株式会社すずまるスズマル

先輩社員にインタビュー

第2制作部
古川サブマネジャー
【年収】非公開
堅実なサポート役
これが私の仕事 ニュース番組、情報番組、教養番組、公開番組などの「えふD」
現在携わっている番組は、ニュース7、あさイチ(情報番組)、テレビでハングル講座など、ジャンルも様々です。こうした色々な放送現場で、多くの人と関わって仕事をすることで、常に新鮮な発見や驚きも味わえるし、好奇心を刺激されます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
公開収録だからこそできた親孝行
ある番組の公開収録が私の地元の近くで行われたことがありました。事前に観覧希望のハガキを出し、それを両親にプレゼントしたんです。両親に仕事をしている姿を見られるのは、少し恥ずかしかったですが、息子が現場を仕切り、両親もお客さんと共に楽しんでくれて、親孝行ができました。ちなみに他のスタッフには両親がいることは黙っていたのですが、どアップで撮られていました。笑この仕事でなければできなかった親孝行です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「えふD」という仕事に魅力を感じた!
小さい頃から体を動かすことが大好きでした。中学校から大学まで、陸上一筋!中学時代には200mで日本一になったことも。もともとデスクワークよりもアクティブに体を動かす仕事をしたいと考えていたことと、大学進学後に“マスメディア”を専攻したことがきっかけで、テレビ業界を中心に就職活動を行っていました。すずまるに決めたのは「えふD」という仕事に大変魅力を感じたから。他の制作会社の多くは、“アシスタントディレクター”の募集ばかり。それより入社してすぐに放送現場の最前線で働ける「えふD」がいいと思いました。また、会社の雰囲気や社長の人柄に惹かれたことも決め手の1つでした。
 
これまでのキャリア 制作部ディレクター(現職・今年で14年目)→制作部 サブマネジャー(2017年夏から)

この仕事のポイント

仕事の中身 冠婚葬祭など、人生の転機を彩るサービスを提供する仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の得意なことや楽しいと思うことはどんなことか。
それを存分に面接でアピールしてください!!

株式会社すずまるの先輩社員

NHK国際放送局発の海外向けニュース番組・NEWSLINEのえふDとたくD

国際制作部
中村ディレクター
[指向タイプ]人を巻き込むコーディネーター

「えふD」「たくD」の他に部下の育成やマネジメント業務

第2制作部
江口マネジャー
[指向タイプ]わが道を行くパイオニア

英語のニュース番組での送出卓ディレクター

国際制作部
服部ディレクター
[指向タイプ]冷静なエキスパート

エンタ番組、公開番組、情報番組、ニュース番組のえふD

制作部
中島ディレクター
[指向タイプ]頼りになるオーガナイザー

生放送番組のフロアディレクター

第2制作部
松澤ディレクター
[指向タイプ]堅実なサポート役

NHKワールドJAPAN「NEWSLINE」のフロアディレクター、送出卓ディレクター

国際制作部
太田ディレクター
[指向タイプ]人を巻き込むコーディネーター

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる