株式会社オーツカオーツカ

株式会社オーツカ

自動車用内外装材(不織布)メーカー
業種 自動車
繊維/商社(繊維製品)/輸送機器/化学
本社 岐阜

先輩社員にインタビュー

技術部 生産技術設備G
高仲 道仁(41歳)
【出身】岐阜大学  工学部応用化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 不織布生産設備導入時の設備設計や改善、海外工場の生産対応
多い時は、年に数回、1ヶ月単位の期間で海外に行き、生産設備立ち上げや、現地スタッフの教育・指導支援を実施しています。
これからの時代は益々グローバル化が進み、国内だけにどどまらず、海外で仕事をする機会がどんどん増えてくるので、自分の腕を試す絶好の機会です。
自分が仕様設計・導入をした機械で、自動車用のフロアカーペットなどの内装材を量産化し、それが国内・海外の自動車に取り付けられて、それを自分の目で見た時の喜びは忘れられないものになりました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
海外工場の立ち上げ
約10年前、中国が急激な成長を見せている時期に、中国進出の為に工場を建設して生産をするプロジェクトの技術部担当業務を任されました。
何もない所からのスタートで、土地、工場建設、生産設備導入、物づくりまで、何度も中国や他の国に足を運び、立ち上げまで実施しました。当然当初は言葉も通じない、気候や習慣が日本とは全く違うなど苦労だらけの連続でした。それでも社内の関係部署の方々、現地関係会社のサポート、現地人スタッフの協力で前に進むことができました。
今振り返れば、この経験が私を一番成長させ、仕事に対する考え方、人との付き合い方、達成感、自分一人で判断する力を得ることができたと思います。これを機に、今でも様々な海外プロジェクトに携わっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 将来自分の開発した製品が世の中に出せるかもしれないという魅力があった。
私は小さい頃から自動車が好きで、何か自動車に関わる物づくりをしたいと思っていました。
そんな中、この会社は自分が大学で専攻した内容を生かしながら、自動車部品を生産することができて、自分の力を発揮することができると思い、また、この会社ならば将来自分で開発した自動車部品を世の中に広めることができるのではないかという魅力を感じ、この会社を選びました。
 
これまでのキャリア 入社してから技術部に所属して約17年が経過します。
入社1年目は、現場で生産工程の研修を積み、その後技術部の産業資材G、車両開発G、生産技術Gを経て現在の設備Gで仕事をしています。

この仕事のポイント

仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 国際事情に関する知識・人脈が広がる仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

人生の岐路において、最終的には自分で判断することが大事。
その瞬間はその判断が良かったのか分からないけど、それが正しかったと信じて進むしかない。
それと人との繋がりは大切にしよう。例え一期一会でも、人と出会うことはかけがえのない宝物だし、自分の人生を豊かにすると思います。

株式会社オーツカの先輩社員

不織布を使った製品開発及び不織布を使用する車両部品の試作開発。

技術部 開発G
翠簾屋 衛
愛知工業大学 応用化学部応用化学科

高いNV性能を持つ自動車部品の開発

技術部 生産技術製品G
塚本 茂貴
岐阜大学大学院 工学研究科環境エネルギーシステム専攻

厚手のフェルトのような不織布(=ニードルパンチ不織布)の営業職です。

営業部
長谷 哲嗣
愛知工業大学 工学部応用化学科

自動車向け内装材の製造メーカーの営業です。

営業部
堀 雄一朗
愛知工業大学 経営学部経営学科

営業事務 注文の社内展開/伝票発行・入力/売上のまとめ/電話・来客応対

営業部
A.A
岐阜市立女子短期大学 生活デザイン学科

自動車用不織布製造に関する生産管理業務

製造部 生産管理室
山内 重雄
中部大学 工学部機械工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる