生活協同組合コープみらい
コープミライ
2020

生活協同組合コープみらい

【コープデリグループ】
業種
生活協同組合
スーパー・ストア/食品/共済/各種ビジネスサービス
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

コープみらいは、千葉県・埼玉県・東京都を事業エリアとする組合員約334万人の生協です。

食の安全と安心を第一に、コープデリ宅配事業・店舗事業を通して食卓に笑顔をお届けし、食の文化に関与している自覚を持ち、組合員のくらしに生涯にわたって貢献します。
共済・保険、福祉・介護、チケット、カルチャー、売電(約8割が再生可能エネルギー電気)など、くらしのサービスを通じ“地域に豊かさ”を提供しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

「CO‐OP ともに はぐくむ くらしと未来」

コープみらいは、生協です。生協はこれまでの長い歴史の中で、「安全で安心できる商品を利用したい」という生活者の願いを叶えるためにさまざまな取り組みを進めてきました。「農薬を減らしたい」「不要な添加物を減らしたい」といった、家族を想うお母さんのやさしい気持ちを商品にし続けてきた歴史ともいえます。お届けする商品の根底は、こうした「安全で安心できる品質」があってこそ。コープみらいは数十年変わらない存在意義として「CO‐OP ともに はぐくむ くらしと未来」という理念を掲げ、2025年のありたい姿(ビジョン2025)「食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協へ。」となれるよう、取り組みを進めていきます。

事業・商品の特徴

組合員の想いや願いをかたちにしたくらしに役立つコープ商品

コープ商品は日本生協連が中心となって開発する生協のプライベートブランド(PB)です。「安全性の確保」「確かな品質」「利用しやすい価格」「分かりやすい情報提供」を基準としています。組合員から日常のくらしの中でコープ商品について感じることを、声としていただくが、コープへの組合員参加となり、コープ商品への改善へとつながります。直接電話・Eメール・モニターラボ・各種アンケート・商品テストなどで寄せられた組合員の声は、商品の開発・改善に生かしているほか、サービスの向上などにも活用しています。私たちはこれからも、組合員の声を大切に、コープのファンづくりに取り組んでいきます。

魅力的な人材

人にやさしく、誇りがもてる組織を目指して

コープみらいは、多様な働き方・ワークライフバランスの推進と、組合員や地域社会の期待に応え、貢献することに誇りと働きがいを感じる組織風土づくりを目指しています。出産・育児支援制度の充実など、次世代育成支援対策推進法にもとづく取り組みを行い、07年・10年・13年・16年の4回、「子育てサポート企業」として厚生労働省の認定を受けて「くるみん」を取得しました。事業所内保育室の開設や介護支援制度の整備、「仕事と育児の両立支援セミナー」や「子ども参観日」の取り組みも行っています。人材育成の取り組みとして、職場の中で人が人を育成することを大切にした様々な研修を行っているほか、自己啓発機会を数多く提供しています。

会社データ

事業内容 【事業内容】

《コープデリ宅配事業(個人宅配・グループ配達)》
コンセプトは「つかうほど、じぶんらしく。」これは「つかうほど、安心」、「つかうほど、おいしい」、「つかうほど、便利」、そして「つかうほど、健康」を実感していただけるようなコープデリでありたいという想いをこめています。

《店舗(スーパーマーケットなど)による食品販売事業》
コープみらいでは、1都2県のエリア全体で約130店舗を展開しています。
『おいしさと安心を、うれしい価格で。』をコンセプトに、「地域に根ざした店づくり」を進め“食とくらしのさまざまなサービス”を提供しています。

《保障(共済・保険)事業》
組合員のくらしのリスクに備える保障(共済・保険)事業を展開。組合員一人ひとりのライフプラン・ライフステージに最適な保障(共済・保険)を組合員の立場にたってともに考え提案しています。

《福祉・介護事業》
組合員の要望に総合的に応えるために、福祉事業に取り組んでいます。組合員どうしの自主的活動として広がってきた“福祉助け合い”の取り組みを基盤に、福祉・介護を支援しています。

《各種サービス事業(ホームサービス・ハウジング・チケット・葬祭事業など)》
各種のサービス(ホームサービス・ハウジング・チケット・葬祭事業など)を組合員が料金や内容などについて安心して利用できるように、生協の仕様で提供しています。
設立 2013年(平成25年)3月21日

※旧ちばコープ・さいたまコープ・コープとうきょうの
首都圏3生協が合併して2013年3月21日に誕生
出資金 665億円
(2017年3月時点)
従業員数 正規職員:3,178名
(2017年3月時点)
総事業高 3,853億4,886万円
(2017年3月期)
代表者 コープみらい 理事長 新井 ちとせ
事業所 ■ 本部所在地 ■
〒336-8523
埼玉県さいたま市南区根岸1丁目5番5号

■ 事業所 ■
宅配センター76カ所
SM店舗 64店舗
ミニ店舗 69店舗
店舗数 133店舗
介護事業所 32カ所
(2017年3月時点)
生協とは 消費者の協同組合を生活協同組合(生協)と呼び、「コープ」とも呼ばれています。
一人ひとりの消費者がくらしのさまざまな願いを協同し、たすけあいながら実現してゆく消費者の組織、それがコープです。一人ひとりが「出資金」を出し、事業や活動の「運営」に参加し、「利用」する協同組合です。
理念 ~ CO・OP ともに はぐくむ くらしと未来 ~

私たちは、一人ひとりが手をとりあって、一つひとつのくらしの願いを実現します。
私たちは、ものと心の豊かさが調和し、安心してくらせるまちづくりに貢献します。
私たちは、人と自然が共生する社会と平和な未来を追求します。

★理念とは私たちコープデリグループの存在意義であり、使命です。コープデリグループの生協の組合員と、グループで働く役職員がともに掲げ、多くの人々とともに実現していくことを呼びかけるメッセージでもあります。


--------------------------------------------------------------------------------

【CO・OP】
「co-operative」(協同組合)の略語であり、生協の通称としてなじみの深い「co・op」を冒頭に掲げ、生活協同組合の理念であることを明確にしました。また、世界中に協同組合の輪が広がっていくことへの願いも込めました。

--------------------------------------------------------------------------------

【ともにはぐくむ】
「ともに」は協同組合の原点である協同の心を表しています。協同とは、一人ひとりがくらしを良くするために行動し、ふれあい、学びあい、教えあい、助けあう精神とその行動です。私たちは、だれもが生協に参加できることを大切にします。
「はぐくむ」には「豊かにくらしたい」という一人ひとりの願いを大切にし、地球を守り、人間を尊重し、生命を慈しみながら、より良いくらしと未来を創造していく決意が込められています。
自然と人間、個人と社会、消費者と生産者、あなたと私など、それぞれの多様なあり方を尊重し、違いを乗り越え、「くらし」と「未来」をはぐくんでいきます。

--------------------------------------------------------------------------------

【くらしと未来】
生協の歴史は、一人ひとりの力は小さいけれども、地域の人々が話し合い、協力しあって、くらしや地域をより良くしようとしてきた活動に満ちあふれています。
時代がかわっても、人々がくらしの豊かさを願う気持ちは変わりません。生協には食べ物のことから健康や子育てなど、くらしに関するコミュニケーションを広げ、より良いくらしや社会をつくり上げていく役割が、これからも期待されています。
また、世界最大のNGOとして、国際社会の相互理解を基礎とした平和の実現や、人が自然と共生できる社会システムづくりを通して、持続可能な社会をつくり、次世代へ継承していくことが、いっそう求められています。私たちは正直・公正であることを大切にし、事業と活動を通じて、豊かなくらしと未来を創造していきます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)