株式会社SUBARU
スバル
2021
  • 株式公開
業種
自動車
輸送機器
本社
東京

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

存在感と魅力ある企業へ

SUBARUが目指すのは「存在感と魅力ある企業」。自動車をはじめとする総合輸送機器メーカーとして、「SUBARUらしさ」のつまった固有の商品・価値観を提供しています。世界市場における企業価値・ブランド価値を更に高めるため、選択と集中により弊社の強みを活かし、快適と安全と地球環境の融合を目指した商品を展開いたします。そこでは、今まで以上の「お客様第一主義」を徹底することで、きらりと光る存在感・際立つ価値を提供していきます。

事業・商品の特徴

こわだりあるSUBARUらしさを代表する技術と商品

「モノづくりの本質を常に追求する」という思いを社員全員が共有。その想いが重なり合って「スバルブランド」はつくり上げられています。失敗を恐れずにチャレンジできる風土。若手のうちから様々な仕事を任せられ、経験の幅を広げて自己成長ができる環境。自由な発想が生きる活発な議論。検証を繰り返しながら、技術開発を進める実証主義。徹底した信頼性・耐久性へのこだわり。こうして技術系も事務系も一丸となって、クルマづくりを行っています。

会社データ

事業内容 現在SUBARUでは、自動車と航空宇宙カンパニーの2つの事業を展開しております。

●自動車部門
SUBARUブランドで知られる自動車部門は1958年のスバル360発売以来、日本の自動車産業の発展に寄与する独創的なクルマを生み出してきました。
SUBARUのクルマづくりに一貫するのは「安心と愉しさ」の提供です。単なる移動のための手段ではなく、乗る人すべてにとって安全で愉しい走りを約束するクルマの開発を続けています。
●航空宇宙カンパニー
SUBARUの前身は1917年に創設された「飛行機研究所」をルーツとする「中島飛行機」。航空宇宙カンパニーは、航空機づくりの技術とスピリットを受け継いで日本の航空宇宙産業をリードし、多種多様な航空機の開発・生産に携わっています。
設立 昭和28年7月15日(1953)
資本金 1,537億9500万円
従業員数 14,879人
(2018年3月末時点)
売上高 34,052億円  (2018年3月実績)

代表者 代表取締役社長  中村 知美
事業所 本社/東京恵比寿(渋谷区) 事業所/東京(三鷹)、群馬(太田)、栃木(佐野、宇都宮)、愛知(半田) 海外/アメリカ、カナダ、ドイツ、ベルギー、中国、台湾、シンガポールなど
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)