福島県
フクシマケン
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

福島県

【福島県庁】
  • 正社員
業種
公社・官庁
本社
福島

先輩社員にインタビュー

土木部 土木企画課 ※所属は2020年3月現在
森口 壮一郎 (土木)
【年収】非公開
これが私の仕事 福島の未来を形作る!
土木企画課は、土木部の施策や事業の総合調整を行っており、いわば土木行政の舵取り役を担っているところです。その中で私は、市町村からの道路や河川整備に関する要望への対応や土木部の長期計画「ふくしま県土づくりプラン」の策定業務をしています。
土木部として地域のために何ができるのか、長期計画により今後の土木行政をどのように進めるのかなど、県全体を見渡して業務を行えることにやりがいを感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
本庁と出先機関それぞれにやりがいがある!
出先機関では担当した工事が形として残ることと、地域の方から喜ばれることにやりがいを感じました。そして、工事中の困難な課題を施工会社の方や上司と一緒になって乗り越えた経験は、今では自信に繋がっています。
一方で、本庁では土木部としての方針や施策の決定に関われるため、県内への影響が大きい業務に携わっていると感じています。全体を統括し、長期的な視野を持つことが必要であり、難しい業務も多いですが、自分の考えを反映できる面白さがあります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地域の安全と安心を守る仕事!
はじめは「福島県のためになる仕事がしたい」という漠然とした想いだけで、土木職を選んだ理由は「ものづくりが好きだから」という単純なものでした。しかし、採用1年目に東日本大震災を経験し、その後の復旧・復興業務を進めていく中で、住民の不安の解消や地域の課題の解決ができる土木職の仕事に誇りを持つようになりました。
これからも土木職としての技術力を身に付け、地域の安全と安心を守るという使命感を持って業務を行っていきたいと思っています。
 
これまでのキャリア 相双建設事務所事業部河川砂防課(2年)/相双建設事務所企画管理部企画調査課(1年)/福島県道路公社(1年)/国土交通省東北地方整備局(2年)/土木部技術管理課(1年)/土木部土木企画課(3年目・2020年3月現在)

この仕事のポイント

職種系統 地方公務員
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

現在、土木部では「ものづくり」だけではなく、観光のための「活用」や次世代の子どもたちが安全に生活できるための「維持管理」も重視していく転換期を迎えており、新しい技術や取組にもチャレンジできる環境にあります。
一人ひとりの思いがこれからの福島県を形作っていきますので、みなさんと一緒に仕事ができることを期待しています!

福島県の先輩社員

東日本大震災の経験を踏まえ、災害に備える!

危機管理部 危機管理課 ※所属は2020年3月現在
佐藤 克哉 (行政事務)

安全・安心で美味しい農作物の産地形成!

相双農林事務所 農業振興普及部 地域農業推進課  ※所属は2020年3月現在
藤家 良輔 (農業)

子どもと家族の未来を支える!

会津児童相談所 相談判定課 ※所属は2020年3月現在
高橋 萌 (福祉)

掲載開始:2020/03/01

福島県に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

福島県に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)