株式会社フルヤ金属フルヤキンゾク

株式会社フルヤ金属

【東証ジャスダック上場/工業用貴金属メーカー】
  • 株式公開
業種 非鉄金属
金属製品/化学/半導体・電子部品・その他/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社 東京

先輩社員にインタビュー

研究開発部
野澤 公義
【年収】非公開
これが私の仕事 新規ルテニウム合金ターゲットの開発・評価。
私たちの身の回りには、薄膜技術が使われている製品がたくさんあります。薄膜加工するために使用されるのが、「ターゲット」という製品です。私の開発しているターゲットは、半導体業界(特にハードディスク)で頻繁に用いられるルテニウム合金ターゲットです。半導体業界は、技術の移り変わりが非常に速く、次々に技術革新が起きています。その一端を担っているのが、ターゲットの性能向上です。私の開発した製品が、技術革新につながる。私の開発した製品により、皆さんの生活がより豊かなものになる。そんな可能性を秘めた仕事をしています。
お客様の要望に対して、今まで誰も作製したことのないターゲットをスピーディーに作製するのが、私の仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新規ルテニウム合金ターゲットの試作品を完成させたこと。
入社してから半年後、初めて自分の案件として任されたのが、新規ルテニウム合金ターゲットの試作案件でした。状態図から合金化するか否かを判断したり、研修期間中に教わった装置を一人で扱ったりして、試作品が完成した時には大きな達成感がありました。
また、この新規組成ターゲットは、開発後すぐにお客様からの注文があり、「自分の開発したモノを売った」と実感することができました。さらに、製品を開発するには、自分の部署だけでなく、他部署との連携が必要不可欠であることを学びました。
最近では、様々な新規ルテニウム合金ターゲットの案件を任せてもらえるようになりました。納期は短く、忙しい面もありますが、そういった日々の業務を通して、自分の成長を実感しています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き マイノリティな研究が行える数少ない企業。
PGMは、希少価値が高く、研究のために簡単に用意できるものではありません。それゆえ、他の素材に比べて、未開拓な部分が多く残っています。しかし、当社では、独自の技術でPGMをリサイクルすることにより、PGMを使った実験を不自由なく行うことができます。こういったマイノリティの分野は競合他社が少ない一方で、需要は旺盛です。当社のそういった部分に強く魅力を感じました。
また、PGMは、最先端の技術革新に、なくてはならない素材です。今後、PGMの研究を進めることで更なる需要の拡大も見込めるのではないかと考えました。
他者の真似できない技術で世界一を目指す。自分が成長するとともに会社が成長する。そんな実感を持って仕事ができるのではないかと考え、入社を決めました。
 
これまでのキャリア 研究開発職(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自己分析と企業分析をしっかりと行い、自分のストロングポイントをアピールできるようにしてください。自分が、できることは何か。何をしてきたか。どういう性格なのか。会社がどういう人材を欲しているか。自分の長所を生かせる会社か。
しっかり、分析できていれば自信を持って就職活動に臨めると思います。自信を持っている人は魅力的に見えます。自信を持って就職活動してください。

株式会社フルヤ金属の先輩社員

国内外のお客様へのガラスの溶解器具、及び炉用熱電対を販売

海外営業部 ガラスビジネスユニット
倉田 一弘

熱電対の温度校正試験。

品質保証部
一ノ瀬 祐紀

スパッタリングターゲット材料(ハードディスクに使われる材料)の製造。

製造部 ターゲット事業グループ
諏訪 英汰

熱電対の組立、溶接作業等。

製造部 センサー事業グループ
大場祥平

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる