日通商事株式会社
ニッツウショウジ
2021

日通商事株式会社

【日本通運グループ】
業種
商社(総合)
エネルギー/リース・レンタル/商社(自動車・輸送機器)/商社(事務機器・OA関連)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たちは創業50年を超える“物流”を核とした商社です。
物流業界を代表する日本通運グループ最大の商社機能として、物流に関わるあらゆる商材やサービスを扱い、豊かな社会の実現を目指し、事業を拡大しております。
欠かすことの出来ない重要なインフラ(=産業の血液)である物流を支える商社としての使命感に共感して頂ければ幸いです。
エントリーを心よりお待ちしております!

当社の魅力はここ!!

事業優位性

物流を核とした高機能複合商社

日通商事は創業50年を超える“物流”を核とした複合商社です。物流業界を代表する日本通運グループ最大の商社機能として、物流に関わるあらゆる商材やサービスを扱っています。事業領域は多岐にわたり、【物販】における各種物流関連商品・機器の提供、【ファイナンス】におけるリースや保険サービスの提案、【エネルギー】における石油・ガス等の燃料供給、【物流サポート】として特殊車両の製作や車両の整備、輸出梱包など、「物流のすべてをコーディネートする一貫物流サービスの提供」をコンセプトに豊かな社会の実現を目指し、事業を展開しています。

戦略・ビジョン

物流のすべてをコーディネート

当社では「物流のすべてをコーディネートする一貫物流サービスの提供」をコンセプトに、生産者から消費者にモノが届くまでに経るプロセスの大部分に担っており、効率的かつ効果的な物流をサポート。そのため事業領域は多岐にわたり、【物販】における各種物流関連商品・機器の提供、【ファイナンス】におけるリースや保険サービスの提案、【エネルギー】における石油・ガス等の燃料供給、【現業】における特殊車両の製作や車両の整備、輸出梱包など、付随する関連事業も当社では一手に請け負うことができます。この物流に関わる幅広い事業領域が、日本通運グループのワンストップサービスを可能にしているのです。

社風・風土

幅広い事業領域をつなげるのは「人」

多岐にわたる事業を展開する日通商事ですが、2,300名以上もの従業員に共通しているものがあります。それは「人と人とのつながりこそが全て」という認識です。お客様と真摯に向き合う姿勢だけでなく、上司・先輩からのアドバイスや仲間同士でサポートし合う心を常に大切にする。そんな前向きさも当社の特色の一つです。また、事業領域が広いということは社歴が浅くても多くのチャンスがあるということ。当社にはチャレンジ精神のある人は応援する風土があります。多くの研修を通してビジネスパーソンとしてのスキルを、配属先の事業を通して専門性を、他事業との連携を通して人脈作りを身につけることで、早くから責任ある仕事にも携われます。

会社データ

事業内容 ■物流商品・機器部門■
(物流商品部門)
快適なビジネス環境をサポートする商材(事務用品、OA機器、通信機器、ギフト用品、企業用ユニフォームなど)の提供、また屈指の技術力であらゆる商材に対応する包装資材(段ボールケース、引越用資材、美術品用資材、航空用資材など)の製作・提供
(物流機器部門)
物流システム提案で企業の物流合理化をバックアップする機器(荷役機器、保管機器、搬送/輸送機器、クール関連機器、倉庫レイアウト製作など)の提供、ならびに長年の経験とノウハウを活かした多彩な建設資材や工事(生コンクリート、鉄筋、サッシなどの提供と鉄骨工事、サッシ工事、ALC工事、外壁工事、電気工事など各種工事の請負)を提供

■リース部門■
商社機能を活かした専門性の高いリースサービス(OA機器、フォークリフト、コンベヤーなどの物流機器、産業機械、自動車、土木建設機械、医療機器など)

■保険部門■
全国ネットワークで暮らしや企業のリスクをマネージメント(火災保険、自動車保険、傷害保険、ゴルファー保険、終身保険など)

■整備製作部門■
どんな車種にも対応できる整備サービス体制と新しい物流を創造する車両製作機能(コンテナ、特殊車両などの設計、製作、車両整備、クレーン検査など)

■石油部門■
石油元売4社と契約し卸から小売まで幅広く供給(自動車用、産業用、船舶用の各種石油製品の提供など)

■LPガス部門■
家庭用から産業用までクリーンなエネルギー=「LPガス」を供給(LPガス、CNG、住宅設備機器など)

■ロジスティクス・サポート事業部門■
企業の輸出に関わる最適梱包の提案と商流、物流を一体化した3PLサービスの提供(ノックダウン梱包、設備、機械梱包、3PL、VMI、輸出入業務代行など)
創立 1964年5月
資本金 40億円
代表者 代表取締役社長 新居 康昭
社員数 2,688名(2019年3月末現在)
事業所 ■本社■
東京都港区

■支店■
東京、名古屋、大阪、広島、福岡、仙台、札幌など全国190ヵ所および海外
売上高(過去3年間) 4,148億6,800万円(2019年3月期)
3,774億 100万円(2018年3月期)
3,494億2,900万円(2017年3月期)
経常利益(過去3年間) 102億1,600万円(2019年3月期)
 98億5,100万円(2018年3月期)
 87億5,600万円(2017年3月期)
関係会社 アロッズビジネスサポート(株)  など19社
海外拠点 NITTSU SHOJI U.S.A.,INC.
日通商事(上海)貿易有限公司
NITTSUSHOJI(THAILAND)CO.,LTD.
PT.NITTSUSHOJI INDONESIA
日通商事(武漢)倉儲有限公司
日通商事(香港)有限公司
NITTSU SHOJI INDIA PRIVATE LIMITED
NITTSU SHOJI LEASING(THAILAND)CO.,LTD.
AZL(THAILAND)CO.,LTD.
NITTSU SHOJI(MYANMAR)CO.,LTD.
NITTSU SHOJI(MALAYSIA)SDN.BHD.
NITTSU SHOJI(SINGAPORE)PTE.LTD.
NITTSU SHOJI(MEXICO)S.A.DE C.V   計13拠点
沿革 1964年/創立
生命保険の募集および集金業務を行っていた日通保険総代理社と、物品販売を行っていた日通産業の合併によって誕生
商号を日通商事株式会社に変更
同年、東京日通自動車工業と日動火災保険代理社を合併し、自動車の販売、車両整備業、損害保険代理業を開始
1965年/太洋自動車を合併し、輸入車の販売開始
同年、日通石油ガス、日通包装工業を合併し、石油製品、LPガス・包装資材の販売および梱包業を開始
1966年/リース部門立ち上げ
1980年/資本金40億円に増資
1982年/NITTSU TRADING U.S.A. Inc. 設立
1991年/大連日通機器製造の工場竣工
1995年/日通商事U.S.A. 設立
1996年/日通商事タイランド 設立
2003年/日通商事インドネシア 設立
2004年/日通商事(武漢)倉儲 設立
同年   日通商事(香港) 設立
2011年/日通商事上海貿易 設立
2012年/本社を東京都中央区築地から東京都港区海岸に移転
同年   日通商事インド設立
2013年/日通商事リーシング(タイランド) 設立
2014年/AZL(タイランド)設立
同年   日通商事ミャンマー設立
同年   日通商事マレーシア設立
同年   日通商事シンガポール設立
2015年/日通商事メキシコ設立
主要取引銀行 みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行ほか
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)