運ぶという、社会的使命を担っています。更に、鉄道貨物輸送を基軸とし、大型物流拠点の建設、鉄道貨物事業の技術輸出、及び新型車両・コンテナの開発など、社会の多様なニーズに応えるためのサービス拡充・開発を着実に進めています!

戦略・ビジョン

JR貨物グループは新たなステージへと進んでいく

環境問題に加え、トラックドライバー不足が急速に深刻化している中、鉄道貨物は今後の社会発展・経済発展を牽引する成長産業として大きな注目と期待を集めています。私たちJR貨物は、今まで培ってきた技術・ノウハウを活かして、強みである中長距離輸送のトップランナーとなること。鉄道輸送を基軸とした総合物流企業となること。社員一人ひとりが働きがいを感じて働ける企業となること。事業活動を通じお客様の期待に応えるとともに、安定輸送、環境負荷の低減など社会に貢献することを目指しています。今後は、鉄道技術の海外輸出、ニーズに合わせた商品開発、ディベロッパー事業の強化など、新たな取り組みにも積極的に注力していきます。

社風・風土

新しい動力を、

1987年4月1日、JR貨物、発足。日本で唯一の、鉄道貨物輸送事業者としての責任と誇りを胸に、幾多の困難を乗り越えながら、昭和、平成の時代を駆け抜けてきた。アイデンティティを守り、進化に挑む決意を。令和の時代、次なる50年に向けて、自らでChangeしていく。個人と組織の成長を目指し、安全に礎に、未来を見据えてChallengeしていく。変わる勇気こそが、未来への動力だ

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

・ 貨物受付や発送調整に関わる業務
・ 法人を対象とした新規顧客開発営業、アフターサービス業務
・ 貨物列車の入換や検査に関する業務
・ 商品開発、列車運行状況管理業務
・ 貨物列車の運転士
・ 機関車や貨車のメンテナンス、設計および開発業務
・ 線路、通信や電力設備の保守点検業務
・ 駅改良業務
・ 安全管理業務
・ 土地開発、新規事業の立ち上げと運営
・ 経営企画、総務、人事、経理、監査 等

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応】【WEB開催】 昨今の新型コロナウイルス感染拡大・緊急事態宣言の発令に伴い、
一部採用日程については変更・延期をしておりますが、
状況が回復し次第、採用を再開しますので、安心してお待ちください。

【採用予定人数】
当初予定からの変更はありません。

【説明会】
※※すべての説明会はWeb上で実施することが決定いたしました※※
・プランナー職:3 月上旬以降:(終了)
・プロフェッショナル職(北海道・東北・関西・九州支社):(終了)
 
・プロフェッショナル職(関東・東海支社): ~7月上旬まで受付予定


【選考フローについて】
現在対応検討中の内容もございますので、
決まり次第対象者にご案内させていただきます。

いずれも詳細については、リクナビの「採用情報」画面、
またはJR貨物採用マイページ内にて、ご案内します。


(参考)【在宅勤務の導入について(3月中旬~未定】
現在コロナウイルス感染拡大防止のため、
本社・支社等のオフィスワーク部門については、在宅勤務を導入しています。
なお、現業機関については、
指定公共機関として、産業・生活必需品の輸送を継続するため、
感染予防を徹底したうえで、業務を続けております。
設立 1987年4月1日
本社 〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目33番8号 サウスゲート新宿
資本金 190億円
株主 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構
代表者 代表取締役社長兼社長執行役員 真貝 康一
社員数 5,406名(2018年4月1日現在)
事業所 ■本社
東京

■支社
北海道(札幌市) / 東北(仙台市) / 関東(品川区) /
東海(愛知県稲沢市) / 関西支社(大阪市) / 九州支社(北九州市)

■その他
全国各地に支店 ・ 営業所 ・現業機関 等
事業内容 1. 貨物鉄道事業
2. 倉庫業
3. 駐車場業
4. 広告業
5. 損害保険代理業その他の保険媒介代理業
6. 一般土木・建設の設計、工事監理及び工事業
7. その他附帯・関連事業 等 
経営諸元 営業線区              75線区 うち第1種鉄道事業区間 11区間
営業キロ               7962km うち第1種鉄道事業区間 38km
取扱駅                 242駅
列車本数(1日)        456本
列車キロ(1日)        約191,000km
輸送量(年間)         3,094万トン(2016年度実績) 
輸送トンキロ      210億トンキロ(2016年度実績)
車両                    機関車:590両  貨物電車:42両  貨車:7,268両
コンテナ                67,433個
荷役機械              トップリフター:87台  フォークリフト:452台
売上高 連結 1,945億円(2018年3月期)
沿革 【1987年】
 4月 日本貨物鉄道株式会社 発足
【1988年】
 1月 高速コンテナ貨車 コキ100形式 開発
 9月 クールコンテナ 輸送開始
10月 札幌~福岡間直通 日本海縦貫ライナー列車 運転開始
【1989年】
 2月 新EF66形式 直流電気機関車 完成
 7月 新車扱情報システム 使用開始
【1992年】
 4月 エフ・プラザ札幌 完成
 7月 EF200形式 直流電気機関車 営業運転開始
11月 エフ・プラザ東京A棟 完成
【1993年】
 2月 エフ・プラザ隅田川 完成
【1994年】
 1月 貨物情報ネットワークシステム「FRENS」 始動
【1995年】
 1月 阪神・淡路大震災による輸送障害発生(1/17~3/31)
 3月 文章類保管・管理サービス事業「レコードマネジメントサービス」開始
 5月 エフ・プラザ梅小路 完成
10月 グリーン川崎号 営業開始
【1996年】
10月 エフ・プラザ梶ヶ谷 完成
    通信衛星を利用した列車位置検知システム使用開始
【1997年】
 6月 エフ・プラザ東京C棟 完成
12月 EF210形式 直流電気機関車 営業運転開始
【1998年】
 3月 エフ・プラザ東京H棟 完成
      東海道線 鉄道貨物輸送力増強事業 完成
12月 エフ・プラザ東京J棟 完成
【1999年】
 6月 エフ・プラザ新座 完成
10月 エフ・プラザ東京D棟 完成
【2000年】
 3月 LNG鉄道輸送 開始
    EH500形式 交直流電気機関車 完成
 4月 コンテナ貨車・コンテナの番号自動読取システム導入
【2001年】
12月 EF510形式 交直流電気機関車 完成
【2002年】
 3月 エフ・プラザ東京G棟 完成
      北九州貨物ターミナル駅 開業
【2003年】
 2月 ガーデンエアタワー・アイガーデンテラス竣工
 3月 EH200形式 直流電気機関車 完成
 7月 エフ・プラザ東京F棟 完成
12月 神戸貨物ターミナル駅 開業
【2004年】
 3月 スーパーレールカーゴ 営業運転開始
     鹿児島貨物ターミナル駅 開業
【2005年】
 4月 中期経営計画「ニューストリーム2007」 スタート
 6月 車両技術研修所 開所
10月 「IT-FRENS&TRACE」 全面稼動
【2006年】
 3月 鳥栖貨物ターミナル駅 開業
      スーパーグリーンシャトル列車 運転開始
 7月 エフ・プラザ東京E棟 完成
11月 トヨタ自動車の部品輸送専用列車 営業運転開始
【2007年】
 3月 山陽線 鉄道貨物輸送力増強事業 完成
     韓国鉄道公社との「RAIL-SEA-RAILサービス」開始
11月 エフ・プラザ東京L棟 完成
【2008年】
 4月 新中期経営計画「ニューストリーム2011」 スタート
 7月 PCB廃棄物 輸送開始
【2009年】
 2月 安全改革委員会 設置
11月 「鉄道コンテナ輸送50年記念列車出発式」 開催
【2010年】 
 3月 HD300形式ハイブリッド入換機関車完成
 6月 小名木川駅跡地に商業施設「Ario(アリオ)北砂」竣工
【2011年】
 3月 ダイヤ改正 北九州~福岡間1300トン列車運転開始
    日本海側を迂回した被災地向けの緊急石油列車を運転
 4月 被災地への復興メッセージを記載した「ラッピング機関車」運行開始
 6月 HD300が日本物流連合会から「物流環境負荷軽減技術開発賞」を受賞
10月 東日本大震災後の石油輸送が第10回日本鉄道賞の表彰選考委員会特別賞を受賞
11月 岩手県宮古市の災害廃棄物輸送を開始 12月には宮城県女川町からも開始
12月 農林水産大臣から東日本大震災の災害救助の感謝状を受領
【2012年】
 6月 物流連の「物流環境保全活動賞」「物流環境啓蒙賞」を受賞
 7月 国土交通大臣から震災後の緊急輸送活動で感謝状を受領
 9月 石油迂回列車の運行で「防災功労者内閣総理大臣表彰」を受賞
11月 HD300形式900番台が「鉄道友の会2012年ローレル賞」を受賞
    EH800形式交流電気機関車試作車が完成
【2013年】
 3月 梅田駅営業終了(138年の歴史に幕)
    吹田貨物ターミナル駅開業、百済貨物ターミナル駅リニューアル
    「福山レールエキスプレス号」運転開始
10月 鉄道輸送の底力で被災地の復興に貢献!(災害廃棄物輸送)が
    「日本鉄道賞表彰選考委員会特別賞」を受賞
【2014年】
 2月 災害廃棄物輸送終了
 3月 「中期経営計画2016」策定・公表
 9月 エフ・プラザ東京C2棟 完成
12月 「イオン鉄道輸送研究会」専用列車を初めて運転
【2015年】
 3月 国内初の150mレール輸送開始(九州~東海)
【2016年】
 3月 北海道新幹線開業に伴う新幹線と貨物列車との共用走行開始
【2017年】
3月 事業別開示開始以来初の鉄道事業黒字化達成
   会社発足以来、経常利益最高益
   JR貨物グループ 中期経営計画2021 発表

連絡先

<所在地(本社)>
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目33番8号 サウスゲート新宿
Tel:03-5367-7380
e-mail :jrfreight2021@e-recruit.jp
掲載開始:2020/03/01

日本貨物鉄道株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

日本貨物鉄道株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)