東海マツダ販売株式会社
トウカイマツダハンバイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

東海マツダ販売株式会社

<マツダ100%出資>
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
商社(自動車・輸送機器)
専門店(自動車関連)/損害保険
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

車の運転が大好きな方たちのために、自分たちが退屈だと思うクルマをつくらない。
マツダブランドの価値を明確にして一貫した取り組みを行っていく。
ひとりひとりが革新・共創・挑戦する風土を醸成していくことが重要だと考えています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

働きやすさも変革を続けます

愛知・岐阜・三重県を営業エリアとする当社はマツダグループの中でトップクラスの業績を誇り、労働環境だけでなく評価制度や待遇など、働きやすい環境づくりを進めています。ワークライフバランスへの取組みにも積極的で休暇を取得していない社員に対して休暇取得を促す指導を行っている程です。会員制リゾート施設をはじめとした福利厚生サービスも充実させており、マツダブランドの推進に社員が誇りを持って取り組めるよう会社自身も変化を続けています。

戦略・ビジョン

マツダブランドと共に己を磨く

半年につき2回、自分で立てた目標に対しフィードバックを行うキャリアミーティングでは、上司と対話を交えながら自身の「成長」と「活躍」を見直しています。会社側が期待する事と、あなたが描く成長した将来像をすり合わせる事で自立した自己啓発を促すことが目的ですが、深く話し合う時間のおかげで「社内の風通しが良くなった」と嬉しい副次的効果も起きています。マツダブランドと共に自分を磨いていくような、主体的に動いていく人間に成長してくれたらと願っています。

社風・風土

マツダ流営業の真髄

マツダの営業とはなにか。それは「選び続けてもらえる人」になることだと考えます。お客様の接点となるのはディーラーではありません。営業職の人間です。「この人からクルマを買おう」「この人だから買い続けよう」と思われるようになって欲しい。そのために営業職の方はM式(マツダ営業方式)を学んで頂きます。自分の言葉で自発的にしゃべれるよう、いくつもパターンを引き出しの中に入れていく。営業内の専門部門で1年間ブランド価値を高めるための知識の引き出しを身につけていただきます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

MAZDA2、MAZDA3、MAZDA6、CX-3、CX-5、CX-8、MAZDA ROADSTERなど、常識を覆すような技術革新とブレークスルーから生まれた「SKYACTIV TECHNOLOGY」というマツダ独自技術を搭載したクルマを提案します。アベレージのクルマではなく、世界一を目指すスピリットのもと、他と同じものは作らない。他と同じ仕事はしない。それがマツダの面白さ。東海マツダだからこそ提供できる価値を、ともに創造していただきたいと思っています。

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応】 【会社説明会開催中止のお知らせ】
 東海マツダではこれまで、新型コロナウイルス感染症の状況を注視し、会社説明会
 実施に向けて、学生の皆さまに安心して来場いただける手段を最大限検討してまい
 りました。
 しかし、学生の皆さまの健康や安全面等を第一とした結果、当面の間、会社説明会
 を中止とさせていただく判断にいたりました。
 再開が決まり次第、当社にエントリーされた皆様にはご案内申し上げますので、
 今しばらくお待ち下さい。

【会社訪問時における新型コロナウィルス対策へのご協力お願い】
  当社にてうがい薬を用意いたしますので、会社訪問時には、うがい、手洗いの
  実施協力をお願いしております。
  また、マスクを持参できる方は、マスク着用での面談は可能です。
事業内容 東海3県に店舗展開しているマツダ系自動車ディーラーです。ショールームでの店頭販売と顧客代替を中心にマツダブランドの新車及び中古車販売を行なっています。
また、お車を長く快適で安心してご使用して頂けるよう、常に安全な状態を保つために必要な点検・車検や突然の故障や不具合が発生したときに元通り運転できるように修理を行う整備業務、万が一の事故に備える自動車保険のご提案・ご契約等、トータルでサポートできる体制を整えています。
設立 2000年7月1日
資本金 21億1000万円
従業員数 1,478名/男性1295名、女性183名(2019年3月末実績)
売上高 709億円(2019年3月)
代表者 代表取締役社長 斎藤 康浩
事業所 ■■愛知県/41店舗■■
<名古屋地区>
雁道店、城西店、中村店、緑店、中川八田店、昭和橋店、大慶橋店、北店、茶屋ヶ坂店、一社店、名古屋インター東店、島田橋店、徳重店
<知多半田地区>
横須賀店、常滑店、半田店、半田武豊店
<尾張地区>
尾張旭店、春日井店、勝川店、小牧店、江南店、一宮店、尾西店、名岐店、津島店、甚目寺店
<三河地区>
豊明店、三好店、刈谷店、刈谷日高店、三河安城店、新安城店、西尾駅前店、西尾店、岡崎店、竜美ヶ丘店、豊川店、豊橋店、向山店、豊橋南店

■■岐阜県/14店舗■■
岐南店、市橋店、長良店、サンブリッジ本巣店、大垣店、大垣バイパス店、関店、各務原店、可児店、多治見店、土岐店、恵那店、郡上店、高山店

■■三重県/13店舗■■
桑名店、羽津店、四日市店、日永店、鈴鹿安塚店、鈴鹿中央通店、津店、松阪店、伊勢店、志摩店、尾鷲店、上野店、名張店
経営利益 29億円(2019年3月期)
29億円(2018年3月期)
35億円(2017年3月期)
47億円(2016年3月期)
32億円(2015年3月期)
39億円(2014年3月期)
34億円(2013年3月期)
23億円(2012年3月期)
15億円(2011年3月期)
沿革 1934年 株式会社東洋製作所 設立
1939年 マツダモータース 開業
1951年 株式会社三重マツダモータース 設立
1955年 愛知マツダ株式会社に社名変更
      岐阜マツダ株式会社 設立
1959年 株式会社マツダオート名古屋 設立
      株式会社マツダオート岐阜 設立
      株式会社マツダオート三重 設立
1965年 三重マツダモータースから株式会社三重マツダに社名変更
1991年 マツダオートチャネルがマツダアンフィニに変更
1999年 三重マツダとマツダアンフィニ三重が合併
2000年 愛知マツダ・マツダアンフィニ名古屋から営業譲渡を受け「東海マツダ販売株式会社」となる
      岐阜マツダとマツダアンフィニ岐阜が合併し新岐阜マツダ販売株式会社となる
2003年 東海マツダ販売と三重マツダが合併
2009年 東海マツダ販売と新岐阜マツダ販売が合併
      愛知・三重・岐阜3県をカバーするネットワークを確立
2014年  創業80周年
      新コンセプトの販売店「新世代店舗」を展開
2014年  桑名店グランドオープン
2015年  勝川店グランドオープン
      中村店グランドオープン
2016年  可児店グランドオープン
      刈谷店グランドオープン
      甚目寺店グランドオープン
2017年  日永店グランドオープン
      竜美ヶ丘店グランドオープン
      長良店グランドオープン
      一社店グランドオープン
2018年  島田橋店グランドオープン
2019年  岡崎店グランドオープン

連絡先

東海マツダ販売 株式会社
〒467-0861
愛知県名古屋市瑞穂区二野町3番18号
TEL:052-872-8131
採用担当・黒野 修(人事総務部 採用グループ)
掲載開始:2020/03/01

東海マツダ販売株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

東海マツダ販売株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)