トヨタ自動車株式会社
トヨタジドウシャ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • 正社員
業種
自動車
本社
愛知、東京
リクナビ限定情報

特集記事とは、この企業が掲載された特集テーマに沿って、注目されている理由や魅力をリクナビが独自に取材した情報です。

特集テーマ:女性エンジニアが活躍する企業特集

入社からこれまで、「女性だから」と意識したことはありません。

「入社からこれまで、特に『女性だから』と意識したことはありません。」そう語るのは、駆動・HVユニット生技部 技術企画室で主任として活躍している瀧上 杏子さん。

入社後は本人の希望どおり、生産技術開発を担当。2年目に、生産ラインの大規模な自働化プロジェクトのメンバーに抜擢され、経験豊富な先輩たちに囲まれながら、開発のイロハを学んだ。4年目には、この自働化技術を海外へ展開することになり、若手社員向け海外研修制度の対象者である彼女に白羽の矢が。2008年、アメリカのケンタッキー州にある北米トヨタへと渡った。

帰国後、同じくトヨタでエンジニアとして働く夫と結婚。
育児休暇に入る直前、主任昇格試験があったため、ギリギリまで働いていた。「試験を受けたものの、出産後は今までのような働き方はできないだろうから、昇格は難しいかもしれないと、少し不安に感じていました」。ところが、育児休暇中に部長から電話があり、「主任昇格おめでとう。復帰してからも頑張って」と告げられたという。「この言葉には、驚きを超えて感謝の気持ちしかありませんでした。」このエピソードからも性別の垣根がない、フラットな職場であることが伺える。

プロフィール

瀧上 杏子(2004年入社)

駆動・HVユニット生技部 技術企画室 主任

工学システム学類 環境開発工学専攻。現在の主な業務は、生産準備のデジタル支援。生産準備における工具検討業務を効率的にするためのソフトウェアを評価・改造し、展開している。休日は、子供が大好きな新幹線や電車を見るためにいろんなところへお出かけ。

[私はこれで入社を決めた]

「自分のつくったものが世界中の人に使われるような仕事がしたい」。その想いから、トヨタへ。

学生時代にアイルランドへ短期留学していたときのことです。日本製品といったら『トヨタ車』というイメージが周囲にあったことに感銘をうけ、自分のつくったものが世界中の人に使われるような仕事がしたいと考えるようになりました。就職活動では、自動車メーカーをはじめ、建設会社などものづくりの会社を中心に受けましたが、どこの会社でも面接で必ず確認されたのは「女性だけど、続けられる?」ということ。そうした質問が唯一なかった会社がトヨタ。女性に対して、男性と差異なく考えている会社だと思いました。

[忘れられない仕事エピソード]

北米にわたり、国籍も性別も超えて一丸となって戦った生産ライン自働化プロジェクト。

入社4年目に、これまで関わってきた生産ラインの自働化技術を海外へ展開するため、アメリカのケンタッキー州にある北米トヨタへ渡りました。英語はそれほど得意ではありませんでしたが、プロジェクト遂行のためには躊躇する猶予はなく、資料やイラストを駆使しながら主体的にコミュニケーションを図りました。しかし、プロジェクトが佳境に差し掛かる頃にリーマンショックが発生。その影響でプロジェクト自体が中止になってしまいました。どうしようもできない悔しさ。それでも灯りを落とした工場で、「トヨタのために」と最後の最後まで国籍も性別も超えて一丸となって戦ったことは貴重な体験です。

[今後、私が目指すのは・・・]

仕事と子育ての両立。私のキャリアの描き方が、誰かにとってのモデルケースとなってくれたら嬉しい。

2014年1月に職場復帰し、現在は毎朝社内の託児所に子供を預けて定時まで、4人のチームを預かるリーダーとしてフルタイムで働いています。育児休暇に入る前、「キャリアアップを諦めたくない」という一心で主任昇格試験に挑戦していたのも、すべては「この仕事をもっと続けていきたい」という想いがあったから。これからは、介護や育児など様々な理由で、女性だけでなく男性の働きかたも変わってくる時代です。仕事と子育てを両立する私の働き方が、そんな人たちにとってのモデルケースとして少しでも役に立てれば。そんな気持ちで働いています。

[私を支えてくれる仲間]

制度が整っていることはもちろん、職場のメンバーや周囲の理解が、私にとっては何よりも頼もしい。

職場復帰当初は、仕事と育児の両立ができるか不安でした。実際、両立することは大変だけど、今のところは順調。それは、職場のメンバーが協力してくれるおかげです。たとえば、遅い時間帯の会議には上司やメンバーが代わりに出席してくれたり、託児所から子供が熱を出したと電話がかかってくると、「あとはやっておくから」と、仕事を巻き取ってくれます。どうしても調整がつかないときは、夫が送り迎えをしてくれるのですが、夫の部署の人たちも「今日はお迎えでしょ?」と、業務調整してくれています。制度が整っているのはもちろんですが、こうした周囲の理解が私にとってはとても頼もしく思えます。

入社4年目に、生産ラインの自働化技術を海外へ展開するため、北米トヨタへ

事業所内に託児施設が用意されているので、子どもに何かあったときでも安心

時短勤務や在宅勤務など、多様な働き方が可能なこともトヨタの魅力です

リクナビ限定情報
掲載開始:2019/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
女性エンジニアが活躍する企業特集

トヨタ自動車株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

トヨタ自動車株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)