金森産業株式会社カナモリサンギョウ

金森産業株式会社

金森産業グループ
業種 商社(総合)
商社(化学製品)/コンサルタント・専門コンサルタント/機械設計/化学
本社 富山

先輩社員にインタビュー

専務取締役
東海一弥(64歳)
【出身】立命館大学  法学部 法律学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 主には営業統括です。社員が業務に専念できる環境作りを心がけています。
40年前に入社以来、殆んど営業畑で過ごしてきました。大阪営業所勤務を皮切りに、本社合成樹脂部、40歳の頃に工業薬品の部署に移動となり、東京など首都圏の仕入先様やお客様との付き合いが始まりました。当初商材や、お客様に馴染みが無く戸惑いましたが、今では広く化学のみならず、幅広い知識の習得に役立ち、会社人としてのスキルアップに繋がったと感謝しています。海外進出を視野に入れ、25年前にはシンガポールに2年ほど通いました。今は会社全体を統括する立場となり、第一線に立つ部下達をサポートすることが私の役目です。長年営業として、沢山の人や会社に接しいろんな経験を積ませて頂けた事からこそ、ノルマで縛るのではなく、新しい感覚・価値観でいろいろな商材・ビジネスモデルにチャレンジしていって欲しいと思っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
何よりお客様から感謝の言葉を頂いた時です
自動車、建材、家電、医薬品、環境…、簡単には挙げきれないほどさまざまな業種のお客様とのお取引があります。どのものづくりにおいても、試作から始まり最終製品になるまで、あらゆる工程を経て完成に至ります。その中で(ほんの一部門であっても)、我々が持っている情報・商材を提案し、そのものづくりのお役に立てること、つまり「人と技術をつなぐパートナー」として、あらゆる製造現場の“橋渡し”をすることが我々の役割です。結果としてお客様から「おかげで上手くいったよ。」と感謝される事が一番の喜びです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 時代の流れを汲み、社員の個性に応じて柔軟な対応ができる自由闊達な雰囲気
当時の専務で親戚でもあった方から、「創業100年以上の歴史があり、安定した経営内容を誇る化学品の専門商社だ」と教わり入社しました。先々代の金森伊平社長(現相談役)時代に入社し、米男会長から現洋平社長まで、三代の社長に仕えてきました。勿論営業方針の食い違いや案件の解釈で意見が合わないことも多々ありました。しかしながらその時々で、次の時代を見据えた適切な判断と寛容さで幅広い業種のお客様との付き合いを築けて貰えたからこそ、今の金森産業があると感じています。社員一人ひとりの特徴・良さを生かし、新たな挑戦をし続ける姿勢を支える事ができる体制が当社の魅力だと思っています。
 
これまでのキャリア 入社40年目

この仕事のポイント

仕事の中身 企業経営について、コンサルティングしていく仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 経営者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

何より自分自身を再度見つめ直す良い機会だと考えて活動してみて下さい。色々な情報や会社規模の大小に拘らず、自分の視点・感覚で自分の優れていると思うところをちゃんと生かして貰えると感じる会社を探してみる事が大事だと思います。

金森産業株式会社の先輩社員

既存商材とデジタルの融合で、新たな可能性を生み出す

事業開発室
松本祐介
クイーンズランド大学(オーストラリア) ビジネス経済法律学部 インターナショナルツーリズム学科

建材や自動車部品、医薬品など多彩な企業が求める“もの”を届けています

本社薬品部
村牧 祐亮
中京大学 経済学部 経済学科

担当のお客さまを定期的に訪問しながら商品を提案しています

福井営業所
柳瀬 幸造
福井工業大学 工学部

お客さまのものづくりのお手伝い

富山(営)薬品部 / 事業開発室
杉本 茂
富山国際大学 人文学部

鋳物・金型のものづくりに一役。新規開拓にも挑戦

鋳材部
南昌志
専修大学 経済学部 経済学科

石川・富山エリアで、染色材料をメインに販売

金沢営業所 染料部
鶴見裕太
富山大学 経済学部 経済学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる