サミット株式会社
サミット
2021

サミット株式会社

食品/小売業/スーパー/販売
業種
スーパー・ストア
その他サービス
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

サミットは東京を中心に埼玉、神奈川、千葉に115店舗を展開する、住友商事100%出資の食品スーパーマーケットです。
食料品を中心に、地域のお客様のために、日常の食事の材料を取り揃えています。
食生活に欠かせない商品を提供するという大切な使命を持ち、当社の経営理念である「嘘の無い仕事」を貫きます。
只今インターンシップを開催しています!みなさんのエントリーをお待ちしています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

毎日の笑顔は「嘘の無い仕事」から

サミットの生みの親は、住友商事です。この住友商事が属する住友グループには、長年にわたり受け継がれてきた住友の事業精神があります。それは≪信用を重んじ、いやしくも浮利を追わず≫というものです。サミットではこれを今の時代に合わせて、企業を取り巻くすべての人々に対して≪嘘の無い仕事≫をすることと置き換え、経営理念として貫いています。お客様に対して品質などのごまかしをしない≪嘘の無い商売≫。お取引先様に対して、購買力に物言わせるような強引な取引をすることのない≪誠実な対応≫。そして社員に対してもごまかしをしない≪公正な処遇≫。これらを貫き、社員一人ひとりが生き生きと働ける環境を築いています。

戦略・ビジョン

サミットが日本のスーパーマーケットを楽しくする

お客様から、「サミットがあって良かった」と言っていただける商品・サービスを提供し続けることが、弊社の使命だと考えております。お客様に安心・安全な商品を提供させていただくことはもとより、お客様がワクワク・ドキドキ楽しんで買物をしていただけるお店であるよう努力しております。そのためには、社会環境の変化にきちんと対応し、その時代にあった商品・サービスを考え提供するために、絶えず切磋琢磨することが重要だと考えます。お客様がお買物をしやすく、そして楽しくなるような売場を作るため、従来の売場とは大きく変更し、お客様一人ひとりと向き合う店舗作りを実施します。

会社データ

事業内容 食品スーパーおよびその他生活関連商品の小売チェーン
設立 1963年7月29日
資本金 39億2000万円
従業員数(正社員のみ) 2243名(2019年3月現在、正社員のみ)
売上高 2019年3月期/2729億75百万円
2018年3月期/2658億31百万円
2017年3月期/2567億54百万円
2016年3月期/2460億43百万円
2015年3月期/2352億 2百万円
代表者 代表取締役社長 竹野 浩樹
事業所 本部/東京都杉並区
店舗/スーパーマーケット115店舗(東京都83店舗、埼玉県14店舗、神奈川県14店舗、千葉県4店舗)(2019年5月現在)
経常利益 2019年3月期/77億38百万円
2018年3月期/76億34百万円
2017年3月期/65億29百万円
2016年3月期/63億52百万円
2015年3月期/44億86百万円
平均年齢 36.0歳
(2019年3月現在、正社員のみ)
部門別売上構成比 2018年3月期実績
生鮮食品    46.6%
一般食品    47.9%
家庭用品     5.2%
その他        0.3%  合計 100.0%

 ※生鮮食品には総菜、ベーカリーの売上高が含まれています
沿革 <1963年> 
米国のセーフウェイ社と住友商事の提携で設立
1号店(野沢店)を東京都世田谷区野沢に開店
<1976年> 
CIS(コーポレートアイデンティティシステム)を導入
<1978年> 
消費者モニター制度を導入
<1983年> 
ベーカリー事業に進出
<1985年> 
POSシステム導入
<1989年> 
キッチンサービスコーナー新設
<1993年> 
当時、首都圏最大級のSM王子店をオープン
<1996年> 
故伊丹十三監督、映画「スーパーの女」の製作に全面的に協力
当社初のハートビル法認定店舗菊名店開店
<1997年> 
新人事制度導入(年功的制度から実力主義へ)
<1998年>
新POSシステム導入   配達サービス開始
<1999年> 
ポイントカードサービス開始
硬貨紙幣一体型自動釣銭機(レジ)を全店に導入
高井戸東店で電子棚札を導入
<2000年> 
サミットホームページを開設
<2001年> 
ポイントカードを全店に導入
<2002年> 
サミットビジョン実験導入
おさかなキッチンコーナーを開設
<2003年> 
ドラッグ事業に進出
<2005年> 
初の1,000坪タイプ店の東寺方店を開店する
サミット株式会社「ISO14001」の認証を取得
<2006年> 
初の自社開発ショッピングセンター「グリーンマークシティ保木間」をオープン
山梨県丹波山村にて森づくり体験活動を開始
<2007年>
杉並区と協力して、レジ袋の有料化実験を成田東店で実施
セルフレジを戸田公園駅店に実験導入
練馬区と「災害時における応急物資の優先供給等に関する協定」を締結
<2008年>
新人事制度導入(エキスパート社員、キャリア社員区別を新設。併せて、シニアパートの定年を70歳まで延長)
<2009年>
一部店舗にて電子マネー「Suica」の利用開始
(株)和郷の協力により、野菜くず循環型リサイクルの取り組みを開始し、5店舗で販売を開始する
<2010年>
第30回新商品人気コンクール記念感謝式をセルリアンタワー東急ホテルで開催する
<2011年>
新MDを導入した次世代型実験店「成城店」開店(100店舗目)
流通BMSの導入を開始する
<2012年>
草加物流センターを開設する
<2013年>
創業50周年記念式典「私達の明日へ」をさいたまスーパーアリーナにて開催。
「スーパーマーケットミュージアム」期間限定開催(2013年11月20日~2014年1月26日)
<2014年>
新所沢物流センターを開設
「サミットファンの歌」プロモーションビデオを作成、公開する
山梨県丹波山村にて農業活動を開始
<2015年>
第3次新MD店舗として東中野店開店
新「サミットイメージビデオ」完成
山梨県丹波山村に「サミットファーム」開設
<2016年>
第4次新MD店舗として立川市に羽衣いちょう通り店を開店
<2017年>
「サミット チラシ」が「Yahoo!検索大賞2017ローカルカテゴリー東京都部門賞」受賞
<2019年>
毎月入社可能な「通年採用」を実施
採用担当者からのメッセージ1 「サミットが日本のスーパーマーケットを楽しくする。」
言葉では簡単だが、実際には非常に難しい。
生鮮食品の総菜化、ハイタッチな接客…
サミットが目指す所は、ただ単に食材を提供するだけではなく、お客様に寄り添った、
みんなに愛される店舗作りをしています。
また、働きやすさの追求も忘れてはいません。
社員が幸せでなければ、お客様に笑顔は届けられない…そんな思いで、「ライフワークバランス」に、本気で取り組んでいます。
採用担当者からのメッセージ2 サミットは生鮮食品を主体とするスーパーマーケットを首都圏で115店舗展開しています。
業界内では、独自の鮮度管理システムなど開発力に定評があります。また、言語化された経営で共通認識を高める「バーヴァル・マネジメント」や科学的分析で効率的な管理運営を実現する「L.S.P.(Labor Scheduling Program)」など革新的な経営戦略で成長しています。
最近は「新MD(マーチャンダイジング)」として、お客様の満足を追求するべく、新しい販売方法にチャレンジしています。
採用担当者からのメッセージ3 みなさんは自分の10年後、20年後を思い描くことができますか?
大半の方は、現時点では難しいのではないでしょうか?
働き盛りの30代、40代で自分がどんな仕事に就いているか?どんな役割を担っているのか?
少し考えてみて下さい。それを思い描くことのできる会社が、自分に合っていると言えるのではないでしょうか。
サミットは、そんな会社を見つけるきっかけになればいいと思っています。
関連会社 (株)サミット・コルモ(衣料品店舗)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)