谷口建設興業株式会社タニグチケンセツコウギョウ
業種 建設
住宅/建築設計
本社 香川

先輩社員にインタビュー

工事部 課長
山田 佳輝(42歳)
【出身】岡山科学技術専門学校  建築デザイン科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 現場責任者
施工管理とは、現場を指揮して建物を作っていく仕事です。安全管理・品質管理・工程管理・予算管理が求められ、全部出来るようになるには10年くらいはかかります。新入社員であっても最初から現場では「監督さん」と呼ばれますので、若いころは特に責任の大きさを感じていましたね。例えば1年の工期で3億の現場を任されるということは年商3億の会社の経営者と同じです。それくらいのプライドを持って働いています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
達成感の先に更なる目標を見いだせる
入社後4年目に初めて1人で現場を持ってお客様から誉めてもらった時、とても嬉しかったですね。右も左もわからず、戸惑いながらも自分のできることを精一杯やった結果、「今まで建てた2つの家よりも、君が作ってくれた今回が一番良かった。」という言葉は本当にうれしかったです。
自分自身の満足度とお客様の満足度がマッチしたや、ベクトルが同じ方向を向いていると感じることが出来た時にもやりがいを感ますね。
また、30~40人の職人さん達と共に自分の想いを形に出来ること、日々の積み重ねの中でプロとプロがシンクロした時もとても面白いです。
施工の仕事は飽きが来ません。もっとこうすれば良かった等、区切りの満足感・達成感の先に更なる目標を見いだすことができます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 仕事の全体像を把握できる。そして自分の家を自分の手で建てたかった。
大手ゼネコンに行くことも考えましたが、大手だと仕事の全体像を把握することが困難であると考え、一人で全ての仕事を見ることの出来る地場の企業を選びました。専門学校の先生が会社を知っていたことも一つの理由ではありますね。
そして、建築を志した理由でもある「自分の家を自分で建てる」という目標を達成できたときは本当にうれしかったですね。地場の企業であり、仕事の中で人間と人間の真の付き合いができるので、建て前抜きで本音で語ることができるのも魅力だと思います。
 
これまでのキャリア 工事部(現職・22年間) 一級建築施工管理技士 監理技術者 4年目で初めて1人で現場を任された

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

何といっても職場での人間関係の温かさや上司の適切なフォローアップがあり、アットホームで人同士のつながりがある会社です。
地場の会社にはそれぞれ特有の温かさがあるので、お互い信頼し合って仕事ができます。
自分は今の仕事環境にとても満足しており、就活生に戻ったとしても、やはり谷口建設興業を選ぶと思いますね。
どんな想いを持って働きたいかを一つの軸にすることをおすすめします。

谷口建設興業株式会社の先輩社員

建築工事の施工責任者

工事部 課長
太田 光俊
香川県立高松工芸高校 建築科

お客様に喜んでいただける建物をつくる

工事部 課長
坂口 武史
徳島県立貞光工業高等学校(現 剣高校) 建築科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる