株式会社アドバンスクリエイト
アドバンスクリエイト
2021

株式会社アドバンスクリエイト

保険市場/東証一部上場
  • 株式公開
業種
生命保険
損害保険/その他サービス/広告/インターネット関連
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

保険専業代理店として6年半での上場、そして生命保険事業の再保険会社を米国のハワイ州に設立、情報メディアサイト「保険市場」の運営など常に業界に革新を生み出し続けるパイオニア企業です。
Webマーケティングに主軸を置いた事業展開により、「Web to Call to Real」を高度に実現し、通信販売・ネット完結保険に加え来店型相談窓口等により、お客様の多様なニーズにお応えできる体制を構築しております。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

業界のパイオニア 「保険市場」のアドバンスクリエイト

当社は、常に業界に革新を生み出し続けるパイオニア企業です。対面販売拠点やWebサイトでは、保険会社数80社以上の200を超える商品の中から個々のお客さまに合った最適な商品をご提案することができます。何よりも大切なのはお客さまの真のニーズ。保険の販売といえば「営業」という考えが第一にある業界において、当社は真剣に保険を検討されている方々へ「買いに来ていただく」環境を提供しています。

社風・風土

「一流のプロ」を本気で目指す方と働きたい

当社は、一人一人が自分の仕事に対して誇りを持ち、妥協せずに真剣に取り組んでいます。そして、どんな仕事においても、自分の力が最大限発揮できるよう日々の努力を惜しみません。それがプロとしての仕事の取り組み方だと思っています。仕事を通じて自らを磨き上げ、人間として、社会人として確実に成長できるフィールドが当社にはあります。それはあなた次第です!仕事に全力で貪欲に向かいたい。人生を輝かせたい。そんな志を持っているあなたを、当社はお待ちしております。

魅力的な人材

いい人ではなく、あなたでなければダメな人。そんな人に会いたい

あらゆることがパラダイムシフトしている世の中で、真のプロフェッショナルでない人材は他者や機械にとって代わられるのは明らか。過去の成功体験なんて、何の役にもたちません。だからこそ、私たちはスキルだけではなく、老舗企業の教えや考え方に習い、高い倫理感を持った人材を育成し続けることに決めました。プロになるために才能なんて必要ありません。「凡事徹底」この積み重ねこそ、プロへと成長させるのです。職人は毎日同じ仕事をしても、日々、見直しや点検を怠らず、ミスがあれば必ず基本を見直します。必要なのは謙虚さや素直な心。私たちが本当に見たいのは学歴や履歴書の内容ではありません。あなたという人柄そのものです。

会社データ

事業内容 情報メディアサイト「保険市場」の運営、管理及び対面、非対面でのコンサルティングからの保険商品の提供
設立 1995年10月
資本金 2,915,314千円
従業員数 284名(グループ計 平成31年3月31日現在、契約社員含む、嘱託社員・再雇用者・派遣社員含まず)
売上高 9,468百万円(連結・平成30年9月期)
代表者 代表取締役社長 濱田佳治
事業所 ■拠点数/全国各地に12拠点(平成31年3月31日現在)
社名の由来 アドバンス=前進
クリエイト=創造

創造・前進
『着眼大局 着手小局』 ~大胆に創造し、着実に前進する~
という創業時の思いを社名に込めました。
『凡事徹底』『スピード・信用・気配り』のモットーが、当社の基本方針です。
当社の目指す会社像 ドラッカーは、著書『現代の経営』で企業の目的を顧客の創造と定義しました。
実はその250年以上も前に日本では、現在のマーケティング論にも通じる、『商売道』という商売の道を説いた倫理規範が、既にありました。

いわく「商人は主人であるお客様の為になるように働き、その結果として利益を得る。」加えて多くの老舗企業には商売における普遍の真理を説いた家訓が存在し、その教えを守り続けることで今日も繁栄し続けています。

世界ではクールジャパンにも代表されるように、日本食や美しい伝統工芸品、中小企業が生み出す精緻な工業品の数々などが高い評価を得ています。このように日本には「おもてなし」や「モノづくり」といった世界に誇れる文化が古来より脈々と受け継がれてきたという歴史があります。商人や職人は皆、各分野のプロフェッショナルであり、 高いスキルとともに仕事への矜持と倫理観を一様に持ち合わせていました。

彼らと比較して、現代のビジネスマンはどうでしょう?
マネーゲームに奔走し、バブル崩壊後に失われた20年を過ごすうち、いつのまにか日本は自信を無くし、世界に誇れる文化を忘れ去ってきました。
今、自らの頭で考え、行動し、技能を高めることを追求し続け、仕事の細部にまで手を抜かない、プロフェッショナルと呼べる人は何人いるか?
指示されたことだけをこなし、安定した収入のことだけを考える人、そんな人は会社に属しているだけのただの会社員であり、プロではありません。

「本物のプロを目指すチームメイトと共に、同じ志をもって、人生を賭けた仕事をする」
これが創業時より変わることなく目指してきた、当社の会社像です。
当社の特色 2019年に上場17周年を迎えた(保険専業代理店では唯一の上場企業)、平均年齢30代前半の若くてパワーのある社員が多く活躍する当社。

私たちは、常に業界に革新を生み出し続けるChallenger(挑戦者)、Pioneer(開拓者)、Innovator(革新者)、 Paranoia(熱狂家)、 Person of Passion(情熱家)を志しています。

情報メディアサイト「保険市場」は、Webマーケティングに主軸をおいたプロモーションを展開し、保険ポータルサイトに成長。現在、サイトを通じて得られるお客様のご要望を、通信販売・ネット完結保険に加え、来店型ショップ「保険市場」や協力代理店ショップを含め全国330店舗の保険ショップへと繋げる「Web to Call to Real」戦略を推進中。
沿革 ■平成7年10月
大阪市中央区瓦町において 株式会社アドバンスクリエイトを設立
中小企業・個人を対象として福利厚生等を目的とした保険商品の対面募集を主たる業務とする

■平成9年9月
ダイレクトマーケティング手法によるテストマーケティングを スタート、現業態へ転換。
以降、募集費(印刷媒体・ポスティング費用など) のコストパフォーマンスを徹底追求し、
ダイレクトマーケティングによる 保険通販事業を推進

■平成11年4月
データベースシステムの開発およびインターネットでの募集ネットワークシステムの開発が完了

■平成12年5月
テレマーケティング業務を集約してコールセンターを設置

■平成13年9月
本社を大阪市中央区瓦町に移転
ポスティング配布世帯数約2000万世帯となる
当社保有契約件数 約31千件

■平成14年11月
当社の顧客データベースと保険会社の対面販売インフラを組み合わせ新規契約を共同募集する
提携事業を開始

■平成15年1月
総合保険サイト「保険市場」リニューアルオープン

■平成16年1月
支店及び保険ショップ「保険市場(ほけんいちば)」の開設

■平成17年10月
法人向け保険比較サイト「法人保険市場」を開設

■平成18年12月
地域密着サイト「保険市場ガイド」を43サイト(ショップ進出都道府県分)開設

■平成19年8月
リアルタイムで保険を相談できる「ウェブテレビ」サービス開始

■平成20年4月
「保険市場」商標登録

■ 平成21年6月
iPhone 3G/3GSに最適化された保険比較サイト「保険市場」を提供開始

■平成22年9月
保険比較サイト「保険市場」において 保険比較サイトで初めて、必要貯蓄額を算定するサービス「ライフプラン診断(貯蓄編)」提供開始

■平成22年10月
「保険市場 本店」を本社1階にオープン

■平成24年4月23日
大阪証券取引所ナスダック・ジャパン上場10周年

■平成25年7月
無料iPhoneアプリケーション 保険市場 配信開始

■平成25年7月
保険市場 著名人によるコラム「一聴一積」掲載開始

■平成25年8月
イー・ガーディアンと協業で保険募集サイトの監視サービスを開始

■平成25年8月
東京支店、横浜支店リニューアルオープン

■平成25年8月
保険市場 パラパラ漫画「約束」の配信開始

■平成25年9月
コーポレートサイト全面リニューアル

■平成25年11月
保険市場 コラム「夢をかなえるお金の習慣」掲載開始

■平成26年3月
パラパラ漫画「約束」Web動画活用キャンペーン(2013年10~12月)トップ10 において、第2位に選出

■平成26年4月
保険市場 スマートフォン版にて 個人年金保険シミュレーションサービス提供開始

■平成27年10月4日
創立20周年を迎える

■平成27年10月16日
東京証券取引所市場第二部へ市場変更

■平成28年7月22日
東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
主要取引先一覧 (※敬称略 順不同)

アクサ生命保険株式会社
アクサダイレクト生命保険株式会社
朝日生命保険相互会社
アフラック生命保険株式会社
SBI生命保険株式会社
エヌエヌ生命保険株式会社
FWD富士生命保険株式会社
オリックス生命保険株式会社
カーディフ生命保険株式会社
ジブラルタ生命保険株式会社
住友生命保険相互会社
ソニー生命保険株式会社
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
太陽生命保険株式会社
チューリッヒ生命
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
ネオファースト生命保険株式会社
フコクしんらい生命保険株式会社
富国生命保険相互会社
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社
マニュライフ生命保険株式会社
三井住友海上あいおい生命保険株式会社
明治安田生命保険相互会社
メットライフ生命保険株式会社
メディケア生命保険株式会社
ライフネット生命保険株式会社
楽天生命保険株式会社
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
アイペット損害保険株式会社
アクサ損害保険株式会社
アトラディウス信用保険会社
アニコム損害保険株式会社
アメリカンホーム医療損害保険株式会社
アリアンツ火災海上保険株式会社
イーデザイン損害保険株式会社
エイチ・エス損害保険株式会社
SBI損害保険株式会社
AIG損害保険株式会社
au損害保険株式会社
コファスジャパン信用保険会社
ジェイアイ傷害火災保険株式会社
スター保険
セコム損害保険株式会社
セゾン自動車火災保険株式会社
ソニー損害保険株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
Chubb損害保険株式会社
チューリッヒ保険会社
東京海上日動火災保険株式会社
日新火災海上保険株式会社
日立キャピタル損害保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社
三井ダイレクト損害保険株式会社
ユーラーヘルメス信用保険会社
楽天損害保険株式会社
株式会社サイバーエージェント
株式会社セプテーニ・ホールディングス
創業物語 1章:「決意」本物のプロと一緒に、人生を賭けたい

濱田が起業したのは必然だった。
幼少の頃から「社長」への漠然とした憧れもあった。
就職活動を経て、初めて入社した証券会社では、未上場企業を上場させる仕事を専門としていたため「創業経営」がもつダイナミック、且つドラマティックな場面を何度も目の当たりにしてきた。そんな経験も起業への想いを増幅させたことは、間違いない。
「この社会で働く人々の中に、プロとしての自覚や覚悟をもって仕事をしている人は一体どれくらいいるのだろう・・・。一流のビジネスパーソンを目指して日々自分を磨いている人がどれくらいいるのだろう・・・」
20代半ばの頃、濱田はそんなことを考えていた。濱田には「自分はプロだ」という誇りがあった。
常に本気の真剣勝負。
自分は、たまたまスーツを着てオフィスで仕事をしているが、ユニフォームを着てグラウンドでプレーするメジャーリーガーと何一つとして変わらないと思っていたし、常にそうあるべきだと自分を奮い立たせていた。
しかし残念ながら(当然ながらというべきか)、チームメイトには「アマチュア」もいれば「草野球」で自己満足に浸る者もいた。
「本物のプロを目指すチームメイトと共に、同じ志をもって、人生を賭けた仕事をしたい」
その強烈な情熱こそが「起業」の動機だった。
自分の夢に忠実に生きる、そんな決意をした。

2章:「起業」保険業界に革命を

「保険」との出会いは偶然だった。しかし今となれば必然だったのかもしれない。
「保険なんて無用の長物だ」
濱田も保険に対して不信感や嫌悪感を抱いていた一人だった。
しかし、そのイメージを180度変えた出来事があった。父親の死だ。
濱田の父親は白血病(血液のがん)を患い、長い闘病生活を経て他界した。
その間のかさむ入院・手術費を補ったのが「がん保険」だった。
そんな折、給付金が振り込まれた通帳に手を合わせ感謝する母親、親戚に「がん保険」を「宣伝」する母親、そんな姿を目にした時、濱田は「必要のないもの」と思っていた「保険」という金融商品に大きな関心を持ち始める。
「これほどまでに感謝される金融商品は他にはない。それなのになぜ、これほどまでに嫌悪感がもたれているのか」濱田は業界やその歴史を調べていく内に、そこに内在する大きな矛盾に行き着くことになる。保険は国民の9割が加入しているほどの生活必需品で、しかも高価。 しかしほとんどの人が納得して加入してはいない。それは「売り方」に問題がある。保険業界は長い間、規制に「守られて」いて、統制経済そのもの。濱田が気付いた保険の大きな矛盾は、「必要なものなのに、自由に選んで買えない」ということだった。
「もし、既存の『保険販売の在り方』を根底から変えることが出来たら・・・」
「消費者はまだ気づいていないだけで潜在的には必ず自分で自由に納得して保険に加入出来る環境を求めているはずだ・・・」
しかも、保険業界は約30兆円の巨大なマーケット。相手にとって不足なし。いびつで巨大な保険業界に革命を起こす。
1995年10月、濱田はアドバンスクリエイトを創った。

3章:「609」「ドア」を開けよう

資本金1,000万円、大阪のワンルームマンションからのスタートだった。
御堂筋から一本外れた10階建のビルの6階、部屋番号は「609」。
廊下のほぼ突き当たりに位置する一室で、20室近い他の事務所の閉め切られたドアが並ぶ。
そんな中、濱田が会社を設立してまず初めにとった行動は「ドアを開ける」ことだった。
「いつでもお客様が気軽に入ってこられるように」
そんなシンプルで純粋な「商売人」としての想いからだった。
「保険の流通革命」という壮大な夢を掲げながらも、そのための行動は「ドアを開けること」。
これこそが当社の社名の由来でもある「着眼大局着手小局」。
大きく、高いところを見ながらも一歩ずつ出来ることを着実に積み重ねていく。
創業以来、当社に連綿と流れる社風の1つである。

続きは当社採用HPで⇒https://www.advancecreate.co.jp/recruit/story/4504
社長語録 ~限りない可能性も、限りある時間の中にある~
今日という一日は一度過ぎれば二度と戻ってはこない。立場や進む道は違っても、時間の過ぎる早さだけでは皆平等。時間の過ごし方で人生は決まる。巻き戻しボタンなんて無い。

~可能性は、頭で考えるより、心で信じ込む~
限界は、誰が決めるものでもない。自分が決めるもの。成功者は皆、頭より心で、素敵な錯覚している。「自分はできる!」と。不可能を数えるよりも、可能な自分を信じよう。

~創造力の源は、夢を想像する力~
自分の夢を鮮明に描けるなら、それは絶対に実現する。何故なら夢の実現から見た現実は、どんなに辛くてもプロセスに過ぎないのだから。人は夢中な時に、諦めるなんて考えない。

~楽な仕事は選べても、楽しい仕事は得られない~
仕事を、生活の糧か、人生そのものと考えるかは自由。でも、仕事の醍醐味や喜びは一生懸命にやった人にしか味わえない。1勝99敗でもいい。1勝の喜びを知った人は一生強い。

~誰にも出来そうなことを、誰にも出来ないくらいやる~
一見、平凡なことでも極めていけば非凡になる。愚直に、ただひたすらに。これが難しい。歴史上の偉人や英雄も出来ることをした人に過ぎない。ただし、徹底的に、継続的に。

~「運」を運べるのは、人しかいない~
時の運より、人の運。人は「何」をやるかより、「誰」がやるかで心が動く。働くとは、人が動くこと。偶然のような出会いも、奇跡的な出来事も人が動いたからこそ。一期一会。

~「有り難い」から、ありがとう~
本気で考え、行動していれば、奇跡的とも思える出会いや出来事が必ずおこる。それも、偶然よりも遥かに低い確率で。大事なのは、そのことに気づけるかどうか。偉人と言われる過去の先人達全員に共通する部分は、かけがえのない縁や恩に感謝する気持ち。「有り難い」その言葉の意味を抱ける人にだけ、次がある。

~失敗もできない人には、結局何もできない~
上手く、要領よく、怒られないようにする。それは失敗を恐れ、手抜きをし、言いわけを探すのと同じ。そんなお利口さんに、成功できるはずがない。だから上手くやるよりも、まずは全力でやってみる。失敗しない成功なんて、ないのだから。
内定から入社までのプレミアムコンテンツ 内定を受諾いただいた方のみ、
社長から毎日送られる当社の社訓を公開させていただきます。


「我が社の社訓、”非”公開中」

毎朝届く、一通のメール。
内容は、濱田がビジネスマンとして
これまでに学んできた教訓の全て、の一部ずつ。
読めるのは社員だけ。

社長の教訓、略して社訓。
老舗企業で言うところの家訓の様なもの。
そこには、人生を生き抜くためのヒントが散りばめられています。

キャリアは自分で築くもの。
それは、自分で気づくこと。
他人に教えるものでも、教わるものでもない。

理解、実践、実感。
3年後、5年後、10年後、圧倒的な差を生み出す、
社員だけに向けた一生モノの社訓、毎日更新中。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)