スバルファイナンス株式会社スバルファイナンス
業種 クレジット・信販
リース・レンタル/損害保険/生命保険/その他サービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

クレジット・リース本部 与信管理部 審査課
K・I(24歳)
【出身】東洋大学  経営学部 会計ファイナンス学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 常に正確かつ迅速に、お客様の立場に立って審査業務を行っています。
審査を行う為のサポートが私の主な仕事です。スムーズに審査が行えるよう資料の取得や申込データの受付処理、審査申込方法等の問い合わせ電話の対応を行っています。販売店で働いているセールスが主なお客様にあたり、販売店の繁忙日である土日に申込が集中する為、月に5~6日程度の休日出勤があります。スバル車を購入しようとご来店いただいているお客様はもちろんのこと、現場で忙しく商談を行っているセールスを少しでも待たせることがないよう、迅速かつ正確に業務を行うことを心がけています。私達にとっては数多くの審査依頼の内のひとつでも、セールスにとっては一台の大事な契約です。常にそのことを念頭に置き、事務的な対応にならないよう気を付けて日々の業務にあたっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
様々な立場の方達と関わりながら進めた、共通業務の統一化。
入社1年目の末に複数の部署が関わる共通業務の統一化へ向けた取り組みの担当を任されたことです。同一の業務に対して部署ごとに運用やルールが異なっていたため、その統一を図るという取り組みでした。同期の社員と共に担当となりましたが、全員の経験が浅かった為、先輩の力を借りながら何とか実現までこぎつけた際には達成感を感じました。取り組みの中で社内の様々な立場の方から話を聞き、同じ業務を執り行うとしても、立場が違えば捉え方が異なるということを学びました。現状の整理から折衷案の検討、結果をまとめた資料作りまで行い、万人に伝わる資料作りの難しさを経験しました。この経験はどのような業務を行う場合にも非常に役立っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 面接にて自分を思い切って出せたこと。それを受け入れてもらえたこと。
大学で行われた会社説明会にて当社に興味を持ち始め、個別の企業説明会へ参加しながら企業研究を行いました。スバルグループであることの安定性、転勤がないこと等の条件面が最初に志望をするきっかけとなりました。最終的に決め手となったのは、就職面接において私が定型通りの受け答えでなく、本音で答えた際に面接官の方が笑いながら話を聞いてくれたことです。ここでなら入社をしてからも自分を出せると思いましたし、それを受け入れてもらえると感じました。実際に入社後も面接で感じたことは間違いでなかったことが実感できています。給与や休日数の条件面も重要ではありますが、実際に働いている人と接して感じることも皆さんには大事にしてほしいと思います。
 
これまでのキャリア 与信管理部 審査課(現職・今年で3年目) ※2019.3月時点

この仕事のポイント

職種系統 一般事務・営業事務
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

仕事は1日の大半を占めます。その中で早く仕事が終わらないかなと嫌々仕事を行ってしまうのは非常にもったいないと思います。自分が何をしているときが楽しいのか、気分が乗って取り組めるのかをこれまでの経験を振り返ってみることをお勧めします。そうした棚卸を行うと自分がどんな働き方をすれば良いのか見えてくるのではないでしょうか。そして最初から志望業界を狭めず、様々な分野に興味を持てば自分に合う企業が見つかりやすいと思います。

スバルファイナンス株式会社の先輩社員

債権回収(弁護士との折衝、訴訟及び執行担当)

クレジット・リース本部 債権管理部 訟務課
M・Y
専修大学 法学部 法律学科

社員が働きやすいようサポートをする総務の仕事

総務人事部
A・M
成蹊大学 法学部 法律学科

クレジット・リースの売上処理と営業担当を支える事務業務

クレジット・リース本部 営業支援部 支援課
Y・S
成蹊大学 経済学部 経済経営学科

お客様と直接お話をし、お問合せに応対する会社の窓口業務

クレジット・リース本部 お客様相談室
Y・O
日本大学 文理学部 心理学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる