株式会社東日本放送ヒガシニッポンホウソウ
業種 放送
本社 宮城

先輩社員にインタビュー

事業局 事業部
福原 興
【出身】弘前大学  農学生命科学部 生物学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 多くの方と協力して、TV局ならではのイベントやグッズを創り上げる
自社のキャラクターを使用したグッズの製作、自社主催イベントの企画・運営などを行っています。この仕事は、イベント運営会社・出資企業・デザイナー・地元企業など多くの方々と協力してコンテンツを創り上げ、自社の電波を使ってPRします。一見テレビ局なのに全くテレビ局らしいことができないように感じるかもしれませんが、自らが創り上げたコンテンツを自社番組内で魅力的にPRしたり、CMを作って放送したりと、自分のイメージを、テレビを通して具現化することもできます。そのようにして創り上げたコンテンツを、宮城や東北の方に提供する。
こうような仕事はローカルのTV局の事業部でしかできないと思います!
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
TV局ならではの、地域密着型な仕事ができる!
現在担当している仕事の中に、『みやぎふるさとCM大賞』があります。各自治体の方々が自らの手でオリジナルのCMを作り、故郷のPRをするイベントです。宮城県内の全自治体を廻りイベントへの協力をお願いするのですが、検討はして頂いても作品製作まで辿り着かなかったり、イベントに興味を持って頂けなかったりと、『どうすればもっとこのイベントを盛り上げられるのか』を悩むことも多々あります。しかし、足繁く通って呼びかけを繰り返すことで多くの作品が応募され、自治体の方をはじめ、多くの方と協力してイベントを形作り、最終的に想いの篭った作品が、番組やCMとして宮城県内の多くの視聴者に見て頂ける形になりました。
このイベントでは、地域に密着し、更に地域貢献に役立つ可能性も秘めた仕事ができるので、非常にやりがいを感じます!
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 宮城県のみならず、東北への影響力もあるテレビ局
就職活動前は宮城県には住んでいませんでしたが、KHBを知ったのは、KHBが軸となって東北の系列局と協力して制作した『とうほく元気です!TV』という番組がきっかけでした。東日本大震災後に放送されたこの番組は、『東北にもこんな場所があったんだ』と東北の魅力を再発見するきっかけになったと同時に、震災後の傷心状態にあった私を明るい気持ちにさせてくれました。『東北』に焦点をあて、地域に根付いた情報を発信する番組。ローカルTV局が地域の情報を発信するのは当然だと思いますが、その範囲を『東北』にまで広げていたKHBに興味を持ち、入社したいと思う決め手になりました。
 
これまでのキャリア 事業部(現職・今年で5年目)

この仕事のポイント

職種系統 商品企画・プランニング
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分を飾りすぎず、自分らしくありのままにぶつかればいいと思います!『たとえ落ちてもしょうがない!』と思えるように、自分を出しましょう!

株式会社東日本放送の先輩社員

番組ディレクター。「見る」よりも「つくる」が楽しい!

報道制作局 制作部
石山 雄也
早稲田大学 人間科学部 人間基礎科学科

県内の魅力を、自分で取材して自分の言葉で伝えられる仕事!

報道制作局 アナウンス部
阿部 美里
杏林大学 外国語学部 応用コミュニケーション学科

放送枠という「時間」を売る仕事

営業局 営業部
伊勢 智之
茨城大学 人文学部 人文コミュニケーション学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる