株式会社中日新聞社
チュウニチシンブンシャ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社中日新聞社

中日新聞/東京新聞/マスコミ/広告/イベント/WEB
  • 正社員
業種
新聞
本社
愛知、東京

当社の魅力はここ!!

企業理念

ブロック紙としての誇りを持ち続ける中日新聞社

全国紙でもない、地方紙でもない、我々ブロック紙に求められる価値とは何でしょうか?私たちは「国内・世界情勢をも捉える機動力」と「小さな声を拾いあげるきめ細やかさ」にあると考えます。情報のプロフェッショナルとして国家や自治体、海外の情勢だけでなく、住民の声や暮らし、人生に密着したきめ細やかな情報を記者たちが“足”を使ってお届けする。そんな全国紙と地方紙の強みを兼ねそろえた泥くさい新聞が、弊社の発行する中日新聞・東京新聞であり、私たちの誇りなのです。権力に屈せず真実を求める者から、地域を愛してやまず人々の尊い人生を記したい者まですべての記者が集まる場所。それが中日新聞社です。

事業・商品の特徴

社会インフラとして新聞“紙”を作り続ける

情報入手の手軽さや環境への配慮などから世の中がデジタル化の一途をたどる一方で、私たちは紙の新聞を大切に守り続けます。その理由は、私たちは紙の新聞を「情報をお届けするツール」としてだけでなく「人々とのコミュニケーションの手段」だと考えているから。大規模な災害時、電気が遮断された被災地の人々が情報を得るには新聞が必要です。また、過疎地域に住む人々の暮らしを見守ることができるのも、実際に毎日お宅に伺い配達をおこなう紙の新聞ならでは。社会インフラとしての役割を担う存在だからこそ、いつまでも地域コミュニティの一員でありたいと考えています。

社風・風土

連綿と続く徹底した現場主義の精神

情報の信頼性は新聞の価値に直結します。だからこそ、私たちは関係者に直接会って話を聞いたり、文献を調べたりと“足”を使った情報収集を大切にしています。この現場主義の精神を学んでいただくために、入社後まずは全部署共通の新人社員研修として新聞販売店実習をおこないます。これは新聞がどのように読者のもとへ届けられ、どのように読まれているのかといった人々の声を自分の足を使ってかき集め、その後の業務に活かして欲しいと考えているから。座って学ぶよりも体を使って覚える。そんな徹底した現場主義が中日新聞社の信頼性を支えています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■編集職
紙面づくりに必要な情報を集め、記事にまとめる取材部門と、ニュースの価値判断を的確におこない、紙面を作成する内勤部門に分かれます。

■ビジネス職
新聞配達店のマネジメント、紙面や広告の企画・集稿、イベントの立案・実行や充実した職場環境づくりに取り組む部署です。

■技術総合職
紙面製作や各種メディアサービスの企画・展開に必要な技術を担っています。

会社データ

事業内容 中日新聞社は、中部・首都圏の4本社3支社で中部地区の主読紙・中日新聞をはじめ、東京新聞、北陸中日新聞、日刊県民福井、中日スポーツ、東京中日スポーツ、中日こどもウイークリーの7銘柄の新聞を発行する日本唯一の多極発信型メディアです。そのほか書籍の発行や中日文化センターの運営など幅広い事業を展開しています。

■各紙紹介
・中日新聞
世界の大ニュースを追いながら、地域の出来事も丹念に伝え、社会や暮らしのあり方を読者と共に考える。豊富な情報量と読みやすい編集により、中部地方で圧倒的な信頼を得ています。

・東京新聞
首都圏の身近な情報とともに世界の動きも詳しく伝えます。編集方針は「読者とともに」。真実を伝えるぶれない報道でオンリー・ワンの紙面づくりを目指します。

・北陸中日新聞
石川・富山両県のきめ細かな報道や日本、世界の動静をタイムリーに伝えます。読者から寄せられた情報を基に取材した「読者発」や、若手記者が中心となって作る「ポプレス」など特集面が好評です。

・日刊県民福井
福井の県紙。「1面や社会面は毎日地ダネをトップに」「平日は2~7面まで地方版」という地域密着を徹底した編集方針が福井県下の読者に支持されています。

・中日スポーツ
即売中心になりがちなスポーツ紙のなかでも、宅配率7割と高い実績を誇り、東海3県で抜群の支持を獲得。中日ドラゴンズの情報はもちろん、地域スポーツ情報や芸能面が充実しています。

・東京中日スポーツ
中日ドラゴンズの報道はもちろん、F1を中心としたモータースポーツのリーディングペーパーとしても他社を圧倒するスポーツ紙。週末には首都圏で唯一、競馬面の個別紙面もおこなっています。

■新聞総発行部数
3,390,227部
※中日・東新・北中/ABC部数(2018年7月~12月半期平均)
 県民/自社公称部数
 スポーツ紙/2018年4月部数
 こどもウイークリー/2018年7~12月半期平均
設立 1942年9月1日
資本金 3億円
従業員数 2,903人(男2,226人・女677人)
代表者 代表取締役社長 大島 宇一郎
売上高 1,298億4,295万円(2018年3月期)
1,357億1,364万円(2017年3月度)
1,367億2,260万円(2016年3月期)
事業所 ■名古屋本社 名古屋市中区三の丸一丁目6番1号
Tel(052)201-8811

■東京本社 東京都千代田区内幸町二丁目1番4号
Tel(03)6910-2211

■北陸本社 金沢市駅西本町二丁目12番30号
Tel(076)261-3111

■東海本社 浜松市東区薬新町45番地
Tel(053)421-7711

■大阪支社 大阪市北区堂島二丁目1番43号
Tel(06)6346-1111

■岐阜支社 岐阜市柳ケ瀬通一丁目12番地
Tel(058)265-0191

■福井支社 福井市大手三丁目1番8号
Tel(0776)22-0950

総支局・通信局部 国内165カ所、海外16カ所
関連会社 中日ドラゴンズ、ナゴヤドーム、中日ビルディング ほか
沿革 1886年3月/「無題号」、「金城たより」創刊

1942年9月/無題号を継承した「新愛知」と金城たよりを継承した「名古屋新聞」が合併し、中部日本新聞社を創立。「中部日本新聞」を創刊

1954年2月/「中日スポーツ」を創刊

1956年2月/「東京中日新聞」を創刊

1960年11月/「北陸中日新聞」を創刊

1965年1月/「中部日本新聞」を「中日新聞」と改題

1967年10月/東京新聞社の営業権を譲り受け、「東京新聞」を発行

1970年3月/「東京中日新聞」を「東京中日スポーツ」と改題

1971年9月/社名を「株式会社中日新聞社」と変更

1981年4月/東海本社(浜松)が発足、「中日新聞」を印刷発行

1993年1月/「日刊福井」の発行を引き受け

1994年6月/「日刊福井」を「日刊県民福井」と改題

1998年3月/「中日新聞」紙齢2万号(3月31日)

2011年8月/週刊新聞「中日こどもウイークリー」創刊

連絡先

■中日新聞社人事部(名古屋本社)
〒460-8511
名古屋市中区三の丸一丁目6番1号
052-221-0564
jinjibu@chunichi.co.jp

■中日新聞東京本社人事部
〒100-8505
東京都千代田区内幸町二丁目1番4号
03-6910-2113
tjinji@tokyo-np.co.jp

【入社案内HP】
http://www.chunichi.co.jp/annai/
掲載開始:2019/03/01

株式会社中日新聞社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社中日新聞社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)