品川リフラクトリーズ株式会社シナガワリフラクトリーズ

品川リフラクトリーズ株式会社

東証一部・札証/耐火物
  • 株式公開
業種 ガラス・セラミックス
機械/設備・設備工事関連/鉄鋼/非鉄金属
本社 東京

先輩社員にインタビュー

西日本工場 岡山製造部 技術室
吉岡 宏樹
【出身】自然科学研究科 物質生命工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 定形耐火物の製造プロセス開発と材料設計
現在、主に定形耐火物の製造プロセス開発業務に携わっています。
大学で扱っていたファインセラミックスと比べて耐火物の評価サンプルはずいぶん大きいと感じていましたが、工場で扱う製品はさらに大きくなります。例えば製品重量が数トンに及ぶようなものは、少し動かすだけでもフォークリフトやホイストクレーンが必要となるなど、製造工程には様々な課題が生じます。
また、毎日工場内で働いているわけではありません。国内外問わず、製品をご使用いただくお客様の工場へ出向く機会も多くあります。耐火物の施工や解体の現場に立ち会い、自分の目で観察することが重要だと思います。これが材料設計の参考になる発見に結び付くこともあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
耐火物の開発から製品化まで担当したこと
以前所属していた技術研究所で、入社以来ある新規開発品の製品化を担当していました。
大型の製品を開発するとなると、実験設備での小型サンプルの作製では分からない課題が生じます。そのような課題を確認するため実際の製造設備で試作品製造を行います。研究所の仕事は一人で担当することが多いのですが、試作品製造の場合は他部門の設備を用いるため、関係部署の担当者と事前にしっかりと打ち合わせして準備することが大切です。
現在所属している製造部門では、品質の安定、生産の効率化のため製造条件について引き続き検討しています。一つの製品を開発から製品化まで一貫して担当させてもらえることはやりがいがあります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 耐火物専業メーカーであること
大学の研究室ではセラミックスの製造プロセスについて研究しており、セラミックスなどの無機化学の知識を活かせる仕事をしたいと思っていました。就職活動中はセラミックス、ガラス、鉄鋼などの素材メーカーを中心にいろいろな企業の工場見学や就職説明会に参加していましたが、就職活動を進めるうちに耐火物業界について知りました。もし、研究室の先輩から勧められていれば、もう少し早くたどり着いていたかもしれません。
耐火物は高温の熱処理設備には必ず使用されていて様々な素材メーカーにも深く関わっています。また、品川リフラクトリーズは耐火物専業であるため、どの部署に所属してもセラミックスの知識が活かせそうだと思い選びました。
 
これまでのキャリア 技術研究所 第1研究部(4年間)→西日本工場 岡山製造部 技術室(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

いろいろな業界の工場見学をしたり、会社説明会で話を聞いたりできるのは就職活動の時期だけだと思います。ぜひ自分の専攻と関係のない業界もいろいろ見てみてください。自分の目で見て、自分の感覚を大切に就職先を選んで下さい。

品川リフラクトリーズ株式会社の先輩社員

売るだけじゃない営業、商品の売込みからアフターフォローまで。

第4営業部 関東営業所
青山 熱
法律学部 法律学科

工場の経理担当として、原価計算や工場決算などを担当。

西日本工場総務室 経理チーム
矢野 佑一
国際政治経済学部 国際政治学科

耐火物を使用した装置の設計・開発

設備管理部
高田 敦
工学部 機械工学専攻

耐火物の改良、新製品開発

技術研究所 第3研究部
神村 奏恵
理学院 自然史科学専攻

耐火物を用いた溶鉱炉の補修工事、施工管理業務

エンジニアリング事業部 倉敷事業所
植田 拓也
生命体工学研究科 生体機能専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる