社会福祉法人 勇成会ユウセイカイ
業種 福祉・介護
その他サービス
本社 茨城

先輩社員にインタビュー

あさひの家 生活支援員
堀米 翔太(25歳)
【出身】常磐大学  コミュニティ振興学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 生活に密着しながら身の回りの支援を行い、障害者の自立をサポート。
施設で障害者の日常生活上の支援や身体機能・生活能力の向上に向けた支援を行っています。具体的には、衣服の着脱や食事、入浴などの生活習慣が身につき、快適な生活を送ることができるよう支援を行ったり、施設における人間関係や不満、将来の不安などについても相談に応じたりします。そのほかにも、利用者様がその人らしく楽しく生活出来るよう行事を企画したり、班活動等の日中活動の支援をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の好きな事と仕事が合わさった瞬間!
余暇支援の一環として、クラブ活動を施設では行っているのですが、自分はその一つのゲームクラブというものの担当をしています。そこでは様々なゲームやレクリエーションを企画しています。その中でも、テレビゲームをプロジェクターで映し,大画面でゲームを利用者の方々に楽しんで頂けるようにできたことはとても嬉しく思いました。元々自分自身がデジタルやアナログどちらにしてもゲームがとても好きで、プロジェクターで投影した大画面でゲームをすることも自分自身の小さな夢でもありました。利用者の方々からも好評を頂き、現在ではゲームクラブの目玉となっています。自分の趣味と仕事がマッチした瞬間は勿論、それによって利用者の方々に喜んでもらえることが一番うれしいことだと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 確実に力を付けられる環境。
実は学生時代こちらの施設で実習したことがあり、その時にしっかり指導して頂いた事が、就職しようと選んだ決め手になったのではないかと思っています。実習生だからと単にお客様扱いではなく、きちんと勉強させてもらえたことが好きだったんだと思います。お恥ずかしい話、当時は知識不足でかなり苦しみました。またサービスの質の向上にちゃんと力を入れていて、職員の研修や資格取得のサポートなど確実に力を付けられる法人だと思いました。資格や得た知識や技術を活かし、確実にステップアップできるのも魅力の一つだと思います。そういうきちんとした雰囲気に惹かれました。
 
これまでのキャリア 2016年4月より、あさひの家の生活支援員。
年に一回の施設行事である「あさひの家祭り」の企画等を行う担当。

この仕事のポイント

職種系統 介護福祉士
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 上質のサービスや商品に接し、知識・教養が深まる仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

しっかりと自分を知り、自分のやりたいこと・好きな事に合うものを選ぶのが一番だと思います。自己分析などで自分の新しい一面などを自覚できたら面白いと思います。または私の場合、実習先や知人の紹介を通して、就職先と出会うことができました。あまり難しく考えずにまずは行動してみる事が大事です。

社会福祉法人 勇成会の先輩社員

利用者様の生活の手助けをするお仕事

ありすの杜 生活支援員
養田 美羽
茨城キリスト教大学 生活科学部 人間福祉学科

利用者様の生活のあと一歩を支援する仕事

ありすの杜 生活支援員
宮山 航
常磐大学 コミュニティ振興学部 ヒューマンサービス学科

利用者様の生活の手助けをしています!

ありすの杜 生活支援員
太田 愛
茨城大学 人文学部 社会科学科

生活全般の支援!

ユーカリの里 生活支援員
海老澤 孝輔
茨城大学 人文学部 社会科学科

障害のある利用者様の生活全体を支える仕事

ありすの杜 生活支援員
大槻 准
茨城キリスト教大学 生活科学部 人間福祉学部

障がいのある方の「その方らしい」生活を支える仕事

ありすの杜 生活支援員
永井美香
常磐大学 コミュニティ振興学部ヒューマンサービス学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる