しずおか信用金庫
シズオカシンヨウキンコ
2019

しずおか信用金庫

平成31年7月を目処に焼津信用金庫と合併予定
業種
信用金庫・信用組合・労働金庫
本社
静岡
イベントの
ご案内

私たちはこんな事業をしています

「くらし かがやく」

静岡県中部地区エリアを事業区域とし、地域の中小企業や住民が会員となって互いに発展していくことを目的として運営されている相互扶助の金融機関で、「しずしん」の愛称で親しまれています。しずおか信用金庫が目指すのは「地域との共存共栄」。金融サービスの提供にとどまらず地域活性化・社会貢献活動にも積極的に取組んでいます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

平成31年7月を目処に焼津信用金庫と合併予定!

平成31年7月を目処にしずおか信用金庫と焼津信用金庫は合併いたします。創業以来、それぞれが地元を愛し、地域経済発展に寄与することを理念に健全経営に努めた結果、合併後預金量1兆4000億円を超える国内有数の信用金庫が誕生します。「地域」そして、「お客様」への貢献が最大の目的であることは今までと変わらず、両金庫の文化・経営基盤を融合させる事で、規模はもちろん、提供サービスの質の向上においても、更なる高みを目指してまいります。

魅力的な人材

一人ひとりの能力を引き出し育成するキャリアアッププログラム

金融のプロとして信頼できる基礎知識や技能をバランスよく身に付けるため、個々のキャリアプランに沿った教育・研修プログラムを展開しています。新人からベテランまで、個々に目指す専門分野の関連知識や資格取得に向けたサポート体制も万全。自己啓発にむけての支援も手厚く、新入職員の研修に始まり、年代を問わず研修やセミナーを開催しています。入庫から退職まで「人を育てること」に全力を注いでいます。

社風・風土

地域・社会への貢献活動

しずおか信用金庫では金融商品の提供にとどまらず、文化・福祉・地域振興も視野にいれ、広く地域社会の活性化につながる面的再生に積極的に取組んでいます。次世代を担う若い世代への教育(金融教育)、子供たちの育成と地場産業の活性化(しずおか夢デザインコンテストの開催・しずおか特産品解体新書の発行、寄贈)、環境への取組み(谷津山再生活動の実施)、地域に向けた情報発信(しずしんギャラリーゆめ空間・子供映画会)など地域とのふれあいや関わりあいの中から、人と人、心と心に響きあう活動を通じて信頼の絆を深めてきました。いつもお客様の一番身近な金融機関であるためにしずおか信用金庫は地域社会と共に歩んでいます。

会社データ

事業内容 預金、融資、内国為替、外国為替などの一般業務のほか、国債・投資信託・損害保険・生命保険の窓口販売、日本銀行・信金中央金庫・日本政策金融公庫・住宅金融支援機構など政府・公共団体の代理業務、株式払い込み、ディーリング業務、年金・公共料金などの自動振替、カード業務、貸金庫など。
設立 1931年(昭和6年)1月17日
出資金 21億44百万円(平成29年3月末時点)
従業員数 634名(平成29年3月末時点)
預金高 8,459億33百万円(平成29年3月末時点)
代表者 理事長 田形 和幸
事業所 静岡市、富士市、藤枝市、焼津市に41店舗
他に本部、事務センター
イベントの
ご案内
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)