丸三産業株式会社マルサンサンギョウ

丸三産業株式会社

【コットン衛生用品、コットン不織布製造メーカー】
業種 繊維
化粧品/医療機器/医薬品/医療関連・医療機関
本社 愛媛

先輩社員にインタビュー

製品開発本部 開発グループ
浪花 祐也(30歳)
【出身】岡山大学  理学部化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 不織布を使用した新製品、新製法の開発。
不織布を使用するという制限はありますが、様々な混綿の不織布、薬品、設備を自由に組み合わせ、製品や、その基礎となる素材の開発を行います。
社長からの開発方針である、「ドキドキワクワクするようなもの作り出す。」をモットーに開発を進めています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
入社4年目に、新規製造設備と、分析装置を導入したことです。
入社4年目に、抗菌性創傷被覆保護材を開発していた時です。
銀を含んだ薬液を不織布に塗工し、抗菌性の被覆保護材を開発していたのですが、当時、社内には、その塗工を行う設備と、銀を定量する装置がありませんでした。
何とか設備と分析装置を導入できないかと、手塗りでサンプルを作製し、外部の試験場に分析装置を借りに行き、データを集め、各部署に説明に回りました。
その結果、設備と分析装置を導入できましたが、スケールがとても大きく、試運転を繰り返しても、中々思う通りにはなりませんでした。
そんな中、今まで接することがなかったエンジリニアリング部の人たちと協力し、問題が起こるごとに改善案を模索し続けました。
休日出勤や徹夜など、辛い時もありましたが、うまく製造できるようなった時には、大変やりがいを感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き アットホームな会社の雰囲気。
製品の開発や、品質保証に携われる会社を探し、就職活動をしていました。
色々な会社の説明会に参加しましたが、思うような会社にはめぐり合えませんでした。
そんな時、地元の合同会社説明会に参加した際、人事担当者がとても楽しそうに会社のことや、自分の仕事について語る姿にも好感を持ちました。
その後、単独の会社説明会に参加しましたが、アットホームな会社の雰囲気にどんどん惹かれていき、入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 製品開発部 開発G(現職:8年目)

この仕事のポイント

職種系統 基礎研究
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

学業が忙しく、中々就職活動に割く時間がないかもしれませんが、じっくりと自分が納得できる会社を探すことが大事だと思います。

丸三産業株式会社の先輩社員

コスメ・日用品メーカー向け化粧用コットン、不織布製品の提案・営業

営業本部 第一営業部 東京支店マテリアルグループ
十河 夢
愛媛大学大学院 農学研究科 生物資源学専攻

海外営業・輸出業務

第三営業部
尾崎 正和
大阪経済大学 経済学部経済学科

新規生産ラインの立ち上げ。 設備の保全。

生産技術部 製造グループ
伊藤 新治
九州共立大学 経済学部 経済学科

お客様の声に耳を傾けます。

品質保証部 品質保証グループ
此下 和太郎
九州東海大学(現 東海大学) 農学部 バイオサイエンス学科

医療用脱脂綿の品質管理を担当

MCT西条株式会社 品質管理グループ
和氣 一恵
岡山大学大学院 自然科学研究科 物質生命工学専攻

脱脂綿生産工場の生産管理全般を担当

加工第1G
片倉 駿
四国職業能力開発大学校 生産機械システム技術科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる