森田建設 株式会社
モリタケンセツ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
建設
住宅/建築設計/商社(建材・エクステリア)
本社
大分
残り採用予定数
3名(更新日:2020/09/07)

私たちはこんな事業をしています

◆独自の技術で業界を席巻!
総合建設業というゼネコンと、型枠工事業というサブコンの両面を併せ持つ会社です。

公共・民間の幅広い建築物の施工を手掛け、有名建築家とのコラボ作品も多数!
「他にマネのできない独自の技術を確立する」というコアコンピタンス経営を実践し、
その一つ「アルミ合金を活用したシステム型枠工法(アルサップ工法)」は特許を取得。
型枠工事の概念を覆し、全国へと販売網を拡大しています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

コアコンピタンス経営を実践。独自技術で「地域貢献技術賞」受賞

「他社にはない自社独自の技術を確立する」という経営方針を掲げ、顧客満足度の向上を追求している当社。その具現化のひとつが、アルミ合金を活用したシステム型枠工法(アルサップ工法)です。従来の型枠といえば木枠が主流で、原木の伐採による環境被害や人材不足、建設コストの高騰、現場の安全性、CO2排出など、様々な問題を抱えています。そこで、木をアルミ製に変えることで、こうした諸問題を大幅に改善することができるのです。アルサップ工法は当社独自の技術として特許を取得。2014年には「第16回国土技術開発賞 地域貢献技術賞」を受賞し、大きな注目を集めました。現在では九州はもとより全国へと販売網を拡大しています。

事業・商品の特徴

技術力×発想力で、高難度のプロジェクトに挑む!

JR由布駅の隣にある「由布市ツーリストインフォメーションセンター」。全面ガラス張りとY字型の木材によるアーチが特徴的な建物は、世界的建築家、坂茂氏の設計です。この施工を担当したのが当社。福岡大学との産学連携で得たデータをもとに、なめらかな曲線を描く集成材を作成し、現地での建て込みに臨みました。曲線の梁や柱が織りなす柔らかい空間を作り出すためには僅かなズレも許されません。持ち前のチャレンジ精神で数々の難局を乗り越え、完成に導くことができたのです。建築家のイメージを形にする施工はハイレベルなものが多いのですが、培った技術力と柔軟な発想を得意とする当社にとって、まさに腕の見せ所!施工管理の醍醐味です。

社風・風土

一人ひとりの能力を最大限に引き出す教育環境

入社後は1ヶ月間の新人研修からスタート。建設業界のこと、会社のことをはじめ、社会人・企業人としての基礎や心構えを体得します。集合研修では30歳以下の社員を対象とした<ジュニア会>を半年に1回の頻度で実施。福岡大学の元教授が講師となってグループディスカッションや成果発表などを行っています。こうした研修を通じてやりがいを見いだしたり、自身の目標が明確になったり。参加者同士の交流が深まって一体感が生まれ、モチベーションの向上にもつながっています。また経営陣との距離が近いのも当社の魅力です。やる気がある人は社長の近くで学ぶことも、新しいことにチャレンジすることもできます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆技術系(建築技術)・建築施工管理

会社データ

事業内容 総合建設業というゼネコンと、型枠工事業というサブコンの両面を併せ持つ会社です。
◆総合建設業
┗ 建築工事業
┗ 土木工事業
┗ 型枠工事業


◆◇森田建設の特徴&魅力◇◆

有名建築家の設計による由布市ツーリストインフォメーションセンターやクアハウス、
小・中学校などの公共工事から美術館・寺社、病院、福祉施設、商業施設、
工場、アパート・マンション、個人住宅まで、幅広い建築物の施工を手掛けています。

また、型枠事業では、従来の木枠工法に変わる「アルサップ(ALSP2)」という新型枠工法を自社開発し、環境問題や人材不足、コストなどの課題解決に尽力!
2014年に「第16回国土技術開発賞 地域貢献技術賞」を受賞し、大きな注目を集めました。
これによって、経済産業省より「地域未来牽引企業」として認定されています。
九州の高層ビルのほとんどでは、「ALSP2」が使われているのです。


◆◇有名建築家とのコラボは、技術力・施工力の証! ◇◆

世界的建築家の坂茂氏、新国立競技場を設計した隈研吾氏の作品も手掛けています。
坂茂設計の「由布市ツーリストインフォメーションセンター」は
集成材の開発からスタートしたプロジェクトです。

\\その全貌はこちら//
http://www.moriken-gp.co.jp/yufu_tic.html


◆◇森田建設が目指していること◇◆

私たちが追求している「お客様満足度」の向上。
安全、品質、環境、コスト、工期の5項目を掲げ、
会社・社員・協力会社の三位一体活動に力を入れています。
例えば社長をはじめ社員による現場パトロールを実施することで、
安全の確認やコミュニケーションの充実を図っています。
大手企業では仕組みとして取り入れているところもありますが、
中小企業では、まだ珍しい取り組みです。
チームワークが不可欠な建築現場での円滑な遂行につながり、
「森田建設でよかった!」「現場監督がとてもいい!」など
お客様から評価をいただいています。
設立 1950年10月
資本金 5000万円
従業員数 100名(2019年10月現在)
売上高 102億円(2018年度実績)
代表者 代表取締役社長 大山 繁久
事業所 [本社] 大分県宇佐市大字長洲554番地の5
[福岡支店] 福岡県福岡市博多区東那珂2丁目14-6
[大分営業所] 大分県大分市仲西町1丁目14番14号
[熊本営業所] 熊本県熊本市中央区南千反畑町5-2
[筑紫野機材センター] 福岡県筑紫野市大字天山568-2
[吉井資材センター] 福岡県うきは市吉井町生葉399
沿革 ●1950年(昭和25年)
 10月/個人企業森田組として宇佐市にて創業
●1962年(昭和37年)
 10月/森田建設株式会社に組織変更
     資本金150万円
●1974年(昭和49年)
  5月/大分県関係工事で県土木部長受賞
●1988年(昭和63年)
 12月/資本金2,000万円に増資
●1997年(平成9年)
 9月/大分営業所開設
●2002年(平成14年)
 11月/大分県関係工事で県土木事務所長受賞
●2005年(平成17年)
 4月/福岡営業所開設
●2012年(平成24年)
 7月/熊本営業所開設
 4月/型枠部開設
●2013年(平成25年)
 11月/アルサップ(ALSP2)工法をNETIS登録
●2014年(平成26年)
 2月/大分県 経営革新計画承認
 4月/福岡大学と新技術開発に向けて産学連携検討会を発足
 7月/第16回 国土交通大臣 国土技術開発賞 地域貢献技術賞受賞
●2015年(平成27年)
 11月/(一社)全国建設業協会 技術研究発表会 優秀賞受賞
●2016年(平成28年)
 2月/(公財)新技術開発財団
     第96回(平成27年度第2次)
     新技術開発助成 契約締結
 7月/ISO認証取得
     [ ISO9001、ISO14001、OHSAS18001]
主要取引先 株式会社竹中工務店、株式会社大林組、大和ハウス工業株式会社、株式会社穴吹工務店、西松建設株式会社、川田工業株式会社 
大分県宇佐市
加盟団体 大分県建設業協会 宇佐支部
全国宅地建物取引業協会
大分県産業廃棄物処理業協会
川田工業(株)KBS施工代理店
ルネス工法施工代理店
2×4工法協会 正会員
CLT協会 正会員
ホームページ http://www.moriken-gp.co.jp
★プロジェクトの詳細や、実績を紹介しています。
アピール情報 #創造重視
#結果重視
#調和重視
#秩序重視
#建築土木

連絡先

「所在地」 本社:大分県宇佐市大字長洲554-5

「電話番号」 0978-38-0271

担当:吉田もしくは森田まで
掲載開始:2020/03/01

森田建設 株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

森田建設 株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)