日本海テレビジョン放送株式会社ニホンカイテレビジョンホウソウ

日本海テレビジョン放送株式会社

NKT/日本テレビ系列民間放送局/ニュースevery日本海
業種 放送
広告/通信
本社 鳥取

先輩社員にインタビュー

報道制作局報道制作部(制作担当)
坂根 佳奈美
【年収】非公開
これが私の仕事 幅広い番組作りに携わっています
日本海テレビ制作の情報番組でディレクション業務をしています。番組作りというとロケ(取材)のイメージが強いかもしれませんが、その前には、どんな企画をするのか考え、お店などの取材先を探し、台本を作ります。ロケの後は、編集、ナレーション原稿作りなど、放送に向けての準備やVTR作りの仕事がたくさんあります。また、普段は情報番組を担当しているディレクターが、歌番組や旅番組などの特別番組も分担して行っているので、幅広い番組に携わることができます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新しい発見や楽しさを教えてもらえます
普段の生活ではかかわることのできない人と話すことができます!例えば、入社数年であったとしても、取材をする以上は日本海テレビそして視聴者の代表として取材相手と関わることになります。普通なら話を聞くことも難しい、素晴らしい経験や功績をもった方や注目されている方に直接お会いして、すごさを感じ、聞きたいこと、知りたいことを教えていただくことができます。また、これまで興味のなかった分野でも、新しい発見や楽しさを仕事を通して教えてもらうことがたくさんあります。数少ないですが、あの芸能人に…!?会えたこともあり、それもテレビ局ならではだな~と感じました!
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き テレビが好きで、楽しそうなテレビ局で働きたい
子どもの頃からテレビが好きで、特にバラエティー番組をよく見ていたので、楽しそうなテレビ局で働きたい!という理由が一番でした。また鳥取で生まれ育ったので、山陰の人たちにもっと自分の住んでいる地域を好きになってほしいという思いもありました。実際に仕事をしてみて、そのような思いを持っている方にはぴったりの職種だと思います。ローカル局では、キー局とは違ってそれぞれ専門の人が集まってすることを、一人ですることもあります。もちろん大変さもありますが、いろいろな仕事の楽しさを知ることもできます。
 
これまでのキャリア 入社→報道制作部(制作担当)→報道制作部(報道担当)→報道制作部(制作担当)

この仕事のポイント

仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

テレビも今変わっていく時期にあると思っています。それでもテレビが好き!という方、それが一番の強みだと思います。一緒に働けるのを楽しみにしています!

日本海テレビジョン放送株式会社の先輩社員

必要なことは“体力”と“興味”

報道制作局報道制作部(報道担当)
澤田 亜紀

横のつながりを大切にしています

東京支社営業部
濱田 太一

テレビCM枠を販売しています

編成営業局本社営業部
松村 泰介

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる