東京計器株式会社トウキョウケイキ

東京計器株式会社

【東証一部上場】 精密機器/計測機器/制御機器/B to B
  • 株式公開
業種 精密機器
機械/通信/半導体・電子部品・その他/輸送機器
本社 東京

先輩社員にインタビュー

東京計器レールテクノ株式会社 出向(技術部)
高原 出帆
【出身】電気通信大学  電気通信学部 知能機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 保線機器の機構部設計
保線機器、なかでも探傷(レールの傷さがし)機器の機構部設計を、三次元CADを用いて行っています。現在はお客様との共同開発製品を担当しています。お客様との共同開発では、作業現場に試作機を持ち込んで試験させていただく機会が多くあり、現場の声を直接聴くことができます。また社内では保線役務を請け負う工事部の社員たちから直接意見をもらうことができます。このように機器を扱う使用者の生の声をたくさん聴くことができるので、現場の目線に立った設計をするのにプラスになっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分のアイディアが形になり、お客様に使ってもらえること
お客様との共同開発に際して、当初は現行製品の設計を一部流用して設計を進めていました。ところがほぼ完成した頃になって、より良いアイディアの着想を得て設計を変更することにしました。限られた時間の中での作業に不安はありましたが、なんとか間に合わせることができ、以前よりも良い設計にすることができました。努力した甲斐あってお客様にも大いに満足していただけました。やはり自分のアイディアが形になり、お客様に使ってもらえるというのは設計者として誇らしくうれしいものです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社会基盤を支えるインフラに関わる仕事がしたい
社会基盤を支える数々のインフラ。インフラに関わる仕事がしたいというのが私の夢でした。貨物や旅客の大量輸送の要、鉄道インフラを支える鉄道保線。資源の多くを輸入に頼る日本の生命線ともいえる、海上交通インフラを支える舶用機器。東京計器はインフラを支える事業を多く持っているので興味を持ちました。決め手は会社の雰囲気です。上下の風通しがよく、若手にも重要な役割を割り当ててもらえるのでやりがいがあります。初めて共同開発の設計を任されたときは一年目の秋頃で大いに緊張しましたが、周りの先輩たちの指導や応援を受けながら設計を進め、最後にお客様に満足していただいたときの喜びは今でも忘れられません。
 
これまでのキャリア 保線機器の機構部設計(現職)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

しっかりと準備すれば、必ず良い結果が得られます。ESや自己PRなど、私も初めは何を書けばいいのか全く分からず、慌てふためいていました。落ち着いて考えれば自分が何を相手に伝えたいのか、自分の何を相手に知ってもらいたいのか、ちゃんと見えてくると思います。大学の就職支援室やOB会も活用すべきです。話を聞いてもらうだけでもずいぶん落ち着きますし、模擬面接やES添削などやってもらえることは何でもお願いしましょう。強い味方がいることは精神的に楽になります。

東京計器株式会社の先輩社員

油圧製品の販売

菊地 悠作
日本大学 理工学部 電気工学科

製品の装備調整、点検及び修理対応

計測機器システムカンパニー 技術部 カスタマ技術課 フィールド技術チーム
山口 康多
富山大学大学院 理工学教育部 機械知能システム工学専攻

船舶機器の回路設計

舶用機器システムカンパニー 技術部 第2技術課
中里 祐基
東京都市大学大学院 工学研究科 情報工学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる