株式会社グラフィックグラフィック

株式会社グラフィック

【建設コンサルタント/測量/地質調査/インフラ事業】
業種 建設コンサルタント
コンサルタント・専門コンサルタント/その他サービス/建築設計/建設
本社 長野、東京

先輩社員にインタビュー

技術部
土田 貴史(24歳)
【出身】新潟大学  理学部 地質科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 出来ることが増え、仕事が楽しくなってきました!
現在は、主に地質調査を担当しています。大規模な高速道路の調査では、ボーリング調査を担当。土を掘削して1m毎に土のサンプルを採取します。使用する薬液の決定や、遮水壁がどの深さまで必要なのかを判断するための調査です。思うように調査が進まない時にどうするかや、報告書によって今後の工事内容が決定されると思うと、責任を感じるとともに、やりがいを感じました。お客様との打ち合わせでも、日々、業務知識と経験を積むことで、より良い提案ができるようになってきました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
過去を探り、未来の街を創り出す!
何かを建設するには欠かせない地盤調査。それは、はるかなる時を経て堆積した過去の情報です。形・質・量を明らかにする地質調査は探求心旺盛な自分にはぴったりの仕事だと思います。安全なものを造るための調査ですから、うまくいった時、お客様に喜ばれた時、構造物が完成した時には、自信となり、やりがいを感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 興味・仕事の幅が自分の希望と一致していたから。
私は大学で地質学を専攻しており、働くとしたら土木業界だろうとなんとなく考えていました。
多くの企業は、1つの業務に特化してスペシャリストになってほしいという考え方でしたが、
自分にはピンときませんでした。
就活中の自己分析などで、自分が「好奇心旺盛だ」ということにあらためて気づき、それを充たしてくれるような企業を探す中で、グラフィックに出会いました。
グラフィックは調査や測量、設計、施工管理などの多くの業務を取り扱っており、
社員次第で単一の業務のみではなく他の業務にも携われるという、
まさに私の好奇心を刺激する、私に合った企業だと思いました。
 
これまでのキャリア 技術部(測量→地質部門へ)

この仕事のポイント

職種系統 コンサルタント・研究員
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就活中に様々な業界を研究することで視野を広げ、自分のやりたい事、興味を明確にすること。そして自分がどんなふうに活躍したいかイメージをより明確にしていくこと。そうすれば入りたい会社像が見えてきます。後は出会いとマッチング。入社したい会社があれば、誠意と情熱で気持ちを伝えてください!

株式会社グラフィックの先輩社員

工事用設計図・計算書の作成。実施工に合せた図面、計算書の変更など

技術部
小笠原 秀征
名城大学 農学部生物環境科学科

大きなプロジェクトの一員として・・・

技術部
秋澤 雄太
日本大学 文理学部地球システム科学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる