津安芸農業協同組合
ツアゲノウギョウキョウドウクミアイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
信用金庫・信用組合・労働金庫
共済/団体・連合会/コンサルタント・専門コンサルタント/生活協同組合
本社
三重

私たちはこんな事業をしています

JA津安芸は、農家の皆様の営農支援や金融、共済(保険)など、
地域に根ざした幅広い事業を行う農業協同組合です。

生産と消費の架け橋になる販売事業に力を注いでおり、
地域で採れた農産物を県外の市場に出荷する一方、
直販できる産直コーナーをJAグリーンとAコープ店内に常設。
プライベートブランド米『安濃津ロマン』を管内に宅配するサービスも展開し、
地産地消にも積極的に取り組んでいます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

協同の力により、「多彩な農業」と「元気な地域づくり」を目指す

三重県の中央部に位置し、豊かな自然に恵まれたJA津安芸の管内は、伝統野菜の「芸濃ずいき」をはじめ、青ネギ・白ネギ・きゅうり・みかん・梨・苺・キャベツ・カボチャなどの作物や、花の栽培が盛んな地域です。近年は、農業を取り巻く環境が厳しくなっていますが、当JAでは「自分が生まれ育った地域で働きたい」「地元の役に立つ仕事がしたい」という想いを持って入組した職員が、JAの総合力のもと農家の皆様が丹精込めて育てた農作物を県外へと出荷。一方では店舗での直販や、100%管内産の当JAプライベートブランド米「安芸津ロマン」の管内宅配サービスなど地産地消にも取り組み、地域に根ざしたJAの総合力を発揮した事業展開を行っています。

事業優位性

『今月号です』と広報誌を手渡しして、コツコツと築く信頼関係

JA津安芸の恒例といえば、新入職員、ベテラン、職種も関係なく、発刊したばかりの広報誌を持って、組合員さんを1人30~50軒まわること。「農協さん、待ってたよ。相談したいことがあったの!」と、訪問を心待ちにしてくれる組合員さんも少なくありません。足を使った地道なコミュニケーションを大切にすることで、リアルタイムな相談ごとやご紹介へとつながっています。地域に密着しているからこそ、お客様に自分の名前を覚えていただき、「ありがとう」という言葉をかけていただく機会が非常に多い仕事です。

待遇・制度

育休・産休の女性取得率は100%。メンター制度など、環境も充実

JA津安芸では、遠慮することなく産休・育休を取得できる、働きやすい職場環境を整備。入組3年以上の先輩が、後輩を専任で指導して、メンタルもフォローするメンター制度をはじめ、半年ごとに目標や取り組むべき課題を上司と向き合って考える面談会など、一人ひとりが成長でき、個性を生かして行動できる多くの制度を導入しています。意見は飛び交うけれどぶつかることはなく、目標に向かってみんなで声を掛け合い、課題解決に取り組むチームワークがが育まれているのもJA津安芸の大きな魅力です。仕事終わりや休日を仲間と一緒に楽しむ職員も多いです。仲の良い温かな風土があり、尊敬し目標にできる先輩も身近にたくさんいます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

JA津安芸では、一人ひとりを大切に、皆さんが学生時代に学んできたことを活かせる職種、適性のある事業に配属していきます。

●入組後は、本部での研修後も配属による各研修を用意。安心して働ける環境があります。
●職種/企画・総務・経理その他一般事務職、信用・共済・購買・その他窓口及び渉外担当職、ガソリンスタンド・食品調理・その他事務所担当職、農業機械取扱・整備担当職、営農指導・生活指導担当職

会社データ

事業内容 農協法に定められた事業をおこなう総合JA

<指導事業>
農業や生活に関する相談、情報の提供を通じて組合員や地域の皆様のお役に立てるよう、相談センターの設置をはじめ、営農指導、生活指導等、さまざまなサービスの提供を行っています。

●営農指導
稲作を中心とした営農情報の提供や、座談会・教室・実証田等を実施して、安全・安心でおいしい米づくりに取り組んでいます。また、全国のJAグループと力を合わせ、農業、生活、環境を守る農政活動を展開するとともに、地域社会の発展を目指しています。

●生活指導
「健康で安全な食生活と相互扶助の精神」のもとに、快適な地域づくりに密着した活動として、各種文化サークル等の組織活動や、新予約共同購入運動、朝市ふれあい市の開催等に取り組んでいます。

●各種相談への対応
顧問税理士・弁護士による税務、法律相談をはじめとし、融資・交通事故・資産管理・住宅・造園・年金等のご相談に対し、JAの総合性をフルに発揮して対応しています。

<信用事業> ※「JAバンク」の名称で親しまれる、金融機関業務を行う事業です。
貯金・融資・為替・両替など、地域に密着した金融機関をめざし、組合員はもとより地域の皆様に、広くご利用いただいています。

●貯金業務
当座貯金・普通貯金・決済用貯金・貯蓄貯金・納税準備貯金・通知貯金等の当座性貯金をはじめ、定期積金・期日指定定期・スーパー定期・大口定期・積立定期・譲渡性貯金・財形貯金等の定期性貯金等、目的、期間、金額に応じてご利用いただける商品を取り揃えています。

●融資業務
暮らしの中で必要な各種ローンから、事業用の資金まで幅広くご要望にお応えできる各種資金をご用意しています。また、平日は夜7時までと毎週土曜日も夕方4時まで営業するローンセンターを本店に設置して各種ご相談に対応しています。

●為替業務
全国の金融機関への送金・取立等が、どこの信用窓口からでも迅速・安全にお取り扱いできます。

●サービス
年金・給与の自動振込や公共料金等の口座振替、全国ネットのキャッシュサービス、また国債の窓口販売の取り扱いなど、さまざまな金融サービスに対応しています。

<共済事業>
地域の皆様が安心して生活していただけるように生命共済・年金共済・建物更生共済・自動車共済・自賠責共済、共栄火災海上保険(代理店:保険募集指針)など、くらしのガードをお手伝いをしています。

<購買事業>
農業生産や生活に必要な品物を、必要とする皆様の立場にたって提供しています。また、各種のセレモニーを承るJA葬祭やすらぎ、JAグリーン、ガソリンスタンド、営農センターなどを開設して、身近にご利用いただける店舗づくりを目指しています。

<販売事業>
生産と消費の架け橋になり、地域で採れた農産物を県外の市場に出荷する一方、地産地消にも取り組み、産直コーナーをJAグリーンとAコープの店内に常設しています。
また、プライベートブランド米「安濃津ロマン」を管内に定期的に宅配するサービスを展開しています。

<利用事業>
お米の荷受から精米までを行うカントリーエレベーターをはじめ、地域で必要な農業用施設を建設し、共同で利用することで農産物の生産コスト抑制と農作業の合理化をはかっています。

基本目標 1.「地域農業の振興」
当JAの基本的使命であり存在意義そのものです。農家組合員の所得増大と農業生産の拡大の目標達成に向け、地域農業を支える仲間づくりを進めます。

2「地域社会への貢献」
地域社会の一員として「地域」の環境変化を意識した事業活動を展開することで、地域社会との連携や協調を行い、「元気で豊かな地域社会づくり」を進めて行きます。

3「経営体質の強化」
「自己改革を支える経営基盤の確立」に向けて、協同を支える人材を育成し、自己改革に向けた実践態勢の強化を行います。

4「組合への信頼向上」
健全で透明性の高い経営に努め、組合員と地域からの信頼を得て「地域一番の身近な拠点」をめざします。
設立 昭和63年(1988年)2月1日
●美里農協・辰水農協・安濃町農協・芸農町農協・河芸町農協・津市農協が合併して津安芸農業協同組合となりました。
資本金 21億8,900万8,000円(2017年度 出資金)
※自己資本比率15.07%
組合員数 正組合員7,445人、准組合員10,810人
(平成30年3月末現在)
従業員数 290人(男子職員191人・女子職員72人・常用的臨時雇用者27人)
売上高 決算期/年1回 3月
●貯金残高
1920億100万円

●貸出金残高
313億8300万円

●長期共済保有高
4281億5100万円

●購買品取扱高
24億5100万円

●販売品取扱高
12億8300万円

(平成30年3月末現在)
代表者 代表理事理事長 落合 浩美
事業所 三重県津市
(平成17年12月31日現在における久居市及び一志郡香良洲町・一志町・白山町・美杉村を除く)

●本店 津市一色町211
●栗真白塚支店 津市栗真中山町19
●津北支店 津市一身田大古曽字西浦670-5
●津北支店高野尾店 津市高野尾町1461
●津中央支店 津市一色町211
●津中央支店津店  津市新町二丁目11-43
●神戸片田支店 津市神戸882-1
●神戸片田支店片田店 津市片田井戸町43-2
●津南部支店 津市高茶屋一丁目7-5
●津南部支店雲出店 津市雲出本郷町1383
●美里支店 津市美里町五百野1918
●安濃中央支店 津市安濃町川西2042
●安濃中央支店安濃店 津市安濃町内多445-1
●芸濃支店 津市芸濃町椋本4383-2
●河芸中央支店 津市河芸町一色34-8

●津北部営農センター 津市大里窪田町3188
●津中央営農センター 津市一色町191-2
●津南部営農センター 津市高茶屋1-7-5
●美里営農センター 津市美里町五百野1918
●安濃営農センター 津市安濃町川西2042
●芸濃営農センター 津市芸濃町椋本4383-2
●河芸営農センター 津市河芸町一色34-8

●ローンセンター 津市一色町211
●JA葬祭やすらぎ 津市半田425
●農機センター 津市一色町191-2
●食材センター 津市一色町209
●カントリーエレベーター 津市一色町191-2
●JAグリーン津店 津市一色町211
●燃料センター 津市一色町191-2
●みどりの交差店 津市一身田大古曽字西浦670-5


(2018年12月現在)
沿革  戦前、戦中の産業組合・農会・農家組合・農事組合・農業会等をその母体として、昭和22年に施行された「農業協同組合法」以降、集落を一つの単位とした「農業協同組合」が全国各地に次々と組織され、順次行政区域を一つの単位として合併を進めるなか、当管内においても津市農協、美里農協、辰水農協、安濃町農協、芸濃町農協、河芸町農協の6農協へと発展してきました。
 その後、昭和60年11月19日の第33回三重県農協大会において決議された「広域農協合併構想の推進に関する決議」に基づいて、昭和63年2月1日に三重県下初の行政区域を越えた広域合併農協として、現在の津安芸農業協同組合が発足しました。

連絡先

〒514-0057 三重県津市一色町211
津安芸農業協同組合 総務部 総務課
TEL059-225-1881
URL:http://www.ja‐tsuage.or.jp
E‐mail:soumuka@tsuage.jamie.or.jp
掲載開始:2019/03/01

津安芸農業協同組合に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

津安芸農業協同組合に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)