高山信用金庫タカヤマシンヨウキンコ
業種 信用金庫・信用組合・労働金庫
本社 岐阜

先輩社員にインタビュー

駅西支店
小池 杏樹(23歳)
【出身】富山大学  人文学部 人文学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 オペレーターと呼ばれる後方事務をしています
オペレーターとは、外回りの渉外担当の方が預かってきた伝票などを事務処理する仕事です。ミスが許されない仕事なので確認作業が大事な仕事です。一つの処理をするにあたっても、日付から金額まで一つ一つすべて確認する必要があります。普段は支店内で働いていますが、一度機会をいただいてお客様のところへ同行させてもらったことがありました。渉外担当の立場を経験することで、より自分の仕事の大切さを理解することができました。お客様や、お客様の窓口となっている渉外担当に迷惑が掛からないように、使命感を持って取り組んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
できる仕事が増えてお客様からのご要望を実現できたとき
支店に配属後、現金を扱う出納(すいとう)という仕事をしており、伝票を扱う仕事はしていませんでした。10月頃からオペレーターとして仕事をすることとなり、正確な作業はもちろん、扱う商品の理解が必要でした。仕事を進める中で先輩に教えてもらったり、商品のパンフレットを読んで学んだりして、知識をつけてきたおかげで、いまは定期預金や定期積金など入出金を自分自身で処理ができるようになっています。私が身につけた業務でお客様からのご要望を実現できることが嬉しく、毎日楽しく仕事をしています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元で地域の人と密接にかかわれる仕事
地元が好きという理由で地元企業を中心に就職活動をする中で、長期的にお客様のサポートができる金融業界に興味を持ちました。地元の金融といえば「たかしん」と思い説明会に参加、人事の方々が優しく温かい雰囲気だったことから、他の金融機関と比較しても自分に合っているのでは?と感じました。入庫前に感じたイメージ通り、支店に配属されてからも心地よい雰囲気の中で働くことができています。
 
これまでのキャリア 駅西支店へ配属
出納(~10月) → オペレーター(10月~)

この仕事のポイント

職種系統 一般事務・営業事務
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

業界研究で様々な業界を知る中で、自分に合った業界は金融機関だと気づくことができました。就職活動はいろいろな会社のことを知るチャンスです。まずは業界を絞らず説明会に参加して、自分に合うかどうかを体感してみてください!

高山信用金庫の先輩社員

お客様と触れ合える渉外活動。楽しみながら従事しています

本店営業部
長瀬 燎耶
名古屋学院大学 経済学部 経営学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる