株式会社ニシケン
ニシケン
2021

株式会社ニシケン

建設機械/福祉/総合商社/レンタル/カナモトグループ
業種
商社(機械)
福祉・介護/商社(医療機器)/リース・レンタル/各種ビジネスサービス
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

1960年に日本で最初の建設機材レンタル企業として事業を始めた当社は、創業以来「顧客第一主義」を一貫して掲げている九州の総合建機レンタル企業です。また、時代のニーズと将来を見極めて開始した介護福祉のレンタルおよび販売事業は現在九州から関東エリアで展開しており、建設機材レンタルとならぶ当社の主力事業となっております。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

時代のニーズを見極めて、バランスのとれた事業展開を目指す。

1960年に建設機械や仮設材のレンタルと建設資材の販売から事業をスタートさせた当社は、福祉事業に早くから参入してまいりました。年々変化が激しくなる経済社会に合わせ企業も進化し、経営資源を深化させなければなりません。時代のニーズを深く洞察しながら新たな市場を切り開く可能性があると考え、常に先を見る経営を続けてまいりました。その方針は今後も変わりません。「建設」と「福祉」を軸として今後も事業展開を図ります。

事業優位性

長年培ったノウハウと信頼で、社会と地域に貢献します。

久留米から始まった当社も今や社員数500人弱となり、九州に強固な基盤を持つ総合建機レンタル企業へと成長しました。また、介護福祉機器のレンタル及び販売事業は九州から関東にまで31拠点を展開しており、建設機材レンタルと共に当社の二大主力事業となるまでに発展しました。変化の激しい社会の中でマーケット事情や需要も少なからず影響を受けておりますが、地域密着型企業として長年培ってきたレンタル業のノウハウとお客様や地域の皆様の信頼を最大限に活かしてインフラ整備や介護福祉を支え、社会に貢献していく考えです。

会社データ

事業内容 建設事業/仮設事業/環境事業/福祉事業/メディカル事業/グラフィック事業/ペット事業
設立 1960年11月
資本金 10億4,903万2,980円
従業員数 472名(2018年10月31日決算時)
売上高 195億2043万円(2018年10月31日決算時)
代表者 代表取締役社長  長崎 学
事業所 ◆本社 (管理本部・経営企画室)
福岡県久留米市宮の陣町若松1-9

【福祉事業部】千葉、大阪、吹田、堺、奈良、西宮、神戸、姫路、岡山、津山、松江、広島、福山、呉、尾道、山口、岩国、下関、小倉、博多、筑豊、久留米、佐賀、長崎、佐世保、熊本、植木、鹿児島、鹿児島南、宮崎、都城

【建設事業部】大野城、博多、早良、宮若、若松、小倉、久留米、朝倉、八女、三潴、柳川、大牟田、佐賀、みやき、鳥栖、神埼、武雄、伊万里、唐津、長崎、佐世保、熊本、植木、大津、大分、中津、日田、延岡

【営業強化推進本部】福岡(福岡市)
社長の想い ┏┓
┗■社員の元気が事業成長のバロメータ

もちろん、会社を経営する身として事業の売上目標は掲げています。
ただ、その前に社員がイキイキ働けていること、
社員の一人ひとりが働くモチベーションを維持できている状態を作ることが私の役目だと思っています。

その実現に向けて、私は2016年に【ニシケン】の社長に着任して以来、
現場の社員と話す機会を積極的に自分から持つように心がけ、
人事・評価制度や給与制度の見直しなど
社員の発信した疑問、アイデアも積極的を取り入れることを何よりも重視しました。
その甲斐あってか、社員の離職率も就任前の半分以下にまで改善。
社員が【ニシケン】で働くことに納得感や誇りをもってくれることが、
結果として事業成長にもつながっていく、そう確信しています。

社員視点でのアイデアを活かすという私の行動の原動力は
【ニシケン】の創業精神にも通じています。
社長の想い ┏┓
┗■時代ニーズを早期にとらえ事業化できるという強み

ニシケンという会社の事業内容は多岐にわたります。
ただ、すべての事業において共通していることがあるんです。
それは、時代や社員の「あったらいいな」というニーズを【ニシケン】が事業化してきたということ。

建設機械のレンタルを日本で初めて事業化できたのも、
高度経済成長の中、メーカーから購入する以外では業者間での交換でしか
建設機械が手に入らず、機械の受け渡しを潤滑に行いたいという
現場のニーズが事業アイデアのきっかけとなりました。

福祉事業に関しても、2000年の介護保険制度の施行をきっかけに、
在宅介護の負担や不安を少しでも軽くするために、
これまでの「建設」で培ったレンタルのノウハウを生かして
介護福祉機器のレンタル・販売を早期に事業として確立しました。

一見、関連がなさそうな、
グラフィック事業、ペットリレーション事業に至っては、
実は社員のアイデアをヒントに事業化したものです。

「あったらいいな」を見過ごさず、スピード感をもって創造する。
これからも目の前のニーズを価値に変える“未来創造企業”であり続けたいと考えています。
社長の思い 【3~5年後のヴィジョンとそこへ向けた戦略】 二大主力事業「建機」と「福祉」を軸に、更なる成長路線を進む

日本初の建設機材レンタルカンパニーとして1960年に創業した当社は、早期から介護福祉機器のレンタル・販売事業にも参入し、「建機」と「福祉」の二大主力事業で成長してきました。今後も、この二本柱による成長路線を継続していきます。「建機」では、東証一部上場 カナモトグループの九州エリアを担う企業として、更なる地域深耕を推進。当社のマザーマーケットである久留米を中心に、福岡・熊本・北九州での一層のシェア拡大を目指します。「福祉」では、西日本全域にて培った強固な基盤のもと、2018年から関東圏にも進出。将来的な全国展開を見据え、巨大な需要を擁する関東圏での事業拡大を進めていきます。
社長の思い【その実現に向けた課題とは】 一人ひとりが自ら意欲を高めていける、働き甲斐のある環境を

当社は3年連続で増収増益を継続しており、今年度は売上200億円突破も射程圏内に入っています。その成長における最大の立役者は、420名超の社員一人ひとりです。私は2016年の着任以来、各拠点をまわって現場の意見を汲み上げ、評価制度の見直しや福利厚生の拡充に取り組んできました。この3年で離職率は大幅に改善し、強い組織力が形成されてきたと感じています。今後の事業拡大においても「人材の確保と育成」こそが、実現への最大の鍵となります。そのため引き続き、働く人々にとって魅力的な会社づくりに、社員の皆とともに取り組んでいきます。一人ひとりが自らモチベーションを高め、力を結集できるような組織を目指します。
社長の思い【今後必要な人材】 トップダウンではなく、社員の向上心と挑戦心が組織を成長させる

向上心や挑戦心を持って物事に取り組める人。失敗しても嘘をついたり誤魔化したりせず、あきらめずに解決しようとする人。そのような人であれば着実に成長していけます。また当社はトップダウン型ではなく、皆でアイデアや意見を出し合い考えることを大切にしていますので、積極的にアイデアを発信できる人も歓迎です。
社長の思い【弊社で得られる成長、機会や環境】 どこへ行っても通用する人間力と提案力を磨いていける

単なる“御用聞き”では終わらない、「提案型の営業活動」を当社は展開しています。ですから営業部門の社員は、1を聞けば10も20も生み出せるような人間力と提案力を、先輩の指導のもとで磨いていくことができます。また業務部門や技術部門では、さまざまな考えを持つ社員同士が一つの目標に向かって一致団結する、強い協働力を養うことができます。研修体制に関しては、新人研修の拡充と同時に「新人を迎える側」の強化、つまり各事業所の所長やブロック長に対する研修を継続中です。「新人を育成し伸ばすリーダー」としてのスキルを研鑽し、新人の皆さんが大いに育つ環境づくりを行っています。
社長から就職活動性へメッセージ 自分にマッチした「文化」を持つ企業と出会ってほしい

就活で最も大切なのは、企業規模だけでなく「企業文化」を見ることだと思います。企業にはそれぞれ独自の「文化・社風」があり、自分に合った企業文化の中でこそ、人はイキイキと輝けるからです。文化の違いは人事担当に現れます。「人事がとてもいい人で、こんな人と一緒に働きたい」と思った企業を、ぜひ選んでください。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)