広島国税局
ヒロシマコクゼイキョク
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
公社・官庁
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

国税局は、国の財政基盤を支える内国税の賦課・徴収を行う官庁です。

広島国税局は、中国5県(鳥取、島根、岡山、広島、山口)を管轄しており、管轄区域内には50の税務署が設置されています。

私たちは、国税局・税務署において、『税のスペシャリスト』として、納税者である企業や個人のみなさんが自発的に正しく納税義務を履行されるよう、調査・徴収事務をはじめとして様々な業務を行っています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

誰に対しても適正で公平な税務行政を

国税局・税務署の使命は、納税者の自発的な納税義務の履行を適正かつ円滑に実現することにあります。国税局・税務署では、国民から負託された責務を果たすために、租税教室や広報活動など納税者が納税義務を理解し実行する活動(納税者サービス)や、善良な納税者が課税の不公平感を持つことがないよう、納税義務が適正に果たされていないと認められる納税者に対し、的確な指導や調査を実施することによって誤りを確実に是正する活動(適正・公平な税務行政の推進)により、内国税の適正がつ公平な課税の実現を図っています。

施設・職場環境

充実した研修制度で、税のスペシャリストへスキルアップ

国税局へ採用になると、3か月間の専門官基礎研修を受講することになります。この研修では、社会人としての良識及び公務員としての自覚をを身に付けるとともに、各税法や簿記など、これから税務の仕事をしていく上で必要不可欠な知識をしっかり習得します。その後も、1年間の実務を経験した後に受講する専攻税法研修(1か月間)や、さらに2年間の実務を経験した後に受講する専科研修(7か月間)があります。他にも、国際課税の分野の諸課題への対応能力の習得を目的とした国際科研修(5か月間)や実践的な税法解釈・適用能力等の習得を目的とした専攻科研修(4か月間)などがあり、スキルアップのための研修制度はとても充実しています。

魅力的な人材

日々成長できるこの職場は、やりがいが溢れています

国税の仕事の魅力は、やはり国の根幹である「税」の一端を担う『税のスペシャリスト』であるという点です。国税の職場では、各税法の知識等高い専門性が求められ、若いうちから賦課・徴収という責任ある仕事を任せられるため、緊張感はありますが達成感ややりがいを感じながら日々仕事を行っています。さらに、税務行政は、経済・社会情勢の変化に的確に対応する必要があり、日頃から様々な情報に目を向ける習慣が身に付きます。また、多種多様な業種の方々と接する機会があるため、日々新たな知識の習得や発見があり、実務経験を通じて自分自身の成長を実感することができます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

○国税調査官
  納税者から提出された申告書等について、適正な申告が行われたかどうかの調査や検査を行うとともに、申告に関する指導などを行います。
○国税徴収官
  定められた納期限までに納付されない税金の督促や滞納処分を行うとともに、納税に関する指導などを行います。
○国税査察官
  裁判官から許可状を得て、悪質な脱税者に対して捜索や差押えなどの強制調査を行い、刑事罰を求めるため検察官に告発します。

会社データ

事業内容 国税局・税務署は、内国税の賦課・徴収を担当する行政機関です。
広島国税局は、中国5県を管轄し、管轄区域内の税務署の賦課・徴収事務について指導監督を行うとともに、大規模納税者等に対して、自らも賦課・徴収を行います。
税務署は、国税局の指導・監督のもと、国税の賦課・徴収を行う執行機関です。納税者の窓口として第一線で国税事務を担います。

申告納税制度をとっている日本では、納税者が申告・納税しやすいようにサービスを充実させ、納税環境を整備することが重要です。また、的確な調査・指導の実施及び滞納処分を執行することによって、適正・公平な課税・徴収を実現していかなければなりません。これらの活動を通じて、国民の「納税コンプライアンス」を向上させていくことが私たちの使命です。1949(昭和24)年の国税庁開庁に重要な役割を果たしたハロルド・モス氏が残した「正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的」という言葉があります。半世紀以上も前の言葉ですが、今も変わらず、そして今後も変わらないであろう、広島国税局の道標となっています。
設立 1949(昭和24)年6月
資本金 官公庁のため無し
従業員数 約3,100名
売上高 官公庁のため無し
代表者 広島国税局長
国税局の使命 申告納税制度をとっている日本。
納税者が申告・納税しやすいようにサービスを充実させ、納税環境を整備することが必要です。
また、納税義務が適正に果たされていないと思われる納税者には税務調査を行い、
適正・公平な課税・徴収を担保していかなければなりません。
これらの活動を通じて、国民の「納税コンプライアンス」を向上させていくことが、
私たちの使命です。

●「正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的」●
国税庁が開庁したのは昭和24年。
その発足に重要な役割を果たしたハロルド・モス氏の言葉が
「正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的」です。
半世紀以上前の言葉ですが、今も、そして今後も変わらないであろう、
国税庁、国税局の道標です。
事業所 ○ 広島国税局(広島市中区上八丁堀6-30)

○ 税務署(中国5県、50署)
  鳥取県(鳥取署、米子署、倉吉署)
  島根県(松江署、浜田署、出雲署、益田署、石見大田署、大東署、西郷署)
  岡山県(岡山東署、岡山西署、西大寺署、瀬戸署、児島署、倉敷署、玉島署、津山署、玉野署、笠岡署、高梁署、新見署、久世署)
  広島県(広島東署、広島南署、広島西署、広島北署、呉署、竹原署、三原署、尾道署、福山署、府中署、三次署、庄原署、西条署、廿日市署、海田署、吉田署)
  山口県(下関署、宇部署、山口署、萩署、徳山署、防府署、岩国署、光署、長門署、柳井署、厚狭署)
ホームページ https://www.nta.go.jp/about/organization/hiroshima.index.htm

連絡先

〒730-8521
広島市中区上八丁堀 6-30
電話番号082-221-9211
掲載開始:2019/03/01

広島国税局に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

広島国税局に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)