株式会社情報創研ジョウホウソウケン

株式会社情報創研

【独立系/業務系・WEB系ソフトウエアトータルシステム開発】
業種 ソフトウェア
情報処理/インターネット関連/コンサルタント・専門コンサルタント/その他サービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

技術開発二部
K.I(25歳)
【出身】中央大学  総合政策学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 プログラマー。Web/オープン系アプリケーション開発
私の所属部署は企業様向けのWebアプリケーション開発を主としていますが、それ以外にもモバイル案件やクラウドベースのシステム開発案件にも携わっています。特に後者は社内でも新しい試みであり、私自身も一からインフラ構築を学ぶところからスタートしました。
キャリアとしてはまだ2年目ですが、その中でも大事にしてきたのは「より深く考え、よりシンプルに行う」ということです。あらゆる案件には納期があり、要求を満たしつつそれに間に合わせなければなりません。より高速化、効率化できる方法があったとしても、自分のスキルでは実現するのに時間がかかったり、他人が見て簡単に理解できないような手の込んだやり方は好ましくありません。作業する前にあらゆる方法を考えた上で、必要十分なやり方で作るという姿勢で取り組んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が携わったアプリの使用場面に遭遇した
昨年の秋ごろに、鉄道会社様向けのタブレット端末用アプリケーションの開発に携わりました。車内放送システムの改修案件で規模は大きくありませんでしたが、Web系とは大きく異なる環境ということもあり日々新しい知識に触れながら開発を進めていました。自分がたまに利用する路線で運用されており、実際の場面がイメージできたこともモチベーションの維持に繋がっていたように思います。
納品して数か月後、その路線を利用する機会がありました。その時はぼんやりと「そういえばそんなこともしたなぁ」と考えていましたが、実際にアナウンスが流れると自分の携わったものがちゃんと動いていると実感できました。BtoB案件が主なのでこういった機会は少ないですが、実際に使用場面に遭遇するとやはり嬉しいものがあります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き やっていけそうな雰囲気があったから
私は最初からIT業界を志望していたわけではありません。実際に別業種の会社から内定をいただいていましたが、その業界は長時間労働が蔓延しており、体力面で不安があったため卒業を間近に控えた12月から就活を再開しました。趣味でパソコンを組み上げるなどしており、多少は親和性があるだろうということでIT業界を目指すことにしましたが、求人の数はかなり少なく厳しい状況でした。
その中でも、情報創研は説明会や面接を通して働いている方々の人柄や雰囲気の良さを感じ、「ここならIT業界といえども自分が潰れることはない」と思い、入社を決めました。個々人が携わる案件にもよるでしょうが、少なくとも自分の毎月の残業はほぼゼロです。社内も和気藹々としており、のびのびと仕事ができる環境だと思っています。
 
これまでのキャリア プログラマー(現職・2年目)

この仕事のポイント

職種系統 プログラマー
仕事のスタイル 忍耐力と集中力が必要な仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社に入り、実際の業務という視点から学ぶことは非常に多いです。それに対し、落ち着いて取り組める環境に身を置くことが社会人生活の第一歩として重要だと思います。研修が「充実している」だけではなく、「長い期間確保されている」かどうかも見てみると良いでしょう。

株式会社情報創研の先輩社員

Web系システムの開発

技術開発二部一課
H.H
昭和女子大学 生活科学部健康デザイン学科

Webアプリケーション開発

技術開発二部 開発一課
R・I
東京理科大学 理学部 数理情報科学科

スマホ系アプリの開発,ウェブページの制作

技術開発二部一課
D.Y
日本大学 生物資源科学部

企業のシステム構築。企業間の連携の形を提案する

営業部
S・K
富山国際大学 現代社会学部

Web系プログラマー

技術開発二部開発一課
N.M
法政大学 デザイン工学部システムデザイン学科

プログラマー。ソフトウェアの開発をしています。

技術開発一部
K.M
神奈川大学 情報科学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる