芙蓉総合リース株式会社
フヨウソウゴウリース
2021
  • 株式公開
業種
リース・レンタル
その他金融/その他商社
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

情報通信機器・産業機械・店舗設備・航空機などのリースおよび割賦販売業務ほか総合ファイナンス業務。「不動産リース」、「ソリューションビジネス」や「シンジケートローン」に代表される「金融取引」にも取り組んでいます。業種や商品別に特化した本社営業部門のほか、全国16ヶ所の営業拠点、米国をはじめとする7拠点の海外現地法人でお客様のニーズにお応えしています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

未知なるビジネス領域を切り拓総合ファイナンス企業

芙蓉総合リースは1969年の設立以来、お客様の「設備投資」や「資産管理」から「設備の処分」、あるいは「海外事業展開」まで、お客様の様々な課題解決のための最適なソリューションを提供してまいりました。お客様と常に誠心誠意向き合いながら、積み重ねてきた経験に基づく自由な発想で、リースを中心とした「モノ+ファイナンス」の商品・サービスを提供しております。コーポレートスローガンである「前例のない場所へ。」の実践により、未知なるビジネス領域を切り開き、フロンティアを拡大し続け、力強く持続的に成長する企業を目指します。

事業・商品の特徴

航空機から熱帯魚まで。常にリース業界をリードする商品開発力

当社は、航空機リースに積極的に取り組み、現在までに数多くの実績を積み重ねています。その他にも、商業テナントの積極的な出店をサポートする『スペースリース』や『建物リース』、環境を意識した『PCエコ&バリューリース』や『ESCOサービス』『太陽光発電事業』、観賞用熱帯魚のレンタルシステムである『アクアアート』などのユニークな戦略商品を展開しています。

社風・風土

ダイバーシティの推進

当社は、育児や介護などを理由に職場を離れた社員を再雇用できる「ジョブリターン制度」や1ヶ月に一度いずれかの金曜日を選択して13時に早帰りできる「+Friday」、自身のライフスタイルによって、定時から始業・終業時刻を繰上げ・繰下げした5つの勤務パターンから選択できる「時差出勤制度」を導入しています。また社内でワーキンググループを立ち上げ、仕事と家庭の両立支援の企画・立案等を行っています。これらの働き方改革推進の結果により、仕事と家庭の両立支援に取り組んだ企業に与えられる「プラチナくるみん」の認定を受けました。

会社データ

事業内容 情報関連機器、事務用機器、産業機械、工作機械、商業用店舗設備、医療機器、船舶・航空機・車両並びに輸送用機器、建築土木機械、などのリースおよび割賦販売業務
金銭の貸付、その他各種金融業務
不動産リース
各種コンサルティング業務 その他
設立 1969年5月
資本金 105億3,216万円
従業員数 単体711名、連結1,764名(2018年9月末現在)
代表者 代表取締役社長 辻田 泰徳
上場市場 東京証券取引所 市場第一部
(コード:8424)
本社所在地 〒101-8380 東京都千代田区神田三崎町3-3-23 ニチレイビル
営業拠点 国内 :本社/東京
         支店/札幌、仙台、高崎、大宮、新宿、上野、五反田、横浜、金沢、
                   静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡 

海外 :ニューヨーク、ロサンゼルス、カナダ、イギリス、アイルランド、中国、香港、シンガポール、タイ
沿革 1969年5月  資本金1億円で設立
1970年11月 資本金1億2500万円に増資
1973年5月  株式会社エフ・ジー・エル・サービス設立
1974年2月  資本金1億5000万円に増資
1974年4月  資本金4億5000万円に増資
1987年1月  芙蓉オートリース株式会社設立
         横河電機と合弁にて横河レンタ・リース株式会社設立
1989年2月  資本金48億円に増資
1994年3月  株式会社アクア・アート設立
1995年4月  株式会社エフ・ネット設立
1996年4月  株式会社芙蓉リース販売設立
1999年12月 ニチイ学館と合弁にて株式会社日本信用リース設立
2001年4月  安信リースと合併
2002年1月  横河電機と合弁にて株式会社ワイ・エフ・リーシング設立
2002年4月  安田リースと合併
         芙蓉総合開発のリース金融事業を分割承継
2002年12月 資本金81億円に増資
2004年12月 東京証券取引所市場第一部に上場 資本金105億円に増資
2007年5月  日本抵当証券株式会社を子会社化
2008年4月  シャープファイナンス株式会社を子会社化
2012年4月  日本抵当証券株式会社を吸収合併
2014年7月  ALM社(英国)を子会社化
2015年10月 株式会社ワイ・エフ・リーシングを吸収合併
2017年1月  アクリーティブ株式会社を子会社化
2018年3月  TDF(カナダ)を傘下に持つMAICAを関係会社化(丸紅株式会社との共同出資)
2018年4月  株式会社FUJITAを子会社化
2018年10月  株式会社インボイスを子会社化
2019年1月  Pacific Rim Capital Inc(米国)を関係会社化
関係会社 シャープファイナンス株式会社、芙蓉オートリース株式会社、アクリーティブ株式会社、株式会社エフ・ネット、、株式会社芙蓉リース販売、株式会社FUJITA、株式会社エフ・ジー・エルサービス、株式会社アクア・アート、株式会社インボイス、横河レンタ・リース株式会社、株式会社日本信用リース
業績推移(連結)  決算期   売上高  経常利益  当期利益  営業資産残高 (億円) 
  2016.3       4,937       292             175              18,635
  2017.3       5,070       314             200              20,436
  2018.3       5,902       352             219              21,687
経営理念 ・リース事業を通じて企業活動をサポートし、社会の発展に貢献する。
・顧客第一主義に徹し、最高のサービスを提供する。
・創造と革新を追求し、株主・市場から評価される企業を目指す。
・自ら考え積極的に行動する社員を育て、働き甲斐のある職場を創る。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)