川重車両コンポ株式会社
カワジュウシャリョウコンポ
2021

川重車両コンポ株式会社

川重グループ/車両/設計/生産管理/品質
業種
輸送機器
自動車/重電・産業用電気機器/機械/金属製品
本社
兵庫

私たちはこんな事業をしています

グローバルに存在感を示す川崎重工業(株)車両カンパニーと協働し
主に鉄道車両の部品設計・開発・製造を手掛ける当社。

日本だけでなく世界でも「安全、快適、環境に優しい鉄道車両」のニーズが高まっています。

これまでにない良い製品をつくるため、人材の育成にも力を入れています。
一人ひとりの「やる気」を重視し、力を伸ばすことのできる環境です。

川重車両コンポが、2020年卒学生向けの新卒採用を始めます。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

「何でも取組む」プロ集団!

川崎重工業から「こんな車両部品はできないか」と相談を受けた製品を実際に設計・開発し、生産するのが私たちの仕事。ニーズを満たすためには、様々な工夫を欠かしません。「設計」という仕事は、要望をもとにゼロから図面に書き起こすもの。チャレンジ精神をもって仕事に取り組めば、技術力は自然と身に着きます。東北新幹線のグランクラス用シートを開発した時に、ドイツのメーカー「RECARO」と協働して座りやすいシートをつくるなど、実力と実績を伸ばし続けています。これからも、過去の実績に満足することなく「やったことのない仕事」にも積極的に取り組むことで更に業界内での存在感を強くしていきたいと考えています。

戦略・ビジョン

グローバルなフィールドは、アメリカ・台湾からアジア圏にまで。

グループ会社の川崎重工業(株)は、鉄道車両の売上シェアトップクラスの企業。そんな川崎重工の「車両カンパニー」が、私たちの主な取引先です。これまで、日本だけでなくアメリカや台湾などにも多数の納入実績を持つことが自慢です。更にこれからは、大きな経済成長を遂げているインドやミャンマーなどでも鉄道の需要は高まる見込み。新興国も視野に入れ、事業遂行体制を整えています。「これまでにないような製品」をつくり続けることで、世界で存在感を示す川崎重工業。新たなチャレンジを、たくさんできる環境です。もっと便利で豊かな生活を実現するために、私たちのフィールドもグローバルに広がっていきます。

会社データ

事業内容 鉄道車両用各種製品の製造ならびに修理
鉄道車両用腰掛の設計・製造ならびに修理
陸海運送ならびに陸上小運搬
設立 1949年(昭和24)年8月29日
資本金 9800万円
従業員数 306名
売上高 83億4200万円(2017年度実績)
代表者 代表取締役社長 吉田栄作
事業所 ■本社・兵庫工場
神戸市兵庫区和田山通2丁目12番14号(川崎重工業株式会社 兵庫工場内)
◎ISO14001/ISO9001取得
許認可項目 ■運輸部関連
第1種利用運送事業 近畿運輸局認可 近運自貨 第569号
沿革 1949年
三陽工業(株)設立

1983年
社名を川重三陽工業(株)と改称

1995年
川重兵庫部品サービス(株)を吸収合併

1998年
川重三陽工業(株)が川重鉄道車両エンジニアリング(株)及び
川重兵庫業務センターを吸収合併、社名を川重車両エンジニアリング(株)と改称

2002年
川崎工機(株)の高圧容器・運輸事業を川重車両エンジニアリング(株)に継承し
社名を川重車両コンポ(株)に改称
※設計エンジニアリング業務は川重車両テクノ(株)へ譲渡

2009年
川重兵庫サービス(株)を合併
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)