日本高周波株式会社 
ニホンコウシュウハ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

日本高周波株式会社 

電子・電気回路設計
  • 正社員
業種
半導体・電子部品・その他
機械/精密機器/コンピュータ・通信機器・OA機器/重電・産業用電気機器
本社
神奈川
直近の説明会・
イベント

私たちはこんな事業をしています

東京スカイツリーのテレビ電波送信で使用される「同軸装置」や国立研究機関等で使用される「加速器」等
電磁波応用技術は放送、通信、加速器、半導体製造装置、プラズマ応用装置など、幅広い分野で需要が伸びています。
当社は機器の開発~販売までを社内一貫体制で提供。各研究所・企業との共同開発も行っています。
TV放送で使用される同軸切替器は国内トップシェア。信頼と実績でお客様に選ばれ続けています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

最先端の電磁波応用技術を提供。信頼され続けて85年。

当社は電磁波応用技術をキーテクノロジーに、多種多様な製品技術開発に取り組んでいます。最近ではデジタル放送を支える同軸装置や、ガンの放射線治療・研究にも用いられる大規模医療用加速器、高エネルギー加速器、またその加速器に耐えうる大電力電源をワンストップで開発・製造しています。当社の顧客は公的研究機関や大学研究室、企業研究所が多く、最先端の技術を必要としています。研究依頼が来ることもあり、その期待に応えられる研究開発を行い続け高い信頼を得ています。放送機用同軸装置では基幹放送局の国内トップシェア。業界で培ったブランド力で選ばれ続けています。

事業・商品の特徴

世界レベルの技術者(スペシャリスト)を育成します。

官公庁を初め大手民間企業を取引先に持つ当社。自社による研究開発はもとより各研究所及び企業との共同開発、また時には国家的プロジェクトに関わるなど様々なフィールドで活躍しています。開発から設計・製造・検査は勿論のこと、時には営業としてクライアント先で商談。この一連の流れからアウトプットされた情報を「カタチ」として製品化する工程には、モノづくりとしてのやりがいや楽しさがあります!また、世界でも認められる製品を手がけるには、技術力向上と他社との差別化が図れなくてはなりません。当社は研究機関で活躍する社員、また学会やその分野の一線で活躍する社員など、この道のスペシャリスト達が技術を伝授してくれます。

待遇・制度

応用技術を極め、世界に認められるオリジナル商品を開発!

当社の電磁波応用技術は放送、通信、加速器、半導体製造装置業界だけでなく、ガンの放射線治療や研究に使用される医療加速器等の分野や加熱や滅菌の技術を利用し、食品業界、医療業界など非常に幅広い分野で活躍しています。品種についてもお客様のご希望に合わせた少量のカスタム品から量産品まであらゆるニーズに対応します。そのために電気・電子・機械・化学・ソフト等多分野に精通したスペシャリスト常に上を目指し、それぞれの力を出し合う事により良い製品を生み出しています。様々な測定器やシミュレーションソフトなどもあり、開発や技術力向上のための環境が整っています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【技術職】
電磁波の応用技術「ウェーブテクノロジー」を用いる製品に関わり、技術開発、構造設計、製造、調整検査、管理等をしていただきます。
放送機用同軸装置/導波管回路/加速器用機器/半導体製造装置用製品/レーザー関連素子・マイクロ波用デバイス/電源装置、いずれかの担当として配属後、その道のスペシャリストを目指していただきます。

【事務職】
総務・経理・法務・管理全般をお任せします。

会社データ

事業内容 ■高周波、マイクロ波、ミリ波応用製品の開発・製造・販売
■TV放送用同軸装置
■高周波プラズマ応用製品の開発・製造・販売
■レーザー関連製品の開発・製造・販売
■電子制御機器、デジタル技術
■薄膜応用製品の開発・製造・販売
創立 昭和7年6月1日
設立 昭和12年 4月
資本金 1億5550万円
従業員数 147名
売上高 29億円(2018年実績)
代表者 代表取締役社長 金子 茂
事業所 【本社】
〒226-0011
横浜市緑区中山3-15-1

【工場】
本社工場・・・・横浜市緑区中山3-15-1
佐江戸工場・・・横浜市都筑区佐江戸町685
主要取引先 ●官公庁関係
防衛省、東京大学、京都大学、大阪大学、東北大学、名古屋大学、九州大学、日本放送協会
理化学研究所、通信総合研究所、核融合科学研究所、産業技術総合研究所
高エネルギー加速器研究機構、日本原子力研究開発機構、その他各地研究所・大学

●民間会社関係
アペックス株式会社、株式会社アルバック、NECネッツエスアイ株式会社
NECプラットフォームズ株式会社、NECネットワーク・センサ株式会社
株式会社NHKアイテック、キヤノンマーケティングジャパン株式会社
住友電工システムソリューション株式会社、東京エレクトロン株式会社
東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ株式会社、東京エレクトロン宮城株式会社
東芝インフラシステムズ株式会社、日本電気株式会社、日本無線株式会社
株式会社日立国際電気、株式会社日立製作所、ファナック株式会社、古河C&B株式会社
松尾産業株式会社、三菱重工業株式会社、三菱電機株式会社
 (五十音順)
平均年齢 41歳(平成30年4月1日現在)
従業員比率 20歳未満  0.00%
20~29歳 17.93%
30~39歳 25.52%
40~49歳 32.41%
50~59歳 24.14%
60歳以上  0.00%

(平成30年4月1日現在)
沿革 昭和 7年 6月 初代取締役社長吉田晴、資金8,000円で日本高周波研究所を創立
昭和12年 4月 資本金28,000円の日本高周波合資会社とする
昭和13年 2月 資本金278,000円の日本高周波株式会社とする
昭和39年 1月 取締役社長吉田晴死亡のため常務取締役李家正爽取締役社長就任
昭和39年 2月 昭和13年以降設備拡充のため数回の増資を行い、資本金25,000,000円とする
昭和40年 8月 吉田晴太郎取締役社長就任
昭和50年10月 村上國勝、多賀久生代表取締役就任
昭和53年12月 資本金30,000,000円に増資
昭和59年11月 篠原己拔代表取締役社長就任
昭和62年 2月 資本金60,000,000円に増資
平成 3年 3月  資本金90,000,000円に増資
平成 4年 9月 資本金155,500,000円に増資
平成10年11月 篠原己拔代表取締役会長、目賀田順一代表取締役社長に就任
平成12年11月 篠原己拔代表取締役会長、川本博代表取締役副会長、新村保夫代表取締役社長就任
平成16年11月 篠原己拔代表取締役会長、川本博代表取締役副会長、梅澤九十代表取締役社長就任
平成17年11月 篠原己拔代表取締役会長、梅澤九十代表取締役社長就任
平成18年11月 篠原己拔代表取締役会長、菊地隆夫代表取締役社長就任
平成20年11月 篠原己拔代表取締役会長、山本哲道代表取締役社長就任
平成23年11月 松尾宗和代表取締役社長就任
平成25年11月 鎌田昌樹代表取締役社長就任
平成28年11月 金子茂代表取締役社長就任

連絡先

日本高周波株式会社

〒226-0011
横浜市緑区中山3-15-1
総務部
TEL:045-939-6962
Email:somu@nikoha.co.jp
URL http://www.nikoha.co.jp/
掲載開始:2019/03/01

日本高周波株式会社 に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

日本高周波株式会社 に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)