株式会社小嶋屋総本店
コジマヤソウホンテン
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社小嶋屋総本店

【へぎそば・飲食/製造/卸/販売】
  • OpenES
  • 正社員
業種
外食・レストラン・フードサービス
その他専門店・小売/食品
本社
新潟
残り採用予定数
2名(更新日:2018/07/18)

私たちはこんな事業をしています

『目指すのは、お客様の期待の上を行く、”感動”を与える接客。』
新潟を代表する名物”へぎそば”を提供して97年。
お客様に変わらぬ味とサービス・おもてなしを提供しています。

新潟県内に「小嶋屋総本店(そば屋)」7店舗
7月新津店オープンしました!
「旬彩和膳 一翔」1店舗を展開。


また、へぎそば(生そば・乾麺)のメーカーとして、製造販売、卸をおこなっています。

当社の魅力はここ!!

採用方針

ホスピタリティマインドに共感し、その想いを実行できる方!

小嶋屋総本店が97年にも渡りお客様に愛される理由…それは美味しいそばが食べられるからという理由だけではありません。私たちが大切にしているのはお客様に対するサービスやおもてなしのの心”ホスピタリティマインド”。味だけではなく、心から満足してお客様にお帰りいただき、再び足を運んでもらえるよう、社員・パート・アルバイト全員がサービスの向上を追求しています。つまり求める人物像も、この小嶋屋総本店の”ホスピタリティマインド”を大切にし、常に創意工夫を積み重ね、磨きをかけることが出来る方です!私たちと一緒にサービス・おもてなしの一流を目指しませんか?

戦略・ビジョン

創業97年の歴史をもつ『小嶋屋総本店』の『へぎそば』を全国に!

私達は創業以来、つなぎに布海苔(ふのり)を用いた伝統的なへぎそばを製造・販売。新潟県内の直営店においては“小嶋屋総本店ブランド”の味をお客様に味わっていただいています。今後はこの味をよりたくさんのお客様に提供するために、関東進出を目指しています。具体的には、関東エリアでのイベントの実施、売上管理、顧客管理システムの再構築、サービス向上のためのマネジメント・教育改革を推進。そばの製造に関しても、地元・新潟の素材を活かし、伝統の味を守りながらも、当社の“新しい味”を追求していきたいと考えています。

事業優位性

小嶋屋総本店の味の秘密は自社工場にあり!

当社の特徴は何と言っても自社工場での一貫して製粉から製麺までを行っていること。日々小嶋屋総本店の店舗で提供されているへぎそばは、その日に自社工場で作られています。平成25年には製麺工場「へぎそば工房」を新築。ここでは生そば・乾麺・うどん・そうめんなどを一貫して製造しており、製造ラインを一新することで最新技術を取り入れ、更なる味の向上へ取り組み始めました。そして、新鮮でおいしいのはもちろん、ISO9001を認証取得するなど品質の向上も目指しています。このように私たちは”プロ”として、本物の味を届けるために日々研究と改善を積み重ねています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

入社して1年目は、店舗スタッフとして豊かな感性と創意をもって弊社のおもてなし、調理の理論・技術・こだわりを学んで頂きます。その後、熱意を持って品質・味およびサービスの向上に努め、店長、店舗マネジメント、マーケティング、食品製造、商事部、本部スタッフ(人事・総務・経理)など様々なステージが待っています。100周年に向けて、これからの小嶋屋総本店を一緒に創造していきましょう!

会社データ

社長からのメッセージ 「へぎそば」とは?

実は「剥ぐ=はぐ=へぐ」のなまりで、木を剥いだ板を折敷にしたもののことであり、ざるそばやせいろ同様、「へぎ」という器に盛られたそばのことを言います。
また持論ではありますが、私どもではへぎに一口ずつ美しく盛ったそばを、“手振り・手びれ”と呼んでおり、これも織物をする時の糸を撚り紡いだ(よりつむいだ)“かせぐり”などからきた手ぐりの動作を言ったもので、全国的にも珍しい織りの目に模した並べ方も織り文化の美的感覚・感性から生まれたものと推察できます。
さらに付け加えれば、この手ぐりはフノリをつなぎに使った滑らかなそばでなければ、美しく盛り付けることが出来ません。手ぐりにしろフノリつなぎにしろ、「へぎそば」は長きに渡る織物文化とそばの食文化が融合して生まれた賜物なのです。
事業内容 ■「小嶋屋総本店(日本そば)」
■「旬彩和膳 一翔」
■へぎそば(生そば、乾麺)の製造販売、卸し
設立 1971年11月
資本金 1000万円
従業員数 300名
平均年齢 32歳
売上高 17億1267万円(2017年12月期)
16億8745万円(2016年12月期)
16億3560万円(2015年12月期)
15億7700万円(2014年12月期)
15億1000万円(2013年12月期)
14億8800万円(2012年12月期)
14億3000万円(2011年12月期)
14億7400万円(2010年12月期)
14億8200万円(2009年12月期)
14億4000万円(2008年12月期)
14億2800万円(2007年12月期)
14億2000万円(2006年 9月期)
12億6000万円(2005年 9月期)
代表者 代表取締役社長 小林 重則
事業所 本社/新潟県十日町市中屋敷758-1(旧川西町)
店舗/
■「小嶋屋総本店」
  本店(新潟県十日町市中屋敷758-1)(旧川西町)
  亀田インター店(新潟市中央区南長潟9番12号)
  小針店(新潟市西区小針3丁目1番地1)
  県央店(新潟県燕市井土巻3丁目65番地)
  長岡喜多町店(新潟県長岡市喜多町749番地)
   松崎店(新潟市東区新松崎2丁目3番16号)
  新津店(新潟県新潟市秋葉区さつき野4丁目17-13)
  
■「旬彩和膳 一翔」
  女池インター店(新潟市中央区鳥屋野307-5)

連絡先

〒948-0135 
新潟県十日町市中屋敷758-1  TEL:025-768-3311(代)
担当:人事課 皆川     
e-mail:minagawa@kojimaya.co.jp

・小嶋屋総本店ホームページ http://www.kojimaya.co.jp
掲載開始:2018/03/01

株式会社小嶋屋総本店に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社小嶋屋総本店に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)