エース株式会社エース

エース株式会社

ACE/プロテカ/旅行かばん/スーツケース/メーカー/専門商社
業種 商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)
アパレル・服飾・雑貨・皮革製品/専門店(服飾雑貨・繊維製品・貴金属)
本社 東京

先輩社員にインタビュー

海外事業部
柳澤 智志(26歳)
【出身】青山学院大学  経済学部 経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 日本が誇る高性能な鞄・スーツケースを、世界中に広げる仕事。
入社4年目にして、かねてからの目標だった海外事業部への配属が実現しました。マレーシア・タイ・フィリピン、そしてイタリアという、風土も文化も異なる4か国をメインに、商品の提案から輸出業務、マーケティングサポート、修理のアフターサービスまで、一連の営業活動を手掛ける充実した日々を送っています。それだけではありません。年2回の展示会では海外からお客様を招き、新製品や新たなブランドの商談を行ったり、海外での新店舗オープンの際は、現地へ出張し販売体制を整えるなど、大きな裁量のもと、自分の力を試すことができています。[日本のエースから世界のエースへ]と、会社全体が果敢にチャレンジしている風土の中、私たち若手社員も、世界を股にかけた仕事を楽しんでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
各国の事情を学び、販売戦略を考え、ヒットを生み出す。
海外事業部に配属された当初は、ずっと闇雲な商品提案を続けていました。しかし、担当国へ出張し、現地を見ていく中で、自分が売ろうとしていたものと、その国で求められるものの乖離に気づいたのです。当たり前ですが、マレーシアにはマレーシアの、イタリアにはイタリアの特性があります。私はそれを理解するため、各国の販売代理店とのコミュニケーションを深めることをより強く意識しました。その結果、市場にあった適正な商品を提案できるようになっています。この仕事をしていて大きな手応えを感じるのは、商品を代理店に購入していただき、現地で実際にお客様に愛用されている姿を見た時です。海外を相手にした営業というのは、ただ売るだけではない、その国ごとの文化を理解する仕事なのだと実感できるのです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「海外を舞台に活躍したい」という夢が叶う場所。
私がこの会社に入社を決めた理由は2つあります。1つ目は、エースは日本の鞄業界におけるリーディングカンパニーであるという点です。自社ブランドである『ace.』『Proteca』の他にも、『ゼロハリバートン』『オロビアンコ』といった、誰もが知っているような有名ブランドを数多く抱え、業界内で大きな存在感を持つエースだからこそ、出来る仕事があると考えました。2つ目の理由は、エースが海外への販路拡大を目指していた点です。私は学生の頃から、海外を相手に仕事をしてみたいと考えておりましたが、入社4年目、20代半ばにして望んだ舞台に立つことができています。年次が浅い段階でも、会社の成長に自らの手で関われる環境は、とても大きな自信を与えてくれました。
 
これまでのキャリア 百貨店営業(1年半)→経営戦略本部(1年半)→海外事業部(1年)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は大変なこともあるかとは思いますが、自分自身を見つめ直す良いきっかけにもなります。また、様々な業種や企業、社員の方々に出会える良い機会なので、ぜひ色々な選択肢を見て欲しいと思います。変に着飾って面接を受けるよりも、自分の言葉で伝えた方が、企業にとってもあなたにとっても、良い結果に繋がるはず。自分にあった企業に出会えるよう、応援しております!

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる