株式会社セイエル
セイエル
2021

株式会社セイエル

共創未来グループ(東邦ホールディングスグループ)
業種
商社(医薬品)
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

私達は、医療機関や薬局などに“くすり”を届ける医薬品流通を中心とし、病院の業務効率化や患者さまの利便性を高めるシステムの提供、コンサルティングなど幅広い事業を展開しています。
また、医師・看護師などが主体となって、病気や高齢になっても在宅で暮らせる環境をつくる地域医療が推進されるなか、中国エリアでトップクラスの医薬品取扱い実績を活かし、引き続きチーム医療の一員として役割を果たし続けていきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

医薬品と独自の顧客支援システム、物流で圧倒的な顧客満足を実現

私達は、病院や調剤薬局などに医薬品や医療情報をお届けしています。日々お得意先に訪問し、“在庫管理を効率化したい”、”患者さまの待ち時間をもっと短くできないか”というお声やその他様々な気づきや課題を問題解決する為、薬の注文・在庫確認が出来る情報端末、診療予約システム等の「顧客支援システム」もご提案しています。また、医薬品の安定供給は、私達の社会的使命であり、グループ全体で独自の物流センターを中心とした「完璧な流通システム」を構築。これにより私達もお得意先も検品等作業の効率化が図れ「今、医療現場で何が起こっているのか」を共有出来る時間を増やし、一歩先の医療現場を地域に密着してサポートしています。

事業優位性

経営者感覚を持ち顧客と向き合うからオンリーワンサービスが実現

当社は医薬品や顧客支援システム、経営コンサルタント等様々なサービスラインナップを持ちお客様のサポートを行っています。それが出来るのもこの業界でも類を見ない程の「課題解決の為の武器」を持っているから。だから、お客様のお困り事をあらゆる手法で解決します。同じお客様は存在しない、ということは全く同じ提案では解決できないということ。一人ひとりのMSが「自分だったら」という経営者感覚を持ち我が事としてサポートを行う為「オンリーワンサービス」が実現。また当社は医薬品メーカからの信頼は圧倒的で、薬価を適正価格で販売するという当たり前が出来ている数少ない会社です。プライドを持って仕事が出来る、そんな会社です。

社風・風土

責任感を持って望む仕事だからこそ、オンとオフをしっかり区別

病気の治療から慢性疾患の抑制まで、用途によって必要な医薬品は様々。ただ、いずれも命を支えるという大きな役割を担っているものだけに、命に関わる私たちの仕事は責任重大。日々新しい薬の情報を勉強したり、安全性を保ちながら薬を届けることが求められるため、気を抜くことはできません。仕事中は医療現場を支えるため、集中して頑張ります。が、最大限頑張った後オフの日は完全に休養をとるなどして、仕事とプライベートとのメリハリを大切にしています。平日の仕事の後仲間で飲みに行ったり、週末には家族と旅行をしたり、サッカー等スポーツをしたりとリフレッシュしながら新たな気分で働ける環境、それを勧める風土があります。

会社データ

事業内容 ・医療用医薬品、検査薬、医療用機器等の販売
・顧客支援システムの販売
・開業、開局支援やコンサルティングサービスなど
中国地方の医療環境現場をトータルにサポートしています。


<主な営業エリア>
広島・岡山・山口・島根・鳥取県下の病院、診療所など医療機関、調剤薬局
創業 1946年9月
資本金 9,550万円
従業員数 881名(2019年3月現在)
売上高 1,486億3,100万円
代表者 代表取締役社長 河野 修蔵
事業所 <本社>
広島県西区商工センター5丁目1-1

<事業所>
広島県/幟町オフィス、西風新都支店、呉営業所、東広島営業所、福山営業所、
      三次営業所、尾道営業所
岡山県/岡山支店、岡山西支店、倉敷営業所、玉島営業所、津山営業所
山口県/山口営業所、岩国営業所、周南営業所、萩連絡所、宇部営業所、下関営業所
鳥取県/米子営業所、鳥取営業所、倉吉営業所
島根県/松江営業所、浜田営業所、出雲営業所、益田営業所
沿革 1946年(昭和21年)9月  杉本薬品商会創業

1979年(昭和54年)2月  新和薬品株式会社(岡山市)より営業を譲り受け、商号を「株式会社杉本新和」と改称

1992年(平成4年)6月    末永天正堂株式会社(山口市)の営業を譲り受け、商号を「株式会社セイナス」と改称

2000年(平成12年)10月 株式交換により東邦薬品株式会社の完全子会社となる

2010年(平成22年)1月  株式会社オムエルと合併し、商号を「株式会社セイエル」と改称

2014年(平成26年)1月   周南営業所を新築移転

2014年(平成26年)5月   下関営業所を移転

2015年(平成27年)5月   倉敷西営業所を移転し、「玉島営業所」と改称

2018年(平成30年)2月   宇部営業所を新築移転
中国地方トップクラスの医薬品総合卸売企業として地域医療に貢献しています。 私たちは創業以来、この中国地方で長きにわたって医薬品をお届けしています。
製造技術の向上に伴う品目の多様化や医療に対するニーズの高度化と共に、
医薬品の管理や流通体制に求められるものも大きく様変わりしました。
しかし、その中にあって私たちには常に変わらないものがあります。

「お得意先の側に寄り添い、一緒に地域の方の健康をサポートしたい」

この想いこそが私たちのこれまで、そして今後も変わらないものです。
この想いに真面目に忠実に取り組んできた結果、今や中国地方を代表する医薬品卸となることができました。

今後、私たちを含め医療を取り巻く環境は大きく変わることが予想されます。
お得意先が患者さまに充実した医療を提供することができるように患者さまが安心して医療を受けられるようにお得意先の立場に立って物事を見据え、きめ細やかなサービスを通じて全力でサポートいたします。

そして、中国地方における地域医療へ貢献するべく前進して参ります。
主な取引先 病院、診療所、調剤薬局、事業所 他
業界トップクラスの業績はもちろん、あらゆる取引先様、お客様満足もトップクラスに 医薬品総合卸企業として歴史を刻み、中国エリアで信頼を積む当社。親会社である東邦ホールディングスは連結売上高1兆円2,000億円を超え、名実ともに日本を代表する医薬品卸会社です。
セイエル自体はグループシェア13%を占め、グループの中では東邦薬品につぎ2番目のシェアとなり、グループ内でも存在感を示すほどに。

また、最近のトピックスとして、ある医薬品メーカーから近年の適正流通機能が高い事や販売姿勢が評価を受け、ある治療薬では中国エリアでほぼ専売企業として販売権を獲得した事も。

益々中国エリアでの存在はトップクラスになっています。医薬品メーカやお客様から揺ぎ無い信頼を頂きつつ、今後も社会的使命を追求して参ります。
中国エリアで存在感がある企業であるということ 当社は2015年から月間トップの業績も珍しくなくなりました。

ということは、「本当の意味でトップとしての立ち振る舞い」が企業として見られる立場となりました。

ナンバー3、4・・・・であればそんなに気にしなかったかもしれません。
でも、もう市場に影響が出る位置にいるからこそ、この業界の行く末に大きな責任を持ち、企業として地域をけん引していく意識をもちながら、今まで通り謙虚に振る舞っていこうと思っています。

私達、一人一人がこの意識を持ちながら、これまで以上に「セイエル」というブランドを胸に、日々努力していきます
セイエルで医療に貢献 たくさんの薬を扱う当社では、薬に関する様々な情報が入ってきます。

その中から必要な情報を病院や医院、薬局に届けます。
メーカーと違い、様々な会社の薬を取り扱えるので、ドクターからも頻繁に「●●の症例に効く、最近のいい薬はない?」という相談も多い。
だからこそ、公平な立場で広範囲の知識を生かして、ドクターの研究会や学会資料の作成お手伝いをすることも。

薬を実際に使うまでのパイプ役として、「生きた情報」を流通させています。
東邦ホールディングス株式会社 トップメッセージ(抜粋) ~ビジネスモデルを進化させて少子・高齢化社会に対応します~

日本はこれまでにない少子・高齢化を迎えています。
国は国民皆保険制度を維持するために、ジェネリック医薬品の普及や薬価の引き下げによって医療費の抑制に取り組んでいます。2017年6月の閣議決定では「2020年9月ジェネリック医薬品の使用割合を80%」にするという目標が定められました。また2016年末に決定された「薬価制度の抜本的改革に向けた基本方針」に基づき、具体的な内容が議論されています。2018年4月には、診療報酬と介護報酬が同時に改定され、医療費の抑制と地域医療連携の推進はさらに加速すると予想されます。医療の供給体制は変革の時代を迎えています。

わたしたちはこのような環境の変化に対応するために、日々ビジネスモデルを進化させています。

まず、ジェネリック医薬品については、共創未来ファーマ(株)が、高品質・高付加価値のジェネリック医薬品を製造・販売しております。

物流の面では、ロボットによって高度な自動化を実現させた「物流センター」と、機能を年々充実させている「コールセンター」によって、グループ全体の生産性を向上させる「営業と物流の一体改革」を進めています。

フィービジネスの面では、病院やクリニック、薬局の課題を解決する当社独自の「顧客支援システム」の開発・提案に力を注いでいます。こうした付加価値提供型ビジネスモデルを確立して他社との差別化を図っています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)