東洋紡株式会社トウヨウボウ
  • 株式公開
業種 化学
プラント・エンジニアリング/医療機器/繊維/情報処理
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

敦賀バイオ研究所
小林 哲大
【出身】生命科学研究科 総合生命科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 研究者を支える画期的な試薬の開発
私の所属しているグループでは、研究者向けに試薬販売を行っています。その中で、私は新しい試薬の開発を担当しています。研究者の人たちがどのようなことで困っているのか、どんな試薬があれば喜んでくれるのかを日々考え、研究開発に取り組んでいます。具体的に研究しているのはPCR酵素。私のグループの柱となる商品ですので責任は非常に大きいです。しかし、若手からでも責任のある仕事を任されるため、逆にやりがいをもって仕事を行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
『KOD -Plus- Neo』をよろしくお願いします
ライフサイエンス研究に関わらない人には全くわからないかもしれないですが、私が開発した商品がすでに販売されています。研究開発、工場生産、いろいろ問題もあり、たくさん怒られたりもしました・・・。でも、実際に商品が完成したとき、あの感動は忘れられません。また、お客様からうまくいったとの声を聞き、一緒になって喜べることも、今まで味わったことがない経験だと思います。決して自分だけの力で開発できたとは思っていませんが、自分が作った商品が売り出されるのはとてもうれしいことです。これからもこの感動を味わうため、また、お客さんに喜んでもらうため、上司、営業の人達、工場の人達、様々な人たちの協力を得て、頑張っていきたいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 東洋紡製品には非常に助けていただきました。
大学時代、実験がうまくいかないと悩んでいたとき、それを解決してくれたのが東洋紡の研究試薬でした。自分が助けられたように、今度は様々な研究者を助けられるような商品を作りたい!と考えたのがこの会社を選んだ理由です。また、商品のネーミングが変わっていたのも東洋紡商品でした。『逆転一発』や『Can Get Signal』など、ユニークな名前が非常に印象的だったことを覚えています。(最近では電車好きな先輩が開発したサンダーバード qPCR Mixの販売も行っています。)商品名のユニークさと同様、会社の雰囲気がとても明るく、和気藹々とした感じだったことも、この会社を選んだ理由です。
 
これまでのキャリア 入社から3年、ずっと研究開発をしています。

この仕事のポイント

仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私自身、『ものづくりがしたい』という強い思いで就職活動を行ってきました。就職活動自体は決して楽ではなかったですが、現在はものづくりに携わる仕事が出来ています。自分がやりたいことを強く思い描けば必ず夢はかなうはずです。就職活動、つらいことも多いですが、なかなか出来ない経験もできます。いろんな話を聞くいい機会ですので、精一杯頑張ってください。

東洋紡株式会社の先輩社員

いろんな場所に出向いて情報を取る営業の仕事

光機能材料事業部
木谷 優希
工学研究科 物質系工学専攻

東洋紡製品を生み出す、機械設備の設計

総合研究所 エンジニアリング開発室
小西康介
大阪大学大学院 工学研究科 応用自然科学専攻 量子計測領域

東洋紡の製品を生み出す、機械設備の設計

岩国事業所 工務部 設計グループ
西耕平
広島大学大学院 工学研究科 社会環境システム専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる