株式会社日放電子
ニッポウデンシ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社日放電子

メーカー/製造業/企画開発/電子機器/電子/放送局/ソフトウエア
  • OpenES
  • 正社員
業種
半導体・電子部品・その他
コンピュータ・通信機器・OA機器/ソフトウェア/重電・産業用電気機器/精密機器
本社
東京
エントリーはこちらから

私たちはこんな事業をしています

情報通信・マルチメディア等業務用電子応用機器とソフトウェアおよびこれらを組み合わせたシステム構築までの発・設計・製造・保守を一貫して行っています。
当社の事業を支えているのは「技術力」、それだけに技術者の力を伸ばす環境には惜しまず投資。
結果、創業40年以上に渡り、高水準と品質を実現しつづけ、電子応用機器開発/ソフトウェア開発のベストパートナーとしてお客様と共に成長してきました。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

- 次世代スマートフォン通信規格から空港でのテロ対策技術まで -

空港を利用したことがある方は、実際に当社の製品を見ているかもしれません。全世界で無差別にテロ活動が頻発している近年。某国内最大手のお客様からの依頼で、ガソリンなどの引火燃料の持ち込みを水際で防ぐことができる「ペットボトル探知機」を開発しました。ペットボトルに限らず、ブリキ缶・アルミ缶等まで対応でき、その上、フタを開けなくても瞬時に中身を認識できる、その性能の高さを買われ、国内の全空港に導入されたばかりか、海外でも広く導入されています。当社では、これまでにない新しい電子応用機器やシステムを、開発から設計・製造・組込ソフトウェア開発・筐体設計・保守まで、社内で一貫して手掛けています。

企業理念

- 「技術力」と「社員を育てる環境」こそが日放電子の商品 -

量産品は受けず、下請けにもならず、放送向けのメイン放出機器・システムを創業から手掛けてきました。現在では、その実績を活かしつつ、業界不問でお客様の電子応用部門のR&D全てに取り組んでいます(多品種少量生産)。当社が目指すのは、「こんな製品があったらいいけど、作り方が分からない。とりあえず日放電子に相談してみよう」と言われる姿。当社の商品は、いわば「技術力」かもしれません。それだけに、技術者の力を伸ばすための投資も惜しまず行っています。他にも社内イベントも盛りだくさん、ビアイベントやボーリング大会、季節の料理お食事会などといった「和」の文化を大切にしながら、社員の成長と活躍を見守っています。

社風・風土

- 「好きこそモノの上手なれ」が当社の理念 -

面接では必ず、「何をやりたいか」をお聞きします。当社では、「好きこそ、モノの上手なれ」という方針のもと、入社後は必ず希望部署に配置。なぜなら、好きでもないものに取り組んでも、苦痛なだけだから。技術者として成長するためには、「好きなことを、楽しんでやることが欠かせない」と信じています。更には、海外研修や外部講習に参加する際には、会社が費用を負担。学ぶ意欲を全面的にバックアップしており、社員の自主性を重んじるという風土では、どこにも負けないと自負しています。モノ作りには、設計・製造・組込ソフトウェア開発・筐体設計・保守という様々な工程が存在しますが、当社には部門間の隔たりもありません。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

(1)電子回路開発設計(デジタル)
(2)電子回路開発設計(アナログ)
(3)機構・筐体設計
(4)ソフトウェア開発設計(SE、組込系・制御系)
(5)産業用機械開発設計(真空装置、スパッタ装置・電源)
(6)製造・検査・調整
(7)生産管理業務(工程管理、品質管理、資材調達、原価計算)
(8)技術営業(開発・製造の受託業務)
(9)営業事務
(10)一般事務(受付事務・総務・経理・人事・各部署の書記事務)

会社データ

事業内容 1.電子応用機器及び電子機器システムの開発・製造
  (1)放送局(TV・ラジオ・その他)映像・音声・制御機器
  (2)光通信を含む有線通信機器
  (3)衛星通信用送受・復調機器
  (4)産業用特殊無線機器
  (5)警備・保安システム機器
  (6)産業用オートメーション機器
  (7)各種計測機器
  (8)自動試験装置
  (9)真空装置
  (10)その他 特注機器装置

2.ソフトウェア開発
   (1)組込系ソフトウェア開発
  (2)制御ソフトウェア開発
  (3)デバイス系ソフトウェア開発
  (4)データ処理系ソフトウェア開発
  (5)ソフトウェア業務における支援及びコンサルタント
  (6)前項機器のソフトウェア部分

3.コンピュータ及びソフトウェア販売
  (1)各種コンピュータ及び周辺機器
  (2)アプリケーションソフトウェア
4.デバイス関連機器の輸入販売

5.以上に準ずる電子応用機器の開発

当社は情報通信・マルチメディア等業務用電子応用機器とソフトウェアおよびこれらを組み合わせたシステム構築までの開発・設計・製造・保守を一貫して行っています。

創業以来40年以上に渡って、常にお客様のお仕事の成功を第一に考え、高い技術と品質でお客様の期待に応えてきました。これからも電子応用機器開発/ソフトウェア開発のベストパートナーとしていっそうの努力を続けていきたいと考えています。

目覚しく発展する有線・無線通信技術、ますます高速化するデジタル信号処理技術、さらに複雑さを増すソフトウェア技術、そしてさまざまな分野への広がりをもつプラズマ技術。
これら最先端技術をコアコンピタンシーとして、無線通信、放送機器、ソフトウェア開発などの幅広い分野で、多様化するエレクトロニクス業界の広範なニーズにトータルシステムハウスとして応えていきたいと思っています。
設立 昭和48年3月
資本金 3億円
売上高 25億6,000万円(2016年3月期)
従業員数 125名(大卒100名、専短大卒25名)
代表者 取締役社長 桐畑幸雄
本社・事業所 ・アドバンストテクニカルスタジオA
    〒215-0034 川崎市麻生区南黒川8-1
・アドバンストテクニカルスタジオB
    〒215-0034 川崎市麻生区南黒川9-1
・アドバンストテクニカルスタジオC
    〒215-0033 川崎市麻生区栗木2-8-12
・本社オフィス
    〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-12-1
・大阪支店
    〒569-0805 大阪府高槻市上田辺町6-23 上田辺薩摩ビル403号
・九州研究開発センター
    〒808-0135 北九州市若松区ひびきの
関連会社 オウルシステムズコーポレーション(フィリピン)
J&Rエレクトロニクスコーポレーション(ロシア)
株式会社 グリーンエンタープライズ
主要取引先 IHIエアロスペース、イビデン、宇宙航空研究開発機構、衛星ネットワーク、NEC東芝スペース、NHK、NTT、TDK、沖電気工業、オムロン、オリンパス光学工業、海洋科学研究センター、海洋研究開発機構、キャノンアネルバ、京セラ、慶應義塾大学、ケンウッド、産業技術総合研究所、シャープ、資生堂、住友スリーエム、小糸工業、小糸製作所、ソニー、大日本印刷、田中貴金属工業、東レ、東急車輛製造、東京ガス・エンジニアリング、東京電力、東芝、東芝医用システム・エンジニアリング、東芝電波プロダクツ、東洋紡績、凸版印刷、日本電気、富士フィルム、富士通、ホーチキ、三井造船 等全国の主要企業  等全国の主要企業(50音順、法人格敬称略)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、横浜銀行、東京都民銀行
沿革 昭和48年 3月 株式会社日放電子設立、本社渋谷区
昭和50年 6月 本社を、千代田区神田小川町に移転
昭和51年 7月 新宿ソフトウェア開発センター 開設
昭和55年 6月 ハード、ソフト工場(多摩テクニカルセンター)、 川崎市多摩区に開設
昭和59年 4月 川崎テクニカルセンター、川崎市高津区に開設
平成元年 2月 アドバンストテクニカルスタジオA、川崎市麻生区に開設
平成10年 3月 アドバンストテクニカルスタジオB、川崎市麻生区に開設
平成13年 5月 大阪支店、大阪府高槻市に開設
平成17年 4月 九州研究開発センター、開設 
平成18年11月 アドバンストテクニカルスタジオC、川崎市麻生区に開設
平均年齢・勤続年数 平均年齢
全体:32.6歳(男性:33.4歳、女性:25.3歳)

平均勤続年数
全体:10.7年(男性:11.5年、女性:4.7年)
日放電子が考える「社員の幸せ」 会社として大事なのは売上・利益だけではなりません。
組織の一員として働く社員一人ひとりの「健康」「安定・安心」「幸せ」を考え、健康・健全な社員が活躍するからこそ「売上」が上がる、という好循環が一番大切であると考えています。
そのために当社では数々の福利厚生手当から、社員の健康面まで考慮した「野菜支給」なども実施し、社員が笑顔で元気に働ける環境作りを実践しています。

当社の主な取り組み一覧 ▼
・毎週金曜日は定時退社日(NO残業DAY)
・男女単身者寮(ワンルーム、2DK)
・首都圏2箇所に温泉付スポーツ保養所
・週2回社員への野菜サラダ支給
・夏の風物詩 ビアパーティ
・秋の風物詩「松茸ご飯コース」を無料提供(年1回)
・土用の丑の日「伝統うなぎ料理」を無料提供(年1回)

連絡先

〒215-0034
神奈川県川崎市麻生区南黒川8-1 アドバンストテクニカルスタジオA館
総務部/藤田
TEL:0120-100-233、044-989-9110   
FAX:044-989-8515
URL:http://www.nippoe.co.jp
掲載開始:2019/03/01

株式会社日放電子に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社日放電子に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)