株式会社トマルトマル
業種 農林
食品/商社(食料品)/その他サービス/その他製造
本社 群馬

先輩社員にインタビュー

養鶏部 タチバナファーム
右島 信太郎
【出身】前橋工科大学  工学部 生物工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 みなさんの食卓に並ぶ高栄養価の『たまご』の生産者
多くの日本人がほぼ毎日口にしている「たまご」、その卵を産む鶏の飼養管理の仕事をしています。鶏の産卵能力を最大に引き出せるような最適な環境を作り、安全・安心・高品質の卵をお届けできるよう、環境管理、設備管理、記録管理などを行っています。農場管理は、鶏や設備の状態を歩いて観察するのが基本で、異常があった場合は根本から改善していかなければいけません。またその他にも、日々発生する鶏糞を処理し、環境に良い堆肥にする仕事もあります。環境や地域貢献のための大切な仕事です。
大学の研究やアルバイトではまったく経験してこなかった業界に入り、入社後はすべてが初めてでした。覚えることも多く大変でしたが、今では自分の農場の卵が多くの家庭の食卓に並ぶということがやりがいになっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
頑張りは成績に表れます。たった1%、0.1%…それが非常に大きい!
以前、ヒビ卵が多く発生する問題を抱えた事業所に配属になったことがありました。ヒビが入った卵はB級品として安く取引きされてしまい経済的に大きな問題となります。そこで、農場長だけでなく、工務部、本社など多方面の方に相談し、どこでなぜヒビが発生するのかを細かく調査しました。そこから、徐々にヒビの問題が数字として実感できる形で改善していったのです。たった1%の改善と思うかもしれませんが、卵の個数にすると何千個にも何万個にもなり、会社の利益に大きく影響してきます。
設備投資にも積極的な当社だからこそ、一人では解決できない問題に取り組めたと思いますし、改善が数字に表れることで、会社への貢献も実感できることが、とてもうれしいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大好きな卵、そして成長を続ける企業
地元、食品会社、体を動かす仕事という事で、トマルを選びました。
入社後は現場研修を経て農場へ配属となりましたが、学生時代のイメージとはまったく異なり、本当に幅広い仕事をこなす必要があることに驚きました。
最初は覚えることがたくさんありますが、新しいことを覚えていくことで自分の成長を実感できます。現場では経験豊富な先輩社員や上司もたくさんいますし、会社としても研修会や勉強会などの機会をたくさん設けてくれます。人材育成に積極的なところも、トマルの魅力の一つだと思います。
 
これまでのキャリア 2013年入社→養鶏部 西ハルナファーム配属→2016年4月 主任に昇格→2016年6月 養鶏部 間野農場に着任→2018年4月 養鶏部タチバナファーム 場長代理に着任→現在に至る。

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 動物と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は面接が苦手でいつも緊張してうまく話せませんでした。最近は会社説明会で先輩社員としてみなさんとお話しすることがありますが、今でも人前で話すときは緊張します(笑)
ただ、緊張することは面接官もわかっているし、悪いことではありません。「これだけは伝えたい」ということを、緊張しながらでも話すのが大事だと思います。

株式会社トマルの先輩社員

スーパーなどの量販店に並ぶ卵をパック詰めしています。

養鶏部 みさとパッキングセンター
傳住 梢
岩手大学 農学部 動物科学課程

産まれたばかりのヒヨコを大人の鶏になるまで育てています。

育成部 善地育成場 場長
逆瀬川 翔太
関東学園大学 経済学部 経営学科

良い産卵成績をだすために、スピーディーにやるべきことを実行します。

大室農場 養鶏部 次長
島崎 拓郎
帝京平成大学 情報学部 文化情報学科

衛生や効率とともに、作業員の事を考えてパック卵を製造します

白岡エッグステーション
柴崎 夏紀
東京農業大学 農学部 畜産学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる